Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 712
(税込)
ポイント : 6pt (0%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[武田 邦彦]の大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~ (光文社新書)
Kindle App Ad

大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 712
新書
"もう一度試してください。"
¥ 16,287 ¥ 334

商品の説明

内容紹介

大麻は痲薬ではない。法律が犯罪を生みだす――。『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』『偽善エコロジー』の著者が、科学的知識と歴史的事実をもとに、常識のウソを暴く!

内容(「BOOK」データベースより)

大麻取締法遺反で逮捕された芸能人や文化人、スポーツ選手、大学生などを、テレビや新聞を中心としたマスメディアが袋だたきにする―同じような構図が、日々繰り返される。しかし多くの日本人には、大麻がどういうものか、大麻取締法がどういう経緯で成立したか、そもそも痲薬とは何かという知識が決定的に欠けている。にもかかわらず、なぜ大麻というだけで思考停止状態に陥り、批判の大合唱になるのだろうか?日本人が日本人であるために、そして自らの頭で、科学的に考える習慣をつけるために、さまざまな側面から大麻問題を考える。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2724 KB
  • 紙の本の長さ: 172 ページ
  • 出版社: 光文社 (2009/6/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00KS3FHES
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 5,712位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』シリーズで有名な武田さんですが、本書のテーマは大麻です。

「大麻なんていけません!」という意見も、「大麻ぐらい良いじゃん!」という意見も、正確な知識に基づいたものでなければ時間の無駄ですが、本書は大麻を主に歴史的・科学的に見ることによって大麻に関する正確な知識を私たちに提供してくれています。

サブタイトルは「思考停止になる日本人」であり、著者が『環境問題〜』シリーズや本書を通して言いたいことは、マスメディアから得る情報や偏見・先入観によって思考停止しないで欲しいということだと思います。
実際に本書を読めば、少なくとも大麻に対する偏見・先入観はなくなります。それも、とても簡単に。これ以上無いくらいわかりやすい文章です。

最終的な著者の意見に全面的に賛成するかどうかは別にして、大麻に関する知識はこれ一冊で相当頭に詰め込むことができます。
大麻反対派にも、賛成派にも、これから知りたい人にも、みーんなにオススメです。
1 コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 これまで、リサイクルや地球温暖化問題で、重要な提起をし続けて来た武田先生の今回のテーマは、「大麻」...はて?
 原子力や材料工学がご専門だった筈の先生がなんでまた? 昨今のゲーノージンの大麻騒ぎに便乗した商業本か!? ...いやいや、そうではありません。
 まず、題材そのものは、実は先生のご研究と密接に関わっている、十数年来の研究・調査結果にもとづいて著された本なのです。

 しかも、俗説や「大本営発表」を覆しつつ、単なる破壊には終わらず、科学的な方法論でもって、建設的前向きに問題解決を進めるという根本姿勢は、これまでと同じです。
 また、論旨展開も、これまでの十数冊の武田先生の本の中で、一番扇情性が薄い、といいましょうか、とにかく、読者を置いてきぼりにしないで、ゆっくり階段を一段ずつのぼっていくような感じで、読んでいてこれほどお腹にスッキリ入って来た本は、近年あまりありませんでした。
 本書を最後まで読んでもなお、大麻はマヤクだから撲滅せよ、だとか、昨今のテレビのワイドショーの傾向を苦々しく思わない人が居るとしたら、....ちょっと、そっちの方が困りものですね。

 それにしても、「大麻」について、薄い新書でこれほどの真実を明らかにできるとは! 武田先生に脱帽です。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
我が国の大麻取締法の成立の過程、その不合理性がわかる本として、もっとも詳しいものです。大麻の管理に関する法律や他の薬物の乱用防止と中毒者に対する救済・治療の法律は、必要と思われますが、本書では、大麻の医療への有効活用を促進する法律、万が一中毒者が発生した場合の救済治療の法律として、大麻取締法の目的規定を明確に改定すべきものとの方向性が見いだされます。海外の大麻関連の最新の情報については、マリファナはなぜ非合法なのか?が注目されており、大麻取締法の源泉である米国での展開を確認することができそうです。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
大麻について科学的実証されたデータなどが述べられていますが、これに関しては反対派、賛成派の水掛け論的な議論が続いています。ですから、賛成、推進派だけの意見で頭を固くしてしまうのは危険だと思いました。まだまだ反対派の意見で世の中が成り立っているところも事実なので、推進することだけを目的にしている本なら読みたくありませんでした。それでは自分も反対派の人に推進することしか出来なくなってしまうからです。
しかし、この本は、そうではなく、なぜ規制されているのか、なぜ私たちは法律で規制されているだけで、思考停止になってしまうのか。という根本的な所に対しての問いかけに重きを置いて書かれている印象を持ったので、私が読みたいと思っていたような本でした。自らの頭で物事を考えて行く習慣を付ける為に、参考にし、聞きたいのは、冷静で中立的な立場で物を述べている意見です。自分の意見を押し付ける訳でもなく、そうなのではないだろうか?という問いかけをするこの本はそれに当てはまるでしょう。
そしてこの著者がこの本で問いかけをする根底には、日本という国や、日本人に対する愛情、人間への愛情があり、そこから始まっているという印象を受けました。こうだと決めつける圧迫感のあるような意見の場合、それに流されず、その意見の根底に流れるものはなんなのか(恐怖心からか?怒りからなのか?)その奥に在るものを見極める
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover