通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天使と悪魔 (上) (角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

天使と悪魔 (上) (角川文庫) ペーパーバック – 2006/6/8

5つ星のうち 4.3 97件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天使と悪魔 (上) (角川文庫)
  • +
  • 天使と悪魔 (下) (角川文庫)
  • +
  • 天使と悪魔 (中) (角川文庫)
総額: ¥2,019
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「ダ・ヴィンチ・コード」のラングドン・シリーズ第一作!
ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から連絡を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは失われた秘密結社の伝説の紋章だった−。

出版社からのコメント

商品のパッケージ変更に伴い、掲載画像とは異なったデザインの商品が届く場合がございます。あらかじめご了承ください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 331ページ
  • 出版社: 角川書店 (2006/6/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4042955010
  • ISBN-13: 978-4042955016
  • 発売日: 2006/6/8
  • 商品パッケージの寸法: 14.7 x 10.4 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 97件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,644位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
冒頭で架空の近未来技術が登場しますが、根幹はローマ・バチカンなどを舞台にした宗教・美術を交えた娯楽小説。
下手に脱線しない骨太かつ魅力的なストーリーと読みやすい翻訳による文体。
次々と起こる事件の進展で、休み所を見失うほど読書に没頭できます。
この贅沢な緩急を踏まえたストーリー展開を、映像作品に手をつける前に読んでほしい。
本と映画版を両方比較して、改めて小説版の方が重厚なストーリーと余韻を楽しめた気がします。
普段読書をしない方も、「読書」入門としてもオススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
私は、映画館で先に映画『天使と悪魔』を観てから原作の小説の方を読みました。

先に『映画』を鑑賞してから『原作』を読んでも悪くはないと思います。
――ですが映画のほうは、取り扱っている内容のボリュームから考えてみると、短い時間の中で話が展開しているために、若干、理解しづらいところもありました。

『原作』の方は、映画版とは出てくる人物が若干違うものの、内容的には、かなり似ていると感じました。
小説の中のセリフなども、かなり似ています。
『原作』自身も、話しのテンポがとても良いため、映画を観らず、先に本を手にしても、すんなりと読めてしまうのではないかと思います。
途中で煮詰まることもない思います。
ただし上巻については、物語上、物理学を扱った内容が展開するので、文系出身の私としては少し理解するのに苦労しましたが、それでも、読み進めることができるので大丈夫です。

映画と原作……どっちがいいかと聞かれたら、個人的には『原作』をおススメしますv
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
上記作品があまりにもメジャーになりすぎてしまったので埋もれがちだが、こちらがダ・ヴィンチコードの主人公・ラングドンが活躍する第1作。
すべてはココから始まっています。
ページを開くとついつい先へ先へ・・・、気がついたら数時間たっていた。。。
などということが起こってしまうかも!
非常に面白い物語です。
個人的にはダ・ヴィンチコードよりもこちらのほうが、おススメです。
すでに、映画化も決定しているようなのでそちらにも期待したいと思います。
(現在、ラングドンシリーズの第3作目が執筆されているようなのでこちらのほうも早く読みたいですね。ダン・ブラウンさんはすばらしいエンターテイメントを書ける小説家だね。)
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おやつ VINE メンバー 投稿日 2009/7/19
形式: ペーパーバック
本書の面白さは、3点あげられます。

宗教と科学の対立がもとになっている物語であること。

ガリレオのつくった秘密組織とキリスト教の対立など、

学が無い私からすれば、どこまでが本当で、どこまでが創造なのか区別がつきません。

そして、物理のこぼれ話。

物質と反物質、セルンの加速実験から生み出された物質と反物質の話など、

著者がかなり素粒子についてよく調べているということでしょう。

反物質を集めることなんてできたら、本当に大爆発が起きるのでしょうか。

そして、スピード感。

謎の組織の動きと、主人公の動きが細かく章分けされ、同時に進んで行きます。

24時間以内に、任務を執行しないといけないというルールなど、

ドラマ「24」のような、ハラハラドキドキ感を演出しています。

そして、最後には逆転の逆転で犯人が決まって行きます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mat 投稿日 2009/6/7
形式: ペーパーバック
映画も観ましたが断然原作のほうが面白いです。なにより登場人物のそれぞれの関係性の対比が、この作品のタイトルや科学と宗教という相対するテーマ性にもリンクしていて唸らされます。同時代を生きたヴァチカン寵愛の芸術家ベルニーニとヴァチカンに敵視されていたガリレオの関係も一見対比してるようで面白いです。
他にも、コーラーとカメルレンゴ、ヴィットリアとラングドン、それぞれの関係性は映画では描ききれてません。
サスペンス性の高さに関しては人それぞれ意見の分かれるところでしょうが、タイムリミットに向けての謎解きのギリギリの緊張感も原作の方がありましたね。映画観た方も一読されたほうが良いかと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー