通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大資産家になるためのアジア副業マニュアル100万円... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●帯無し●表紙カバーはスレがありますが中身はおおむねきれいで状態は良好です。●ご注文後、日本郵便のゆうメール(追跡番号ありません)にての発送となります。お手元に届くまで3日~7日程度かかりますのでご了承願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

大資産家になるためのアジア副業マニュアル100万円から実現できる人生改革 (PHPビジネス新書) 新書 – 2014/1/18

5つ星のうち 4.2 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 270

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大資産家になるためのアジア副業マニュアル100万円から実現できる人生改革 (PHPビジネス新書)
  • +
  • アジア・シフトのすすめ (PHPビジネス新書)
総額: ¥1,890
ポイントの合計: 47pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今こそ企業も個人もアジアの風に乗るべき時。本書は正に成功のカギを示した必読の書だと思う。――ソニー元社長 安藤国威
米プレデンシャル・フィナンシャル日本法人設立に30歳で参画し、36歳で取締役。44歳でフィリピン現地法人の社長、その後東京海上グループやソニー生命保険を渡り歩いた著者。生保業界のエリート営業管理職が、自身の体験をもとに、アジアで稼ぎ、大資産家となる方法を伝授!
内容例を挙げると、◎語学力で飛躍するアジアの若者vs.陳腐な内容を日本語のみでしか話せない日本の若者 ◎人口ボーナスで見る世界、沸騰するアジア ◎収入源と運用、リスク分散の考え方―マネー力幼稚園児の日本 ◎なぜ、三カ国に住居、資産をもつことが有効なのか ◎合法的運び屋となるために ◎移動は経費ではなく投資である ◎住む場所が変われば人生は劇的に変わる 等々
アジアビジネスのチャンスをつかむための一冊!

内容(「BOOK」データベースより)

米プルデンシャル・フィナンシャルの日本法人設立に30歳で参画し、36歳で取締役。44歳でフィリピン現地法人の社長、その後東京海上グループやソニー生命保険を渡り歩いた著者。日本以外にもフィリピン、タイに自宅をもつ。生保業界のエリート営業管理職が、自身の体験をもとに、アジアで稼ぐ方法や現地情報を公開する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 243ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2014/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569817238
  • ISBN-13: 978-4569817231
  • 発売日: 2014/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 96,473位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
海外不動産投資に目を開かせてくれる本です。

近年は、この手の本も増えてきましたが、いまが本当にラストチャンスというのは同感です。

過去に私も中国で不動産投資をして、実際に10倍以上に物件価格が上がりました(2006年以降は外国人の個人の立場では買えなくなった)。

しかし、中国の元は、そのままでは海外に持ち出せないので、他通貨に換えるのに高い換金料を支払い閉口しました。

中国はまもなくバブル崩壊間違いないので、急ぎの処分がテマです(しょせん、所有権でなく、使用権なのに異常な価格です)。

その点、著者の説くように、これからのタイ、フィリピン、マレーシア、インドネシアは面白いと思います。

ただ、著者の一番のおすすめのタイは、困ったことに、これから長期にわたって一部政情に不安があります。

また、中高年の人が海外物件を保有する場合は、10年前後の売却という「出口」を考えておく必要があります。

なぜなら、投資した本人が死亡した場合の「相続手続き」が非常に厄介だからです。

私も知人のケースを見て、思い知らされました。

いずれにしろ、わずか数百万円の投資で、不動産投資ができるという
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
大資産家・・・から始まる表題なので、いわゆる自己啓発本かと思い、ななめ読みしようと思いました。しかし、内容はアジアについて熱く語られていると同時に、その具体性に惹かれました。まさにマニュアルというにふさわしい。
私は2005年からアジアに興味を持ち、年に2回海外に行っていましたが、旅行で行くのと、そこに住むという事とでの見え方の違いなど、本当に気づかされることだらけでした。短期間で3回読みました。
すでに海外に飛ぶ準備、居住する準備に着手しました。これからの人生にワクワクしています。
しばらくはこの本が私の人生のバイブルになりそうです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 タイトルを見るとノウハウ本の様に見えてしまい、実際そのノウハウの部分に注目される読者も多いと思うが、実はこの作者が真に読者に迫っているのは、多くの日本人に必要なのは生き方に対するパラダイムシフトであり、今それを起こさなければ幸せな人生を手に入れるのに手遅れになってしまうぞ!という警告だと感じた。
 私も2年前に仕事でタイを訪問した際に、その成長ぶりを見て心底驚き自分の無知を恥じたものだ。著者の体験談とその経験に基づく理論展開は読者の心にパラダイムシフトの種を蒔くのに十分なものだろう。
 年金問題しかり、環境問題、教育問題しかり。日本政府の出してくる政策は大事な部分をオブラートに包み国民に余計なことを考えさせず、公務員はと言えば、定年まで静かに過ごせることを一番に重要視して仕事をしている。日本に内在する問題の闇は深く、複雑である。本書はそんな日本に住む多くの国民の視野を広げ、それぞれが生き方を見つめ直すきっかけになる大事な1冊となると思う。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
冒頭で、この手の本には具体性がなく、何をしたらいいかわからないことが多いが、ここでは具体的に書く、と断言しながら、

三ヶ国に住居を持ち、三ヶ国を拠点にしろ
現地で信頼できるビジネスパートナーをみつけろ

のような、具体性があるようで、まったくないことばかり。そもそも、現地で信頼できるパートナーって、そんなの途中で裏切られてらわからないわけだし、定義も見つけ方も何にも書かれてない。

著者は、日本の経済成長やバブルの恩恵を充分に受け取った世代であろうに、

今の日本は終わりだ
日本人の若者は世界では通常しない
日本語なんて陳腐な言語しか話せない
日本は沈みゆくタイタニック号

と絶望をかたり、一方で、

自分の息子はインターナショナルスクールで育てたので世界をまたにかけて活躍している(お前たちや今の日本人の若いのとは違う)

わたしは世界に不動産、資産、拠点があり、、、(別に日本にいなくてもいい)

というような、自分と自分の家族の優位性ばかり強調してくるところも、あきれる。私は読んでいて不快だった。本文と関係ないだろう、著者のエゴだろうに。

日本だけに投資せず、
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック