この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

大酔侠 [DVD]

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: チェン・ペイペイ, ユエ・ホア
  • 監督: キン・フー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 北京語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2004/08/04
  • 時間: 91 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001FM138
  • JAN: 4988003960582
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 164,150位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

 「香港のクロサワ」ことアジアの巨匠キン・フーの第2作にして、武侠アクション映画のルーツとて映画史に残る傑作。総督の息子が山中で盗賊一味に誘拐された。その妹で、金燕子と呼ばれる女剣士が男装して兄の救出に向かう。宿屋の闘いで危機に陥ったところを救ってくれたのは酔いどれ乞食の酔猫。彼こそは伝説的な武芸の達人だった…。
   2000年のオスカー受賞作『グリーン・デスティニー』にも多大な影響をあたえた陶酔的なまでのアクション演出。キリリとした美しさでヒロインを演じたチェン・ペイペイは、当時20歳の新人。この一作で「武侠影后」と呼ばれ、のちに『七小福』『グリーン・デスティニ―』にも客演した。撮影は『ドラゴンへの道』などの名手、西本正(賀蘭山)。舞踏を思わせる武術指導は京劇出身でやはりリー映画でおなじみのハン・インチェが担当。当時12歳のジャッキー・チェンをはじめ、マース、ウー・ミンツァイ、チン・シウトンらが子役で出ている点でもマニア泣かせの逸品。(望月美寿)

内容(「Oricon」データベースより)

兄をさらった山賊たちに戦いを挑む女剣士の活躍を描いたアクション映画。出演はチェン・ペイペイ、ユエ・ホアほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 香港映画の名監督キン・フーの初期代表作。同監督が後に撮った傑作「龍門客桟」や「迎春閣之風波」の姉妹編(原型)と呼ぶべき作品です。監督2作目にして初めてのアクション映画でありながら、すでに同監督の魅力が完成された形で見られます。宿屋などの広い屋内空間で、主人公と大勢の敵がにらみ合う、という監督お得意のシチュエーションでは、構図を含めた演出の冴えが素晴らしい。また、屋外での多人数による乱闘というお約束のクライマックスも、後年の作品のようにやや単調に陥るといったことがなく、本作の方が優れていると思いました。
 ヒロインのチェン・ペイペイの颯爽たる体の動きも素晴らしいですが、これも監督の指導、演出の賜物でしょう。クライマックスの乱闘シーン、激しい剣戟のさなかに空いた一瞬の間に、彼女が、破れて下がった笠の切れ端をむしりとる、という短いショットがあるのですが、その呼吸の鮮やかさ!見ていて鳥肌が立ちました。アクションが生きるも死ぬも、監督がこうした「間」を演出できるかどうかで決まります。このショットはキン・フー監督の才能の証だと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
90分間程度と決して長くは無い映画ですが、この間に、それぞれキャラクター分けされた多くの悪党達、人質交換、師匠を殺した兄弟子との確執、酔払いが実はその名を天下に知られた功夫の達人であることが明らかになる瞬間、人知を超えたムチャクチャな功夫達人同士の血みどろの対決、舞踏のようなそして2刀流で短剣をあやつるチェン・ペイペイのアクション・シーンなどなど映画の面白さが詰まっています。
個人的に、忘れ難いのはチェン・ペイペイが肩の下に刺さった毒矢の毒を、ユエ・ホアから口で吸われる時のその顔はセックスそのものの顔をしていて官能の極みです。
ちなみに、主人公の役名は金燕子(Golden Swallow/金のツバメ)、映画のタイトルは大酔侠(Come drink with me/一緒に飲もう!)と、なんかとってもかっこいいです。
香港版の特典映像として、出演者にインタビューをしていましたが、その中のコメントから幾つか。
チェン・ペイペイ
それなりのお年をとられている筈ですが、映画の中とは違い、可愛らしい笑顔で(と言ったら失礼でしょうか?)、非常にお若い感じでした。
娘さんも登場されていましたが、目元が瓜二つでした。
-この映画を撮ったときは18か19だった。
-この映画は私のFavoriteである。
-前半の
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告