中古品
¥ 498
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2011年第1刷。カバーに細かいスレがあります。天・地・小口及び本文の周囲に経年によるヤケがあります。見た限り、本文に書き込み・マーカーなどはありません。万が一見落としによる書き込み等ございましたら返金いたしますので連絡願います。全体として良好な状態です。アマゾン在庫管理用バーコードシールは、きれいに剥がせるラベルを使用しています。その他、万が一品質不備や説明と異なる状態があった場合は全額返金にて対応致しますので評価を入れる前に連絡願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大相撲「八百長」の研究 単行本(ソフトカバー) – 2011/4/16

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 167
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

なぜ八百長はなくならなかったのか。注射力士はどれくらいいるのか。今後の大相撲はどうなっていくのか。初代若乃花、大鵬、千代の富士、小錦、曙、貴乃花、朝青龍、白鵬…。メール事件に始まった八百長事件の真実と、半世紀にわたる大相撲の「八百長」の歴史――歴史を塗り替える衝撃の事実を明らかにする。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ八百長はなくならなかったのか?注射力士はどれくらいいるのか?今後、大相撲はどうなっていくのか?初代若乃花、大鵬、千代の富士、小錦、曙、貴乃花、朝青龍、白鵬…。大相撲の歴史を書き換える「衝撃の事実」が明らかに。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: 日本文芸社 (2011/4/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4537258349
  • ISBN-13: 978-4537258349
  • 発売日: 2011/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 895,036位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

投稿者 いと トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/6
形式: 単行本(ソフトカバー)
とにかく中は誤字だらけ。初版とはいえ、こんなに誤字だらけの本を見たのは生まれて初めて。
中にたくさん大鳴門親方と出てくるのだが、
もちろん大鳴戸の間違い。しかも1か所を除いて、本の最初から最後まで大鳴門。
あとは、来瀬親方とか、若衆とか、親日山親方とか、武蔵側親方とか、豊島とか、朝青龍明とか、
鏡川理事長とか、春日ノ親方とか、とにかく相撲ファンなら絶対に間違わないようなデタラメの嵐!
しかも、千代白鵬の略歴を「大分県出身」って千代大海と間違えてるし、
旭鷲山を「部屋を継承する予定」って、そりゃ旭天鵬だろ!
大相撲を何一つ知らない人が、高鉄山の「八百長」とかを何冊か読んで
あわててまとめた本。

あまりの誤字っぷりに、相撲ファンが読むと目まいがするので不可。
「今まで相撲に興味はなかったけど八百長のことを知りたい」
っていう人は、過去の大相撲界の八百長の歴史は網羅しているので、読めばいい。
但し、↑上記のような誤記多数。
「注射相撲の見分け方」の取り口も不自然。

これだけ誤記と誤字ばっかりなんだから、誰がガチで誰が八百長とかいう判定も、
裏取り取材ナシの、何かの本を丸写ししただけと思われる。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 3月のマキャベリ大将 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/8
形式: 単行本(ソフトカバー)
『大相撲はフェアなスポーツではない。フェアリー(マカ不思議)だ』
…そうだ。

年間6場所15日間90番の対戦を大男達が
“本気”で相撲を取ったら怪我人だらけで
興業にならなくなってしまうらしい…

プロレスの場合は“ショー”だと分かって観ていても面白いが
相撲は“国技”… そうはいかないのだろうか…。

自分は小学生の頃に相撲に興味を持った。
贔屓の力士が千秋楽を7勝7敗で迎えると
ハラハラして大相撲中継に臨んだものだが、
同級生は冷めたもので、
「安心しろ!×××は絶対に勝つ!決まってるの!」
と鼻で笑いながら自信満々に主張していたのを覚えている。
ちなみに私の贔屓の力士は実に“あっさり”と勝った…。

その後は大相撲を冷めた目で見続けるとともに、
段々と興味を失っていった…
特に外国人力士が台頭してきた頃からは、
国技館にも足が向いていない…(ご免ね…)

余談であるが、
学生ながらに苦笑しながら観戦していた取り組みとして、

・(先代)貴ノ×の初優勝時の北の×との優勝決定戦
・朝×と北××の大関同士の千秋楽(
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
相撲業界にはこれまではさほど関心を持ってこなかったが、
あまりにも遠慮が無くあけすけに書かれているのでこれは面白かった。
「注射相撲」がこんなにも奥深く際どい予想をたてて読み解くものだとは知らず、俄然興味が湧いてきた!
相撲はやっぱりエンターテインメント、こうでなくっちゃ。

この本に関係するWebSiteでは、youtubeから引っ張ってきた世紀の八百長相撲が見られた。
こっちのほうが実は本より内容が濃ゆい。タダで読めるし。↓
[...]
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告