中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大矢英作文講義の実況中継―高2~大学入試 (実況中継シリーズ) 単行本 – 2000/11

5つ星のうち 3.9 36件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,026 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者からのコメント

日本語の呪縛から解放された真に英語らしい表現を求めるすべての人に! 大学受験生から実践的な英語力を身につけようと願う社会人の方まで、すべての方に読んで頂きたいと願っています。 本書は3つのパートから成り立っています。 part1... 中学校レベルの文法知識を200%活用する為のノウハウ集。 part2...単語レベルで日本人が間違えやすい点を網羅。たとえば、よく日本人がやるんですが、「私の趣味は音楽を聞く事です」 My hobby is listening to the music.なんていうのがどんなにダメな表現か詳述してあります。 part3...自由英作文。自分の意見を説得力ある表現で語る技法のすべて。これで技を磨けば、外国のメーリングリストでもどんどん発言が出来ます!

著者について

順調なエリート街道を歩んできたわけでは決してない。劣等生だった高校時代は英語が大の苦手で、英語を突然あきらめて、宅浪してドイツ語を独学し受験したほど。大学に入ってからは通訳のバイトをするほどドイツ語は上達したが、突然飽きて、全然勉強したこともないイタリア語を専門にする。
イタリア、フランスへの留学を経て、研究者への道を歩みだすが、ある日突然嫌気がさしてこれもやめてしまう。失意の失業者生活の後、予備校の講師になった。
料理にだけは一貫した情熱を注いでいる。特にイタリア料理の腕前は誰にも負けないと自負する。
イタリア料理に関するエッセイを雑誌に連載中。最近、イタリア料理の歴史の研究成果をまとめ、『パスタの迷宮』 (洋泉社) を刊行した。語学も料理もすべて独学で学んだ。ついでに水泳も。アメリカから専門書をとりよせて泳法を研究し、東京都マスターズ大会で銀メダルをとったほど。日頃、生徒たちによく口にすることばは、「ひとから教えてもらう人生ではなく、自分で学びとる人生を。」


登録情報

  • 単行本: 284ページ
  • 出版社: 語学春秋社 (2000/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4875685610
  • ISBN-13: 978-4875685616
  • 発売日: 2000/11
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 151,289位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
大矢先生の英作文の実況中継は旧版時代から非常に評判がよかったのだが、最近新版が出たせいか旧版が投げ売りのような安さでマケプレに出ているので、英作文が必要な人はもちろん英会話で文法面について不自由を感じている人も是非購入して一読してみてほしい。1章が文法編で、2章が語句編で、3章が自由英作文編となっている。1章と2章はハイパートレーニング和文英訳編と難易度は似ているが、1章の文法編でも収録内容に差があるし、2章の語句編の収録内容は全く違う(ハイパートレーニングは、動詞の語法とテーマ別キーワード・コロケーションがメインですが、本書は日本語と英語で意味がズレやすい語句がメインです)ので両方持っておいておいたほうがベターだ。3章の自由英作文編はハイパートレーニング自由英作文と記述が重なるが、本書のほうが簡潔に書かれて(但し、ハイパートレーニング自由英作文のほうが後年の出版なので説明が丁寧です)いる。まずは2章の語句リストをひと通り読んでから覚えこんでしまうといいだろう。いずれも間違えやすいポイントばかりなので覚えるとかなり即効性がある。そのあとは1章を腰を据えて読み込んでいってから例文を覚えていくといい。3章はとりあえずはワンパラグラフエッセーが書かれた260ページまで読んでおくと最低限の「論理的な」書き方・話し方をまとめて身に付けることができる。英検準1級の英作文にも、過去問の模範解答と...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
■私は、職場で英文を読み書きする必要があり、何気なくこの本を読み始めたのですが、これまでテキトウに使っていた「have」や「as」、何となく置いていた副詞や前置詞について、明快かつ理論的に説かれていて、頭の中がガラリと組み変わりました。「英作文」というタイトル以上に、「英語による発想→発信」の根本を教えてくれる名著だと思います。

■本書の第1部(全体の2/3)は、短い例文をもとに、どのように発想し、どのような単語・構文を使って文を組み立てるのかが説明されています。例:「道路が混んでいたので、彼は会議に遅刻した」「彼女は髪を短く切って、少女のようだ」 最初は、こんなのカンタンじゃん!と思いきや、時制や態、副詞の位置、前置詞の有無、動詞の適合性など、これまで自分がいかにイイカゲンな英文を作っていたのか思い知らされ、衝撃を受けました。

■第2部は、62項目の表現事典。habitとcustomの違い、excuseとpermitの違い、be proud ofとboast ofの違い、など。

■第3部は、自由英作文(外語大〜国立大向け)。しかし、論理の組み立て方、文の繋ぎ方など、受験生なら「国語」の小論文にも役立ちますし、社会人なら、スピーキング・ライティングに役立つこと請け合いです。

■なお、中学〜高1レ
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
英作文を初歩から勉強する上では、とても有意義な本だと思います。

というのもこの本は、PART1において、今まで堅実に覚えてきた英文法の知識を

実際に使いこなせるようにブラッシュアップすることができるからです。

例えば現在完了形と過去形はどちらも「〜した」と訳されることがありますが、

そこには使い分けがあって然るべき、往々にしてその辺りが入試でも問われます。

勿論英語で物事を発信する立場に立ったとしてもその使い分けは重要です。

そのような英語感覚を文法単元に沿ってわかりやすく勉強することが出来ます。

50章・50例題+100題の練習問題で構成されているのでこの本の英文150題を理解したうえで

丸暗記してしまえば英作文の成績は爆発的に伸びるはずです

難点もいくつかあります。

一つ目に日本人が多用しすぎると評判の「受身の使い分け」について触れられていない点

二つ目にこれまた日本人が多用する「過去完了大過去」についてフォローが無い点

三つ目にthese daysやnowadays等の使い分けが他の文法書や辞書などと食い違う点。
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルに入門という文字を入れましたが、決して難易度の低い参考書ではありません。

しかし、英作文の参考書を見ているなかで、本書ほど分かりやすく丁寧なものがなかなか見当たらない程の良書だと思われます。

本書の特徴は以下の通りです

Part1:丸暗記ではなく構造的な理解から英文を作り出していく方針をとっており、無理なく読み進められる。

1つの項目ごとに2つの練習問題がついており、解答解説には自分で採点できるような工夫がみられる。

自分で採点・復習する事もできるでしょうが、許される状況であるならば自分の英語の先生に添削してもらうとより一層有益な情報が得られると思います。

Part2:英作文に役立つ語彙集が掲載されています。これは単語帳などではニュアンスが完全には把握できないものが多く、受験生の盲点をこれだけまとまった形で提示されているものはなかなか無いでしょう。

Part3:近年の自由英作文の導入を受けて、自由英作文のいろはから解説している。

自由英作文を解説しているものとしては最も古い部類の参考書となるが、決して悪いものではない。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー