通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大直言 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【メール便にて、迅速に発送致します】表紙に若干のスレがございます。しかし、ページ部分は全体的に使用感の少ない良好な状態です。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大直言 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/31

5つ星のうち 4.9 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/1/31
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 621

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大直言
  • +
  • ぼくらの哲学
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

稀代の論客ふたりが、激突!
日本国憲法はこのままでいいのか。外交に勝つために必要なのは。
政治家に求められる覚悟とは。第三次世界大戦にどう備えるか。
結論ありきの報道との向き合い方。領土をいかにして守るべきか。
そして、日本人が持つべき、真の矜持とは――。
現代日本が抱える様々な問題の本質をえぐり、我が国の「これから」を明確に示す、刺激的対論。

大直言*目次
はじめに 百田尚樹

第1章 憲法を議論する
憲法改正なくして独立なし/拉致被害者の立場で考えよう/憲法のとんでもない成り立ちを知るべき
憲法を変えるのは「ぼくらの問題」/国民を分断しない議論を/「改憲の是非」はもはや論点ですらない
加憲はごまかしにすぎない/「改憲癖」をどうつけるか/平和は「諸国民」に任せられない
自衛隊員に「違法行為」を強いるな/素直な気持ちで九条を読んでみよう/問題は九条だけではない

第2章 外交を議論する
自民党総裁任期は延長する意味/短期政権ではなめられる/外務省は民間の知恵を導入せよ
特権に溺れる外交官を許すな/外務省は中韓の嘘に堂々と反論せよ/ダーティー・マネーに免疫を持て
官僚が敗戦を招いた/正解の無い問題に対応する能力を

第3章 平和を議論する
すでに「第三次世界大戦」と覚悟すべきだ/「平和の使徒」が戦争を起こす/「平和を愛する」で思考停止するな
GHQの洗脳を脱すべし/アメリカを苦しめる「正義の戦争」

第4章 戦争を議論する
原爆投下をどう見るかがリトマス試験紙/戦争記念館がない悲劇/世界の意見と中韓の意見は別物
ハル・ノートは無視すればよかった/真珠湾攻撃は卑怯ではない/真珠湾見学のすすめ
「海軍は賢くて陸軍は愚か」は勘違い/現代につながる「海軍エリート」の弱点/特攻は無駄死にではない
日本兵の勇敢さを周知せよ/東京裁判は間抜けである/東京大空襲は東京大虐殺である

第5章 メディアを議論する
安易に「ヒトラー」を使うな/メディアの偏向よりも「浅さ」が問題/テレビの影響力は侮れない
メディアの「揚げ足取り体質」が国を滅ぼす/結論ありきでは「報道」ではない/変革を望まない「リベラル」の浅さ

第6章 政治家を議論する
政治家は覚悟を持て/国会議員に資格試験を導入せよ/二重国籍の政治家は論外だ
政治家は一度は民間で働け/地方議員は無給にせよ
シルバー民主主義に対抗せよ/医療費が国を滅ぼすリスクになっている

第7章 領土を議論する
北方領土交渉はポーツマス条約を起点とせよ/竹島の島民の声を聞け/領土防衛は国家の根幹である
中国の「先を見る力」に学べ/尖閣諸島問題は外務省任せでは進まない/日本企業は中国に見切りをつけよ
中国の変化を直視せよ/グローバリゼーションが国家意識を強める/移民受け入れは断固拒否すべきだ

第8章 人生を議論する
本が人生を支えてくれた/若いうちに体の基本をつくれ/日本人の矜持を持とう

"おわりに"を認める幸せについて 青山繁晴

出版社からのコメント

祖国を愛する気持ち、それは右翼や左翼といった話ではなく、人間の根っこである──生まれも育ちも経歴も全く違う論客ふたりに共通するのは、その熱い気持ち。
混迷の2017年を乗り切る羅針盤!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/1/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103364130
  • ISBN-13: 978-4103364139
  • 発売日: 2017/1/31
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,832位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
あっという間に読んでしまいました。何故?と子供の時から不思議で聞けなかったことが、次から次へと理解できました。
叔父は日本の為に零戦に乗ったのに、皆 オリンピックで日本を応援するのに、 何故ただ日本人として生まれ、日本をこれからも住みやすい国にしたいのに右翼?と言われるのか?モヤモヤしていた胸のつかえがとれました。お二人にはまた沢山 教えて頂きたいと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「改憲の是非」はもはや論点でさえないと著者らは主張する。もろちん、改憲の本丸は第9条第2項である。第2項は、陸海空軍その他の戦力の不保持と、国の交戦権を禁止している。厳密に解釈すると、軍隊の不保持を規定しているので、時の吉田首相の国会答弁にもあるように、自衛戦争であっても軍による交戦権も禁止されていることになる。

さて、第9条第2項に、国防軍の保持と国防のための国の交戦権を規定することに反対する者は、村山元首相に代表されるように、「軍備を保持せず、戦争を放棄している国」に攻めて来る国がどこにあるのか、現憲法9条は戦後70年の国の安全保障に寄与してきたという。

しかし、それは事実ではない。昭和22年5月3日に現憲法が施行された後の1950年代初頭から1965年の日韓国交正常化まで、日本漁船の韓国による拿捕が相次いでいる。韓国に抑留された日本人船員はおよそ4000人にのぼり、劣悪環境の収容所での凄惨な仕打ちを受けた。

福岡の漁船「第一大邦丸」は僚船「第二大邦丸」とともに韓国・済州島沖で操業中、突如、韓国警備艇の急襲を受け、漁労長は頭部に被弾し、適切な治療がされることなく死亡した。両船舶は拿捕され、船員18名が済州島に連行され、4畳ほどの部屋に監禁され食糧も与えられず、船に残されたわずかな食糧で命をつないだという。
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 waka 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/2/2
Amazonで購入
2015~2016年にかけて三度、合計6時間にわたる対談をまとめたものである。

最初に、青山氏は、安保法制に反対する人々が「今の世の中、今の憲法で何も悪くないのに、なぜ変えようとするのか」といったことを言うのに対して、百人を超える拉致被害者がいるのに、「これまでは困ったことがなかった」と言っていいのかと述べている。そして、憲法九条に「国の交戦権は、これを認めない」とあるため、拉致被害者を救うことができない。現憲法は、軍隊やその他の戦力を持つことも否定している。国民の安全と生命を守る手段を全否定している憲法は世界中で日本だけである。自国の安全、生存を他国に委ねているようでは独立国ではない。右翼とか左翼とか護憲とか改憲とかそういうことと関係なく、日本はどうやって安全を守ればいいかという風に考えていくべきと述べている。

また専門家(実務者)の間では「今は第三次世界大戦だ」といった議論が普通に行われているという。2015年のパリ無差別テロについて、オランド大統領は事件を「第三次世界大戦だ」と言ったが、専門家は誰も大げさだとは思わなかったという。
サイバー世界ではすでに世界大戦が起きている。中国は人民解放軍の中にハッカー部隊を作って、アメリカ国防総省のハッキングにすでに成功している。自衛隊にもサイバー部隊はあるが、この分野においてまで専守
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 南天群星 トップ50レビュアー 投稿日 2017/1/31
「本来、対談本って、あんまり売れんのですわ」と百田さんは語っていたが、
2016年に出版された「百田×石平」両氏の対談本は反響を呼び、ここAmazon
でも一定の評価を受けた。内容が充実していれば対談本でも売れる。
そして、2017年。本書、「百田×青山」両氏による対談本が出版された。
「百田・石平本」が中国に的をしぼって語っていたのに対し、本書は8つの事柄
について百田・青山両氏が熱く語っている。
だが、根本にあるテーマは1つだけ。
両氏はひたすら「日本について」語っている。
独立国家とは思えない敗戦を引きずったままの憲法、頼りない弱腰外交、
尻に火が点いているのに気づかないふりの平和ボケ、勘違いの戦争観、左傾
化やめぬ大手メディア、頼りにならない政治家、どこか他人事の領土領海意識、
この国に生まれた事に誇りを持てという読者へのメッセージ・・・。
すべての項目で、日本と日本人について両氏は語っている。

現在の日本に疑問を持っている人、そして、祖国・日本に自信が持てない人達に、
是非、読んでもらいたい。日本の真価が語られている。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー