大阪ハムレット デラックス版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

大阪ハムレット デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 3,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,935 (39%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【※商品説明文を必ずお読みください※】お宝SHOPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,850より 中古品の出品:9¥ 700より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 松坂慶子, 岸部一徳, 森田直幸, 久野雅弘, 大塚智哉
  • 監督: 光石富士朗
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2009/07/24
  • 時間: 107 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002AEG26K
  • JAN: 4988102694937
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 94,689位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

生きるべきか死ぬべきかって、生きとったらそれでええやん。

悩んで笑って、すべてをありのまま受け入れる。―幸せって、ごっつシンプルでナイスやで!
森下裕美(『少年アシベ』)の傑作コミック、待望の映画化!
実力派キャストで贈る、不器用でも生きることに一生懸命な人々を描いた心温まる感動作。

【本篇ディスク特典】
●メイキング
●公開初日舞台挨拶(東京)
●トークショー(加藤夏希&久野雅弘)
●東京国際映画祭(グリーンカーペット&監督ティーチ・イン)
●予告編&30秒スポット

【スタッフ】
原作:森下裕美 監督:光石富士朗 主題歌:倉木麻衣「会いたくて...」
製作:松下順一 企画:加藤東司 脚本:伊藤秀裕、江良至 撮影:猪本雅三

【キャスト】
松坂慶子/岸部一徳/森田直幸/久野雅弘/大塚智哉/加藤夏希/白川和子/本上まなみ/間 寛平

【ストーリー】
シェイクスピアの“ハムレット”のような複雑な家庭環境に加えて、兄弟は深刻な悩みを抱えている。中3の長男は、恋する年上のファザコン女性に「私のお父ちゃんになってほしい」と言われ困惑する。ヤンキーの次男は、自分が例えられた“ハムレット”が近所のペットでないことが解決したものの、ふと自分の顔がお父ちゃんに似てないことに気づき、家族と人生について悩みだす。小学生の三男は、将来の夢を聞かれ、「女の子になりたい」と大宣言…。

【劇場公開情報】
2009年1月17日よりシネスイッチ銀座ほか全国館公開

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「少年アシベ」の森下裕美原作、大阪を舞台にありのままを受け入れ明るく生きていく家族を描いた人間賛歌。父親が亡くなり、何故が父の弟である叔父さんが同居を始めた久保家。その出来事をすんなりと受け入れる母親に戸惑いを隠せない子供たちだが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 米橋清治 トップ500レビュアー 投稿日 2013/11/23
大阪の下町を舞台に繰り広げられる「家族劇」であるが、そこで描かれているのは、ステレオタイプの「家庭生活」のようなものではない。

ハムレットの原作について私は講釈を述べる資格はないが、かの有名な「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」という言葉も、本作にかかれば、「生きていればそれでええねん」となる。

家族=親子関係を軸に、血のつながった者及びその配偶者とその関係者によって構成されるもの

などという定義をもしするならば、本作の人間関係はそれとはいささか異質ではある。
しかし、そこに集う人たちの絆というのは、先の「定義」のようなものを軸にした、クソの役にも立たない安っぽげな家庭論や家族ごっこのようなものなどの追随を許さない。
まさに本作は、そういう絆を扱っている。

確かに、人とのつながり一つ一つ、あるいはそのまとまりについては、事実関係を踏まえ、それに応じた対応をしていかなければいけないのだが、それさえできていれば、あとは、能書きなどどうでもよいのである。
目の前の人とのつながりを大事にしていくことこそが、大事なのである。
そして、事実を受け入れたうえで、それをいかに浴していくか、そういうことを考えて生きていきさえすればいいだけのことである。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
さんまは美味しい

そのさんま好きの中には
「わた」がたまらなく好きって人と
そうでない人がいる

「わた」が好きな人もさんま好き
「わた」が嫌いな人もさんま好き

どっちもさんまが好きなのであるが、
「わた」が食べられない人もいる

映画、大阪ハムレットはつまり
「わた」抜きのさんまだ

原作は「わた」込みのさんま

ということで、大阪ハムレット

原作を読んでいたのでいつか観よう、と思っていた

単純に、短編集であるこの漫画原作をどうやって映画にしているのか興味があったし
原作の大阪ハムレットという漫画が好きなので
機会があったら観たいなあ…と思って

やっとみた
タイミングですね

内容は大阪という街に住む人々の
毎日の暮らしの中にある苦悩や
大切にしたいこと
人との関わり
そういうものが描かれてます

映画を観た印象はわた抜きのさんまです
これは決して悪い意味じゃない

この原作はかなり深い闇があって、
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちゃんどの トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/5/20
傑作とおもいます。みると何だか元気がわいてくる。大阪の下町、一つ屋根の下。人生の珍事が次々おこるなか家族が精一杯に明るく生きてゆく姿。笑いも涙も詰め込んだ家族模様の明るい魅力でいっぱい。

昼は病院、夜はスナックで働く肝っ玉母ちゃん。年を告げず女子大生と付き合い出す中3の長男。ケンカにあけくれる中2次男。そして小4三男は夢は女の子になることと宣言、学芸会でシンデレラを演じることに。各自が相当キビシイ環境だが。。。

3兄弟はじめ、登場人物は皆一生懸命!大変な中を、精一杯の自力で、なんとか運命をきりひらいてゆく。とくに女の子になりたい三男をみんなが応援!それがこの家族の大らかさだし、人と違う生きかたは大変だが、誰でも自分らしくあることが大切なんだよな〜と気付かされる。

大ベテラン松坂さん、岸辺さんはもちろん、こどもたち、特に三男役で映画初出演の大塚智哉くんの好演がきらきらとまばゆい。画面全体からこの家族のいきいきとした、明るい生命力がみてるほうにも伝わってきて、家族とか人の温もりってやっぱりありがたいんだよな〜と実感。そして映画ってホントお金のかけぐあいではないんだな〜とまた実感。ラストまで観おえるとなんだかモリモリとエネルギーもらったみたいで、またがんばる気力がわいてきた!日本の家族風景とか、日本人の人情味や生命力に溢れた、とても心地よい味付けの日本映画の快作!なんとも心豊かな気分になれました。文句なしの星5つです!!!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
題名にあるハムレットはもちろん万人の知る「生きるべきか、死ぬべきか」の葛藤をストーリーに投射するための借題。大人びて見える長男、バンカラを決め込む次男、なぜか女の子になりたい三男、それぞれが生きていく上でぶつかった悩み、葛藤を飄々と描いた作品。三人の息子を見守る母親の懐の広さと転がり込んだおじさんとののほほんとした生き様が醸し出す不思議な空気をとくと味わいたい。コミック作品の映画化だけに登場人物の現実感が薄くなりがちなのだが、あるときは弁天様、またあるときは肝っ玉母さんでもある母親像を見事に演じた松坂慶子の存在感が物語全体を締めたのは立派。映画は3人の息子を中心に新たな家族としてスタートしようとする母親とおじさん、5人の人生をパラレルに描いていく。第三者から見れば他愛ない事件もひとつの人生、ひとつの時間軸にしか生きられない当事者にとっては生き死にと変わらぬぐらい切迫した問題であるということに気づくだけでもこの映画を見た価値があるだろう。さらには家族それぞれが逃げることなく葛藤を乗り越えていく様が我々のヒューマニズムの根っこの部分をくすぐる。登場人物みんなにいつのまにか声援を送ってしまう面白い映画だ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す