中古品
¥2
+ ¥300 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

天を見つめて地の底で 1 (ボニータコミックスα) (日本語) コミック – 2015/10/16

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
コミック (紙), 2015/10/16
¥2
¥4,831 ¥2
お届け日 (配送料: ¥300 ): 3月3日 - 5日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 : 秋田書店; 新装版 (2015/10/16)
  • 発売日 : 2015/10/16
  • 言語 : 日本語
  • コミック : 294ページ
  • ISBN-10 : 4253263518
  • ISBN-13 : 978-4253263511
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2015年10月17日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 洋と聖の始まり
ユーザー名: ヴィオレッタ、日付: 2015年10月17日
執筆の場を少年誌から少女誌へ移した初の連載作品。1990年(平成2年)に読み切りより始まり、月刊「パンドラ」(マガジンBOX社)の休刊により秋田書店・月刊「学園ミステリー」に移籍。「学園ミステリー」休刊後、月刊「サスペリア」(秋田書店刊)にて不定期連載。掲載誌を乗り継ぎまくって、よくぞ連載が続いてくれたものだ。2000年(平成12年)に無事に連載は終了した。
隔月刊行の予定。つまり、偶数月になる。コミックス版との違い、それは話数カウントが削除されていることだ。この新装版第1巻の表紙はコミックス第4巻の表紙であり、内容はコミックス第2巻の3つ目のエピソードまでが収録されている。コミックスは全18巻だったが、新装版では何巻になるのか気になる。

表紙
→ コミックス第4巻の表紙 / 同巻収録の「最後の審判 後編」の扉絵
裏表紙
→ イメージ・アルバムCD「[[ASIN:B00005MYGG 天を見つめて地の底で]]」(1992年11月20日発売 / ポニーキャニオン)のジャケット

〈コミックス第1巻〉
* 天の扉と地の扉
* 哀しみの復讐(リベンジ)
* 石碑
* 再会
* 聖・もう一つの顔
* 天使の悲劇
〈コミックス第2巻〉
* 死化粧
* 天使の衣装(ローブ)
* 13という名の館
あとがき

堕天使セイ。元々はカタカナ表記で元天使だから名字なんてものはなかったが、コミックス第6巻に収録された「天と地のはざま」でおちぶれたとはいえ華族の家系だった男爵・本條信篤に日本語名「本條聖」を命名された聖だったが、ついでに財産まで貰ってしまったため、男爵の家族には凄まじく憎まれている。当然だ。家族にとって、聖は20歳前後の青年男爵を誑かし財産を奪った悪党でしかないのだ。読み切りの第1話「天の扉と地の扉」で初登場の聖が女装しているのは何故か? 月刊「パンドラ」の担当が「女の子を出さなきゃ駄目!」と駄々をこねたので、仕方なく聖にセーラー服等の女子生徒の制服で女装させたそうだ。当時は恐ろしいほどに絵が下手で、聖も洋も美形とは程遠く何処の力士だと言いたくなる身体だった。

【本條聖(セイ)】
洋と最初に会ったのが10月14日。身長:171cm、体重:49kg(天使なので見かけと体重は無関係)、血液型:不明。
陽に透けて金色に見えるブラウンの髪と同様の透き通ったブラウンの瞳を装っているが、本来は金髪碧眼である。天使の白い翼とサタンにより魔の心と共に植え付けられた悪魔の角を有する。魔の力を揮う時、青白い炎を纏ったと見紛うオーラを燃え立たせ、青く爛々と光る眼、血のように赤い唇という比類なき魔性の化身となり、この時ばかりは天使だと思う者はいない。角を見られただけで化け物呼ばわりされ、親しく接していても遠ざかってゆくのが常である。食事を必要としない。

遥か古の時代、親友の天使ルシフェルに騙されて神に反旗を翻し、天界から追放され堕天使となった。魔王となったルシフェルと袂を分かち、天界恋しさに天の扉が開く時を待ち続けて地上を彷徨う。男でも女でも無く、善でも悪でも無く、そのどちらでもある。元々の天使としての特性か堕天使となった所為かは不明だが、行く先々で出会う人々の愛憎及びそれに類する感情や敵愾心を掻き立て、自身を巡る争奪戦を引き起こしてしまい、また大切なモノを踏み躙った者に対する残虐な仕打ちや復讐心が原因で心から守りたいと思う人間を死に追いやる結果を招いてしまう。そんな過去に囚われて後ろ向き。どう騙されたら反逆をしでかすのか? きっとサタン同様に傲慢ゆえに裏切り、気が遠くなるような永い時の流れの中で忘れてゆきサタンの所為で天界を追われたと無意識が捏造したに違いない。

【麻宮洋】
生年月日:19××年11月17日。身長:171cm、体重:65kg、血液型:A型。好きな色:青、出生地:東京。幼稚園の組:もも組。
聖の唯一無二の伴侶。臨死体験有り。コミックス第4巻の「最後の審判」で魔物が暴れた所為で倒壊した建物の下敷きになって絶命したが、許されて開いた天の扉と引き換えにした聖により再生された。元々は1回きりで終わるキャラの予定で、第1話のみで消え去る筈だった。聖と身も心も結ばれるのも想定外だったという。
私立青嵐高等学校の2年。女子生徒として転入してきた聖を愛し、行動を共にするようになる。聖が天使でもあり悪魔でもある堕天使だと知っても変わらなかった唯一無二の存在ゆえに、聖が愛した人間の中でも特別な存在。永遠の命の堕天使と有限の短い寿命の人間、それゆえに傷病やサタンによる殺傷に見舞われなくても寿命により死別を繰り返す聖が生死の理を曲げてまで復活を望み、老衰による大往生を無事に迎えても転生した洋を見つけ出すと決意することになるほどに愛されている。
多少の年齢の幅はあるものの女性にもてるのだが、聖しか眼中にないのでフリまくる。生来の霊能力により遭遇する心霊現象は数え切れないが、死霊と生きている人間の区別がつかなくて周囲には何も無い虚空で一人芝居をしているように見える奇行でも有名だった。幼稚園時代からの幼馴染の親友である伊藤の名前を女みたいだとバカにする「さくら組」の園児達と喧嘩し、彼のために名字で呼ぶようになった。両親は殆ど登場せず顔をボカした描写の母親が伊藤と会話したのみで、他には1歳年下の父方の従妹・麻宮理加がいる。

【伊藤正美】
生年月日:19××年8月21日。身長:174cm、体重:65kg、血液型:AB型。
洋の幼馴染。顔にソバカスがある。まりことは聖&洋の真に理解する者同士。連載初期、ただソバカスがあるだけのクラスメイトでしかなかった。幼馴染でも親友でもなかったが、そういう存在が必要だろうと新たに設定が加えられた。高校卒業後、宗教学者・入江高一郎の助手になる。

【早乙女まりこ】
生年月日:19××年2月11日。身長:163cm、体重:45kg、血液型:O型。好きな色:淡いピンク。
聖(セント)マリア女学院の高等部2年だったが、最終的に幼・小・中・高・大とエスカレーター式の同校の大学部に進級した。洋とは同い年である。出会った当初、聖に守られていることを知らない洋に憤慨するが、実際は彼は知らないフリをしているだけだと知らなかった。聖に恋しながらも悪魔の角に恐怖を抱き怯んでしまったが、2人の友人として接するようになり最大の理解者になり、聖と洋に「僕達の永遠の少女」と呼ばれる存在になる。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告