大都会 -闘いの日々- BOX [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 29,800
149pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: Osaka Express Market
カートに入れる
¥ 30,980
通常配送無料 詳細
発売元: STAR-SELLER
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

大都会 -闘いの日々- BOX [DVD]

5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 31,807
価格: ¥ 24,601 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 7,206 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 24,601より 中古品の出品:6¥ 13,087より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 大都会 -闘いの日々- BOX [DVD]
  • +
  • 大都会 PARTⅡ BOX 2 [DVD]
  • +
  • 大都会 PARTⅡ BOX 1 [DVD]
総額: ¥64,970
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 石原裕次郎, 渡哲也, 仁科明子, 佐藤慶, 高品格
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 8
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2012/04/18
  • 時間: 1488 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006U7F4U8
  • EAN: 4988013079663
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 27,745位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

・石原プロモーション創立50周年記念・
名作が蘇える!
「西部警察」「大都会」「ゴリラ」・・・続々リリース!

[セールスポイント]
●石原プロモーション創立50周年を記念した一大プロジェクトがスタート!
テレビ作品では、「西部警察」「大都会」「浮浪雲」「ゴリラ」など、数々の名作を続々リリース!

全ての作品が初パッケージ、初DVD化!



■第2弾シリーズでは、「大都会」シリーズが登場!
石原プロモーション制作としては初の本格的連続テレビ作品。
豪華スタッフ、豪華キャストの共演を永久保存版DVDで!!

メインライターに倉本聰を迎え、刑事・ヤクザという個人が警察・暴力団という組織の中で生きていく悲哀と、渡が演じる主人公と仁科が演じる妹との兄妹愛を絡めて描いている。
刑事を主人公としたドラマではあるものの、むしろ個人の心情を深く掘り下げるとともに、犯罪の裏側に見え隠れする現代社会の矛盾をも指摘した"人間ドラマ"作品。

警視庁捜査四課の刑事・黒岩(渡哲也)と、東洋新聞城西署記者クラブキャップ・滝川(石原裕次郎)を中心に、彼らの姿を通して暴力団犯罪の陰に潜む非業に満ちたドラマを描写する。

主演:渡哲也の役柄は本庁から城西署捜査四課に派遣されてきた刑事・黒岩頼介。寡黙で、照れ屋だが、犯罪を憎む心は人一倍強い。両親はすでになく、妹の恵子(仁科明子)と二人暮し
をしている。

滝川と黒岩は高校の先輩後輩の間柄であり、新聞記者と刑事というお互いの立場を超えて、固い友情で結ばれている。
他の出演者に佐藤慶、高品格、中条静夫、草薙幸次郎、宍戸錠といったベテランが揃い、これがデビ
ュー作となった神田正輝が初々しい演技を見せている。
また、黒岩を愛する、過去のある女・直子に篠ヒロ子を迎えるなど、豪華なキャスティングであった。

※この作品は、映像・台詞の一部に現在では不適当と思われる表現がございますが、歴史的価値を尊重し、完成時の原版のまま収録しております。  また、映像・音声の一部にオリジナル・マスターに起因するノイズがございます。あらかじめ、ご了承をお願い致します。

[発売元]
ポニーキャニオン

製作著作:株式会社石原プロモーション

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

石原プロモーション初の本格TVドラマとして制作された名作刑事ドラマの8枚組BOX。警視庁捜査四課の刑事・黒岩と東洋新聞城西署記者クラブキャップ・滝川の姿を通して、暴力団犯罪の陰に潜む悲哀に満ちた人間模様を綴る。主演は石原裕次郎と渡哲也。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
まだ一枚目を観ただけですが、DVDにしては画質は良いと思います。
古い作品だけに不安もありましたが、ありがちな粗い粒子もなく、
クリアな画質です。音質も目立ったノイズもなく十分以上のクオリティで、
このレベルだと、BDが出ても買い換える必要はなさそうです。

大都会シリーズの第一作目ですが、後のPART2以降と比べるとかなり地味で、
子供時代はほぼスルーしていました。しかし、やがてオッサンになると、
「西部警察」よりも「特捜最前線」のほうが面白くなり、派手な銃撃戦よりも濃厚な人間ドラマを
求めるようになりました。この「大都会・闘いの日々」はまさしく濃厚な人間ドラマであり、
「特捜」とはまたテイストが違いますが、今の自分にとっては非常に馴染める作風となっています。

出演者は渡哲也、石原裕次郎の他に、中条静夫、高品格、玉川伊佐男、佐藤慶、柳生博、草薙幸二郎といった
渋い配陣で、いたずらに喋らず寡黙な大人の演技を見せてくれます。
黒岩軍団は無く、高品のオヤッサンにタメ口をきかれる黒岩刑事に違和感を覚えたのが懐かしかったです。
新聞記者役の寺尾聡と神田正輝がレギュラーだったことは、やはり当時はあまり観ていなかったので驚いています。
ちなみに
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Ken 投稿日 2016/5/1
「西部警察」のように、パトカーをやたら繰り出し、爆発炎上シーンが連続し、刑事がピストルを撃ちまくり、さらにショットガンで仕留めるなどは一切なし。
倉本聰がメインライターを務める、地味だが濃密な人間ドラマ。監督も旧日活系の小澤啓一、村川透、澤田幸弘、そして舛田利雄などが当たり、丁寧なドラマ作りをしている。
刑事・渡哲也と新聞記者・石原裕次郎。渡を弟のように見守る裕次郎。渡が妹・仁科明子を思う心。渡を囲む多彩な人物群。その関係がべとつかず、気持ちが良い。結局は、このシリーズ(『闘いの日々』)の魅力は倉本脚本のうまさだと思う。
出演俳優のみを話題にすることの多い我々だが、ライターのセンスというものも少し考えるべきではないか。このDVDを再見して、そう思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
石原プロ製作の刑事ドラマと言えばド派でなアクションを連想しがちですが、この『大都会 -闘いの日々-』はそうしたイメージとは正反対の作品と言えましょう。
『大都会大都会 -闘いの日々-』は「大都会』シリーズの第1シリーズであり、
続くアクション編の「II」「III」とは一線を画すシブめの人間ドラマです。
その完成度は高く、見る者の感情を揺さぶることでしょう。
『大都会 -闘いの日々-』の特筆すべきは、一話完結という形をとり、各話ごとに様々な事件を扱いますが、本筋は登場する刑事たちのドラマで、そのドラマは連続形式で深く丁寧に描かれて行きます。
一話完結ものとしても楽しめ、連ドラとしても見応え充分です。
この高度でエモーショナルなドラマを成し遂げたのはメインライターの倉本聰。
当時、オープニングのタイトルバックを石原裕次郎自身が監督した事も話題になりました。
石原プロの『良心』が伺える傑作シリーズです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2014/7/5
石原プロモーション初の本格的連続テレビドラマ作品。

このドラマの脚本は倉本聰が担当したことにより、刑事を
主人公とした個々の人間性を深く追求し、犯罪の動機と
なった複雑化した現代社会に潜む隙間や落とし穴から
犠牲となった人間を拾い集め、「罪を憎んで人を憎まず」
という崇高な理念を世に問う物語となっている。

派手なアクションやカーチェイスに主眼を置くことなく
表現されたこの作品は、石原軍団として別の意味で
視聴者に大きな支持を得た「人間ドラマ」という見方もできる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
かれこれ17年前に刊行された宝島社の「シナリオ入門」に、
黄金の70年代・山田太一と倉本聰という頁があり、ここに上記のタイトルで
闘いの日々はシナリオ技術参考にはうってつけだみたいなことで取り上げ
られていた。構成力、ハコ書き、出演者の台詞の分担の配慮といったものは、
そして小澤啓一監督や村川透監督をはじめとした演出力。
本作を見たりすればドラマツルギーよくわかるとか。

シナリオ入門から抜粋「倉本脚本の担当分は当初の発想通り、初めから
完結まで考えられて書かれたものだから、当然話がうまくまとまっている。
時間制限のせいもあり、画面は全く無駄にできない。ただの車の走っている
シーン、風景のシーンでも、声のほうは遊んでいない。他のシーンの(声)が
画面に挿入。倉本のシナリオは全ての画面に意味があり、画面が息づいてる。
これだけのシナリオがあって撮れないようでは、監督失格といっていい。
また、次の画面にかわる前に声だけが先に少し入るシーンが多い。
これもまたプロの仕事である」
ヤクザ抗争の刑事ドラマ中で、兄弟の情愛、黒岩と直子の恋愛などが、信じ
られないような微妙な構成。 演出では何といっても村川透の才気が光り、
倉本
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック