通常配送無料 詳細
通常9~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫) 文庫 – 1999/6

5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 761
¥ 761 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)
  • +
  • 天の瞳 少年編〈2〉 (角川文庫)
総額: ¥1,440
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

主人公、小瀬倫太郎を通して、生きることの意味と学ぶことのすばらしさを問う。保育園や家庭での倫太郎の姿、学校での出会いで学ぶこと、問題に立ち向う姿など、灰谷文学の集大成とも言える感動の大河小説。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

年少組なのに年長組の子を泣かせたり、突拍子もないいたずらを考えついたりと、いつも保育園の先生を手こずらせてばかりの倫太郎。大人たちからはとんでもない悪ガキだと思われることが多いが、実は鋭い感受性とさりげないやさしさをあわせもった個性的な子だ。倫太郎はどのように成長していくのか、そして周りの大人たちは倫太郎をどう見守っていくのか。灰谷健次郎が満を持して贈るライフワーク集体成、遂に待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 381ページ
  • 出版社: 角川書店 (1999/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043520204
  • ISBN-13: 978-4043520206
  • 発売日: 1999/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,119位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 添う仕事をしているという言葉に衝撃をうけました。私は保育園の仕事を子供に教えることと考えていました。この言葉の違いは大きいです。この本を読んで子供に接する気持ちが変わりました。また、じいちゃんの人生経験からでる、真心がある嘘のない言葉がとてもいいです。大人になった人たちにぜひ読んでもらいたいです。子供のことだけでなく、仕事や人生についても教えてくれています。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
母親の芽衣、父親の宗次郎、じいちゃん、あんちゃん・・・わんぱくでこうと思ったら絶対まげない倫太郎をとりまく大人達の理解ととまどいは、子育て中の自分の姿と重なった。自分の子育てをあらためて振り返り、あらたな気持ちで子供をみてみよう。もっと、子供の深いところをみてみよう!と思える話です。もっとはやくよめばよかった。今子育て中のおかあさん(特に男の子の)に是非おすすめしたいお話です。特にじいちゃんの言葉は深い。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公倫太郎は特異なようで決してそうでないと気づくはず。
誰もが皆、倫太郎と同じものを有している。
自分の中の倫太郎と彼の周囲の人々のように倫太郎に理解を示し、伸ばしていく姿は、ひとりの生きる人間として大いに参考になると思えます。
彼と彼の周囲の人々は自分を見つめなおす絶好の機会を与えてくれます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
関西弁な会話を目で追うだけでも、楽しい。セリフが多いし、すぐに改行。

活字ぎっしりなページがなく。圧迫感はないよ。

それでいて、ほんわかと開けっぴろげなだけじゃなく。
渋いジイちゃんのセリフが物語を要所要所で締める。…けして楽しいだけじゃない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちはる VINE メンバー 投稿日 2002/11/11
形式: 文庫
 ドラマにもなったらしいし、賛否両論もあるようですが、読んだら文句なく面白かった。「こんなカッコイイ子供、いないよ~(いや確かに思いっきり問題児なんですけど)」と突っ込みつつ、幼稚園児の息子を横目に「まだ間に合うかな?」なんて欲を出したりして。見方によっては結構います、カッコイイ子供予備軍。問題は、大人がどれだけの度量で、思い通りにならない子供達(当たり前のことなんですが)を受け止められるかだよなあ、と思います。子供と関わる人は必読。自らの姿勢を問われている気がします。読後感は爽快。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私が小学生の頃、母親の影響で本棚に置いてあった「兎の眼」を読んで、灰谷健次郎を好きになった。
そして「天の瞳 幼年編」を読んで、灰谷 健次郎をもっと好きになった。
子供を持ったら倫太郎の両親のようにのびのびと育てたいと思いました。1人でも多くの方にぜひ読んでもらいたい作品。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 koyo 投稿日 2003/10/5
形式: 文庫
姉から進められて読み始めたのですが,このシリーズにはまってしまいました。倫太郎と倫太郎を取り巻く人々の成長,倫太郎を育てていく周りの人々…。倫太郎のような子供が,倫太郎の周りにいるような人達が今の社会にいて欲しいと本気で思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック