通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大都市自治を問う 大阪・橋下市政の検証 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 苦楽堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、商品不備の場合返金対応。アマゾンから迅速発送◆【帯付】若干使用感ありますが、目立った汚れ、痛みは無く概ね綺麗な状態です。丁寧な検品を心がけております。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大都市自治を問う 大阪・橋下市政の検証 単行本(ソフトカバー) – 2015/10/28

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/10/28
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,510

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大都市自治を問う 大阪・橋下市政の検証
  • +
  • ブラック・デモクラシー 民主主義の罠 (犀の教室)
  • +
  • デモクラシーの毒
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 170pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

地方都市は、東京一極集中に対抗する自治の術をいかに持てるのか?
「改革」を掲げる橋下市政、その改革至上主義による大都市大阪の変貌を丁寧に追い、顧みられなかった改革の中身、政策の実体と問題点を、教育・医療・福祉・財政・防災等、研究者たちが徹底分析。改革至上主義の限界と地方自治の展望を、総合的に検証した。
はじめに
序 大都市自治の「光」と「影」
第1部 大都市が陥る改革至上主義
第1章 「改革」全体主義の構造
第2章 大阪市住民投票という「テロル」を検証する
第3章 都市居住者と社会的統合 ─地域住民か匿名の大衆か
第4章 大都市自治における「言論弾圧」
第5章 「大阪都=大阪市廃止分割」構想の実体と論争
第6章 維新の党 ─右派ポピュリズムはリベラルを超えるか
第2部 橋下市政は大阪をどう変えたか
第7章 教育再建に向けて ─ 7年余の破壊から立ち上がる人々を支えたい
第8章 医療・福祉の全般的削減
第9章 公務員と労組への攻撃
第10章 財政 ─市政改革プランと財政効果の実際
第11章 産業政策における「改革」の実態
第12章 溶解する都市計画
第13章 防災─南海トラフ地震・津波への備えを急げ
第3部 大都市自治の未来
第14章 大都市自治の「改革」全体主義に対抗する三つの処方箋─自由、マネジメント、そしてプロジェクト
第15章 大阪市における都市内自治
第16章 脱東京の都市政策に向けて─大阪の魅力と展望
おわりに

出版社からのコメント

橋下市政による大阪の変貌、改革の実体を、教育・医療・福祉・財政と多角的に分析。
改革至上主義の限界と地方自治の展望を描く。
2015年11月22日投票の大阪知事選、大阪市長選に必読の一冊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 220ページ
  • 出版社: 学芸出版社; 第1版 (2015/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4761526106
  • ISBN-13: 978-4761526108
  • 発売日: 2015/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 500,484位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 この本を読むと、橋下氏の「大阪都構想」が、その本質は大阪市を廃止・解体するだけの前進のない単なるキャッチフレーズだったことがよくわかる。政治の世界における自らの野心実現のために、若年単身者層を意識した「改革者」のイメージを打ち出す道具として使ったのだろうが、大して練られてもいないこの思いつきによって、その後何年にもわたり教育や地方自治の現場が混乱し破壊されてきた事実に愕然とした。
 関東圏のサラリーマンの多くは東京23区は知っていても、大阪市に24区があることは知らない。TVやマスコミによって創り上げられた橋下氏のイメージに踊らされて、この型破りのポピュリストに淡い期待感を抱くことの怖ろしさを改めて実感させられた。
 「政治批判」の意識が強過ぎるとの読者の声も出るかもしれないが、こうした現実の政治そのものを行政学の対象とし、事実を綿密に分析・検証する「実証的」批判によってこそ物事の真理は見え、社会に警鐘を鳴らしてくれる。マスコミがその役割を果たせない中、この本の著者達のような良識ある学者が、その役割を果たしてくれることに国民の一人として安堵を覚える。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
徹底的に橋下徹大阪市長の政治姿勢を客観的に分析し、その現状を露呈させた名著です。
この一冊を読めば、橋下徹の嘘はすべて論破できます。
よってこの本を否定する側は、この本の製作者の対する個人的レッテル張りをしてこの本に目がいかないようにする
ラベリング戦略をしてくることでしょう。
それ以外に対処方法がないほどこの本は完璧です。
ですが、一般性や娯楽性を排除し徹底的に学術的分析がなされた書籍だけに一般人が読んで面白みがあるかといえば、
そういう本ではありません。よって、心ある政治家、言論人、著述家、作家なこの本を参照し、より噛み砕いて橋下大阪市政における
欺瞞性を庶民に啓蒙する必要性があるでしょう。
この著書においてもっとも注目すべきは、4章の言論弾圧についてです。
これは明らかな公権力による市民への言論弾圧であるにも関わらず、報道はまったく沈黙しています。
それは、テレビ朝日が少数の橋下シンパに脅されただけで藤井聡氏をテレビ局から排除し、怯えて沈黙し、
他の報道機関も火の粉をかぶるこを恐れて沈黙していることからも明らかです。
百田尚樹のような立場の弱い個人がマスコミ批判をすると、言論弾圧だといって徹底的に集団で袋叩きにし、
政治家も調子にのって叩いてつるし
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 本書は、都市計画、社会学、政治学、教育、地域経営等9名の専門家がそれぞれの分野から、橋下氏が、「進めた政策は成果を生んだか、不正解か」、「大阪の課題に対して有効な政策を打ったか」及び「政治的にはどのような戦術や構造が見られるのか」等を中心に、詳しく記録し、事実を基に検証しているもので、一般の読者にも分かりやすい表現と内容になっている。
 
 橋下氏のやり方は、基本的には沈滞する関西経済の状況下で、大阪人がもつ東京への対抗心を不必要に増幅し、大衆無関心層に詳細で重要な事実を知らしめることを回避して、拙速な施策を、必要な合意形成も不十分なまま、急激に進めようとしていることが分かる。
 そのため、その手法の中心となったのは、まさにタレント弁護士として知名度を利用した橋下氏が行った、「おもろい男」、「何かやってくれそう」との一般大衆の大衆扇動と迎合政治であろう。

 しれ以外にも、本書には福祉・教育を大幅に削減する一方で大規模カジノを構想するなど橋下氏や市政の不適切な施策、姿勢が多々示されているが、中でも一番驚くのは、自らの批判者に対する激しい攻撃態様である(4章等)。 就中、職員からの批判を抑え込むための公務員と労組への攻撃は、法を熟知する弁護士としての橋下氏の乱暴な行為にただ驚くばかりである(第9章)。

 社会経
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
橋下徹氏がまるで鬼か蛇の如く怖れ、忌みきらう言論人がいる。本書の編著者のひとり、藤井聡教授である。藤井教授の言論を封殺するために、橋下維新が手段を選ばず「弾圧」に走った経緯は、本書第4章に詳しい。そして、この言論封殺の策動は大阪府知事・大阪市長ダブル選挙において、なおも繰り返されている。
橋下維新は、どうしてそこまでして藤井教授の言論を怖れるのか?その舌鋒鋭さの故か?確かにそれもあろうが、何よりも藤井教授が学者として、その良心のみに従って、事実に基づき真実を語るからに他なるまい。橋下維新は、事実と真実を徹頭徹尾怖れるからである。何故、怖れるのか?その理由は、本書全体があらゆる方面から明らかにしてくれよう。
本書は、橋下維新政治に対する政治批判の書ではない。一般読者にも読み易いようにおおいに工夫はなされているが、都市社会工学、都市計画学、政治学、行政学、社会学、財政学、教育学、防災学などの学者・研究者の手になる立派な学術書である。それぞれの著者は、学者・研究者としての良心にのみ従い、事実に基づき真実を語るのみである。
第1部では、オルテガの「大衆化」とアレントの「全体主義」という概念を駆使しながら、「改革」全体主義としての橋下維新政治がトータルに分析され、第2部では、教育、医療、公務労働、財政、産業政策、都市計画、防災といった個別問題に焦点があてられ、「
...続きを読む ›
2 コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告