通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大阪維新 角川SSC新書 橋下改革が日本を変え... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますので多少のスレ・傷・日焼け・汚れ・年経による傷み等はございます。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。特典は原則付属していません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大阪維新 角川SSC新書 橋下改革が日本を変える (角川SSC新書) 新書 – 2010/9/10

5つ星のうち 3.4 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大阪維新  角川SSC新書  橋下改革が日本を変える (角川SSC新書)
  • +
  • 体制維新――大阪都 (文春新書)
  • +
  • 図解 大阪維新とは何か
総額: ¥2,788
ポイントの合計: 64pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今年のジャニーズカレンダー
Hey! Say! JUMPのカレンダーなどジャニーズ関連書籍を >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「これは平成の倒幕運動である!」。橋下徹知事のブレーンとして大阪府改革を推し進めている大阪府特別顧問の著者が、なぜ「大阪維新」が日本を救うのか。橋下知事が見据える“中央集権打破”の戦略を大胆に語る。

内容(「BOOK」データベースより)

大阪が今、熱い。日本第2の大都市・大阪が、橋下徹知事のもとで大きく変わりつつある。知事が提唱する「大阪維新」は、都市・大阪が国への依存から脱して地域として自立しよう、そしてニッポンの再生をリードしようという運動だ。著者は橋下知事のブレーン。「構想日本」と「脱藩官僚の会」の立ち上げ、大阪市役所の改革を主導してきた“改革屋”である。今の日本には国鉄改革と同じスケールの“地域分割”と“民営化”が必須だという。なぜ、橋下改革が日本を変えるのか。その作戦と展望を語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 203ページ
  • 出版社: 角川SSコミュニケーションズ (2010/9/10)
  • ISBN-10: 4047315311
  • ISBN-13: 978-4047315310
  • 発売日: 2010/9/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 433,192位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/11/29
形式: 新書
 本書は、橋下大阪府知事のブレーンである上山信一氏が書いた本です。
・ 前半部分は、(記述そのものは興味深いものの)あまり大阪のことには関係のない日本の社会・政治・行政状況に関する一般的な解説。
・ 後半は、橋下知事のこれまでの行動・業績を簡単に振り返った記述。

 私は、「大阪都構想」についてもっと深く知りたいと思って本書を手にとりました。
 「大阪都構想」は、橋下知事が代表を務める「大阪維新の会」の一枚看板であり、大阪の枠組みをどうするかというとても重大なテーマ。それにもかかわらず、イメージばかりが先行し議論が深まっていないと感じるからです。
 しかし、本書の「大阪都構想」に関する記述はごくわずかです。いま最もホットなテーマが具体的に書かれていないことに、私は少しがっかりしました。

 本書は、よくいえば「さまざまな事項がバランスよく書かれている」と言えるし、悪く言えば「これまでの新聞記事を簡単にまとめただけ」という感じもします。しかも、橋下知事の人物・業績が手放しで礼賛されている書きぶりは、人によって好悪が分かれると思います。
 「物足りない」としか言いようのない本ですが、「橋下政治を簡単に振り返ってみたい」という人には一定の意義がある本かも知れません。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
橋下大阪維新に関連して名前が出ることの多い上山氏の本。
ところが、上山氏が大阪市政に関与しはじめたのは、前々市長の関さんの時代からで、助役に抜擢されていた大平光代弁護士(極道の情婦から弁護士になったあの)に2006年に招聘されてからのことだという。時代は前年2005年に小泉郵政民営化総選挙があった、ネオリベラリズム真っ盛りの頃である。とういわけで、元外資系経営コンサルタントの上山さんも、国鉄改革は成功だった、小泉構造改革は正しかったという単純なネオリベラリズム礼賛派である。小泉政権は単なる売国政権であり、格差社会の元凶となった、失策だったという今日の視点からすると、かなりずれている。

本書の内容としては、前半が国政の現状分析と対処、後半が同様に大阪のそれである。
国政の現状分析、つまり既成政党は機能不全を起こしている、システムそのものが問題であり、これを変えていかなければならない、国政自身には変える能力がないので、地方から変えていかねばならない、は万人の賛同を得るだろう。しかしそれがなぜ売国ネオリベラリズムの再演に結びつくのかさっぱり分からない。そういう意味で5年前に出されるべき本が、橋下人気に便乗して、今出てきただけという感じもする。

大阪の分析については、かつて市政に係った者のそれとして説得力があるが、改善案として
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
まずは、内容はどうあれ、大阪そして日本の明日の為にこのような議論がなされることは大変良いことではないか。
大阪は日本の問題点を集めた縮図のような場所であり、大阪で起こる問題は、その後、東京やその他地方でも起こりかねない。
そういう意味でも大阪人以外の方も今後の大阪のあり方を注視すべきである。
本書で特に読むべき場所とは6章7章だ。時間がなくても、ここだけでも読みたいところである。
個人的には本書にある戦略は納得出来るものだ。次は戦術に落とし込み、そして実行せねばならないが、その為には民意を得る必要有る。
リーダーシップのある政治家がグイグイ政策を進めるのも、この重たい大阪には必要かもしれないが、真の成功と持続した発展の為には
多くの方が議論に参加しその内容を深め、理解と共感を広めることが望ましい。
1 コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日本の改革を中央から行うのは不可能。自民党でも駄目
民主党でも駄目、この16年間の歴史を見れば明らかとしています。
そこで地方から改革を進めなければならない。

次いで大阪の問題点を取り上げています。大阪府の中で大阪市の
占める割合が大きい。GDPの6割を占め人口の3割が大阪市で
予算も半分を占めます。それなのに大阪市は市内の目先の問題に
対応することに終始し大阪全体のあり方から考える視点に
欠けている。

大阪府と大阪市を再編するOne大阪の戦略を3つ上げております。
1.グローバル化対応。(国際空港の充実や研究機能の充実)
2.知的ワーカーの業務環境作り。(交通網の正常化や職住近接型の拠点整備)
3.医療、教育、福祉などのサービス産業の育成。(老人用住宅や老人ホームの充実、託児所の建設)

道州制を採用して一国多制度の導入を提案しています。各省庁の動きを官邸がうまく束ね
国家として一貫した外交や軍事、金融・財政赤字の問題を処理していく。一方で、産業支援や行政サービスは
各地域に任せ集権化と分散化の両方を行う。

大阪維新をEU統合になぞらえており、危機に直面した都市経営の現場、草の根から湧き
...続きを読む ›
2 コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック