中古品
¥ 399
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 第1刷 ■帯無し ■表紙カバー:キズ、下部に軽いヘコミあり ■天地小口:良好 ■中身:半分以上のページの上角に小さな折れがあります。本文は書込み・目立った傷みは無く良好です。  ★プチプチ梱包で郵便のクリックポスト(ポスト投函/追跡番号あり)にて千葉県市川市より発送します。 発送後にご連絡いたします★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大衆食堂パラダイス! (ちくま文庫) 文庫 – 2011/9/7

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 399

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

そこは上京者の故郷。そして日本人が近代このかた食べてきたものの、記憶の集積所。「大衆食堂」の愉しみ方ガイド。気取らず、力強く飯を食え!

内容(「BOOK」データベースより)

「大衆食堂」…上京者にとっては、消えてしまった故郷に最も近い場所。サバ味噌定食と、うどんとカレーとステーキと、ジュースが平気でならぶその場所はまた、日本人が近代このかた何を食べてきたのかを示す、記憶の一大集積所でもある。そんな日本の「大衆食堂」の数々をめぐって紹介し、その魅力、愉しみ方、めしくう快楽を語りつくす。日本人よ、今こそ、気取らず力強く飯を食え。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 355ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2011/9/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480428593
  • ISBN-13: 978-4480428592
  • 発売日: 2011/9/7
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 235,818位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 港町奉行 VINE メンバー 投稿日 2011/10/15
形式: 文庫 Amazonで購入
男性的視点、田舎者的視点、ブルーカラー的視点からの大衆食堂讃歌です。
資料的価値を求める方にはあまり役立ちませんが、
煮えたぎるパッションを隠さない、熱い咆哮には耳を傾ける価値があります。

食堂に独りで入れない若者の増加を嘆き、
ブルーカラーの桃源郷としての食堂のトリビアリズムを語る、
その筆致には東京者の心臓をも掴んで離さない、不思議な魅力があります。
筆者自ら「売れない本」と認めるように、ちくま文庫版の初代作、
「汁かけめし快食学」はとうに絶版となっているけれども、
その時代逆行的な(?)論調こそ、現代に求められる
荒々しくも優しい人間の哲学とも映るのです。

それは「都会においての人間性の復権」に違いありますまい。
2 コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一市民 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/4/26
形式: 文庫
大衆食堂に関するWEBサイトも運営する著者による大衆食堂礼賛のエセー。

今でこそ、清潔で閑静な分、少し退屈でもあるサバービアに暮らし、大衆食堂とは
すっかり縁遠くなってしまった私だが、若いころ一人暮らしをした下町には、賑やかな
商店街に何件もの大衆食堂があり、よく食事をとったものだ。遅くなった帰宅の途中
そこで少し濃いめの味付けのおかずと山盛りのごはん、安めの燗酒でしめる一日の終わりは
何物にも代えがたい至福の時間であった。

本書は著者の体験談や著者が好きな大衆食堂の紹介、大衆食堂史の解説を通じて、そんな
大衆食堂に特有の、生命力にあふれた幸せな気分を追体験させてくれる至福のエセーである。

本書を読んで慧眼だったのは、大衆食堂というありふれて普遍的に見えた営業形態が
実は極めて一時代的、一世代的なものであるということだ。日常的な外食産業には江戸時代
から続く一膳飯屋や蕎麦屋などの系統があるものの、なんでも食べられる大衆食堂という
営業形態は、戦争直後の食券食堂を経て戦後に完成されたものらしい。それには当時の
食糧事情の貧しさも手伝っているし、地方共同体の崩壊と急激な都市化により、地方から
上京してきた人に食事と憩いを提
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック