大統領の陰謀 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

大統領の陰謀 [DVD]

5つ星のうち 4.4 44件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 989 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 554 (36%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 989より 中古品の出品:1¥ 2,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

Amazon.co.jp限定特典はオリジナル杖ペンとメモ帳セット
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 商品をチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 大統領の陰謀 [DVD]
  • +
  • コンドル [DVD]
  • +
  • ジャッカルの日 [DVD]
総額: ¥2,613
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ダスティン・ホフマン, ロバート・レッドフォード, ジャック・ウォーデン
  • 監督: アラン・J・パクラ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2011/11/02
  • 時間: 139 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 44件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005HZXHIA
  • JAN: 4988135872609
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 20,887位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


ダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォードが挑んだ大作!
現実がフィクションを超えた事件。

アメリカ史にその悪名を刻みつけた男。その名はニクソン。大統領であった彼を失脚させたウォーターゲート事件を暴いた2人の新聞記者。その取材活動を、克明に、センセーショナルに描き出した大作。真相究明の追跡調査をレポートした著書「大統領の陰謀」を原作に、ハリウッドを代表する2人の名優ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォードが熱演。まさに迫真の演技を披露。助演男優賞を含む1976年度アカデミー賞4部門を受賞。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード共演の実話ドラマ。ウォーターゲイト事件の真相を突き止め、ニクソン大統領を失脚させた新聞記者、カール・バーンスタインとボブ・ウッドワードの活躍を描く。“WARNER THE BEST ¥1,500”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
この映画に関しては多くの方が知っている通り、二人の新聞記者が大統領の政治的謀略に迫り、追い詰めるというジャーナリズムの極点を極めた名著が原作にありますが、出来ればそちらを先に読んでからこの映画版を観ることをお勧めしておきます。というのも登場人物も沢山で話の筋も錯綜していて原作に忠実に映画化していたら軽く3時間は超えるであろう複雑なストーリーなので。私の勝手な憶測ですが、映画化が決まってスタッフで打ち合わせをした時にこのままだと映画にするのが困難なので娯楽化するのにどうするかかなり悩んだのではないかと察します。そこで脚本を才人ウィリアム・ゴールドマンに依頼し、何とか通常の時間枠の映画にまとめたのではと思いましたがどうでしょうか。斯様にかなり無理して作られた節のある映画なので面白いことは面白いのですが、全体的には原作の筋をなぞることに腐心しすぎで映画にしかできない要素に若干欠けるきらいのある映画になってしまい、ラストの方も駆け足ぎみで何とかうまくまとめた感じで、個人的には原作の方が面白かったです。
私的には「12人の怒れる男」で異才を放っていたジャック・ウォーデンがいい演技してるなとか些末な感想とこの歴史的ジャーナリズムのノンフィクションを映画にしたことは偉いと思う、というぐらいしかあまり高い評価をしにくい映画でしたが、皆さんはどうでしょうか。悪い作品ではないと思いますが・・・
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
購入するまで気づかなかったのだが、この商品には、レッドフォード=広川太一郎、
ホフマン=野沢那智という、今となっては夢のような吹き替え音声が収録されている。
もはや2度と耳にすることの出来ない、永久保存版の音声である。
自分がこの作品をテレビで(もちろん地上波)見た時も、当然この吹き替えバージョンで
あった。かなり尺の長い作品であるが、オリジナル音声になってしまうシーンも、決して
多くはない。これは、ブルーレイならではの、思いがけない収穫である。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiraku 投稿日 2009/2/28
形式: DVD
本作品はニクソン政権を追い詰め、蹴落とした二人のワシントンポスト紙のジャーナリストの政治物語というよりは、働く男の美しさ、というか執念の美学が詰まっている映画でした。彼等は世間で余り注目されなかったウォーターゲート事件を丹念に追いかけ続け、そして世の中を変えたのです。まさにペンは剣よりも強し、です。でも本作ではペンというよりタイプライターですが。。。
ラストも賛否両論あるようですが、私にはグッときました。つまりあのラストには「働く男」の美学がつまりまくっているのです。熱さしかないのです。そして事実だけが吐き出されていく。個人的にはいいラストです。
仕事への情熱を失っているときや、どうしようもなく、やりきれない場合に観ると心に火がつくかもしれません。それぐらい、働く男はカッコイイのです。カッコ良く生きたいならば本作を観るべきです。男たち、しっかり観ようぜ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ニクソン大統領を辞任に追い込んだ「ウオーター・ゲート事件」をめぐる報道は我々世代はいまでも鮮明に記憶している。この作品はスクープをものにしたワシントン・ポスト紙の二人の若い新聞記者の活動を映画化したものだが、サスペンスとしても一級の出来だ(ボブ・ウッドワードはいまもワシントン・ポスト紙の幹部として活躍している)。大統領選挙にまつわる違法な情報収集、選挙資金などの陰謀を嗅ぎ付けた二人が内部情報をリークする「ディープスロート」と言われる政府筋の男から情報を得て徐々に核心に迫っていく。こうした動きを察知したホワイトハウスからさまざまな妨害や脅しを受ける。この辺りの攻防が面白い。事実にもとづいているだけにリアルで迫力がある。若い記者に扮するロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンもいいが、ポスト紙の主幹を演じたジェーソン・ロバーツが渋い。こうした調査報道における日米の違い考える上でもこの映画は面白い。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cke62570 投稿日 2003/5/29
形式: DVD
小さな侵入事件を取材を重ねていき、ウォーターゲート事件として報道、ついに当時のニクソン大統領を辞任に追い込んだワシントン・ポスト紙のボブ・ウッドワードとカール・バーンスタイン記者。編集局長が二人に言う「報道の自由は憲法にも保障されたアメリカの自由の基本だ」というセリフが重く突き刺さる。ウッドワードは今でもワシントン・ポスト紙で現役のまま。情報源の秘匿は取材の基本。今でも報道番組に出演中、彼に重大な情報をもたらした「ディープ・スロートとは一体誰?」と聞かれてもシラを切っている。日本の報道機関も見習ってほしい。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー