この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


大衆消費社会の食料・農業・農村政策 (日本語) 単行本 – 2002/9/28


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,300
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


夏先取りSALE開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 夏先取りSALEを今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

一九六一年に制定された「農業基本法」。実質的に「棚上げ」されたこの法律の不幸は、当時の農林官僚の描いた理想的構図自体が観念的で、時代を反映していなかった点にある。ここからでてくる教訓は、「理念」は「現実」との接点を持つ限りで「理念」たりうると言う単純な事実である。一九九九年制定の「食料・農業・農村基本法」。この法律は「時代を反映した理念の提示」という一点においてどう評価されるべきか。本書は「大衆消費社会」というコンセプトで読み解く「消費の時代」の農政論である。

内容(「MARC」データベースより)

1999年制定の「食料・農業・農村基本法」。この法律は「時代を反映した理念の提示」という一点においてどう評価されるべきか。「大衆消費社会」というコンセプトで読み解く「消費時代」の農政論。

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません