¥ 4,104
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大発作 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大発作 単行本 – 2007/7/24

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 3,184
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大発作
  • +
  • アランの戦争――アラン・イングラム・コープの回想録 (BDコレクション)
総額: ¥6,804
ポイントの合計: 119pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1964年、フランスの地方都市オルレアン。大胆で好奇心旺盛なジャン=クリストフ(愛称ティト)、冒険小説が大好きで空想的なピエール=フランソワ(ファフー)、おっとりしたフロランス(シコトン)の3人きょうだいは、父と母の愛に包まれ、穏やかな日々を送っていた。ところがある日、路地で遊んでいたジャン=クリストフに突然てんかんの発作が起こる。両親は息子を連れて病院へと向かったが、そこで医師たちから告げられた言葉にショックを受け―。三十数年にわたる家族の軌跡と作家自身の心の歩みを描いた、壮大なる作品。ファンタジックな力強い絵で、てんかんを患う兄と家族の軌跡を描く。世界各地で高く評価されたフランスまんがの名匠による自伝的作品。フランス語版全6巻分を完全収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ベー,ダビッド
1959年2月9日フランス、ニーム生まれ。1986年、le Timbre mauditで作家デビュー。1990年、フランス漫画(BD)界に、造本・スタイル・テーマの面で革命的な影響力を与えた出版社L′AssociationをJ・C・ムニュ、マット・コンテュール、キロフェール、ルイス・トロンダイムらと共に創設。翌年同社から2作目、la Bombe familialeを発表。10年間にわたる夢の記録を漫画化した短篇集le Cheval bl^eme(1992)は、1993年アングレーム国際漫画フェスティバルにて優秀新人賞ノミネート。1996年から2003年にかけて制作したl′Ascension du Haut Mal(大発作)は同フェスティバルにて第2、6巻が優秀作品賞ノミネート、第4巻が最優秀シナリオ賞を受賞

ボワレ,フレデリック
1960年生まれ。東京在住フランス人漫画家。日仏漫画間の交流に尽力。2006年、フランスにてベスト脚本家賞Petit Robertを受賞

関澄/かおる
1966年生まれ。愛知県立芸術大学美術学部卒業。広報職を経て、フレデリック・ボワレの作品を主に翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 378ページ
  • 出版社: 明石書店 (2007/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750325902
  • ISBN-13: 978-4750325903
  • 発売日: 2007/7/24
  • 梱包サイズ: 25.2 x 18 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 501,641位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 しんぱち VINE メンバー 投稿日 2008/7/14
形式: 単行本
日本のマンガ文化は今や海外へと進出し、新しいポップカルチャーになりつつあるが、その反面、日本人は海外のコミック文化に対して全くと言って良いほど無関心です。
確かに日本のマンガの多様性には目を見張るものがありますが、しかし、最近は特定の傾向に作品が偏り、マンガ表現として当たり障りの無い、作品性のないものばかりになってしまった印象が否めないのも事実。
この本は、そんな日本人に海外にも日本に劣らぬ優れたマンガ文化があることをまざまざと思い知らせてくれます。

バンド・デシネと呼ばれるヨーロッパ圏の作家の作品ですが、近年これほど素晴らしいマンガ作品を読んだ事がありません。
癲癇を患った兄と、それに翻弄される家族、そしてどんどん自分の世界に引きこもっていく弟である作者の数十年にわたる個人史なのですが、凄まじい内容をこれでもかと言うイマジネーションと独特の筆致で見事に描き切ってます。
「作品性」や「作家性」と言うのはこう言う作品の事を言うのでは無いでしょうか。

慣れないと少し読みにくいですが、それを差し引いても読む価値のある作品だと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
フランス・バンドデシネの旗手が世に放つ、ほぼ自伝史。
家族の苦悩・自身の内面が明ら様で、読み切るのにはかなりのエネルギーが必要。
ある日兄を晴天の霹靂のごとく不意に襲ったてんかん発作は、他者の好奇の目に晒される珍しき不幸として扱われつつも、幼少時から成人・中年期に至るまで抜き差しならず続く、家族に対する愛憎という人間の普遍を語る一役者とみなされる。
自身の力に対する過信(幼少時)・無力さの自覚(青年期)を経て、唯一無二の兄への存在肯定=自分自身の肯定(成熟)へと至るこの作品は、読後、吹きすさぶ嵐とその後の好天を思わせます。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
家族のひとりに取り憑いた[病]を巡る数十年間の葛藤の物語。

[病]が、その存在が、家族そのものと家族のひとりひとりにどのような影を落としたかを、どこまでも個的であり同時にきわめて普遍的である問題を、緻密に上手く描いている(形になるまでにとてつもない試行錯誤があったはずだ)。
つまりこれは、世界の空間的などこででも、ヒトが経験した時間のどの瞬間であっても、読む者の心に鋭く刺さる。

とにかくこれは、本当に凄い作品だ。
フォーマットはフランスのBD(ベデ)だが、それなりに経験を積んだ日本のマンガ読みなら、複雑に表現された比喩や暗喩や隠喩や換喩を必ず読み解けるだろう。

マンガとしては高い本なので、地元の図書館に蔵書があればまずは予約して借りてみるのがいい。
だが、4000円だかを出していきなり購入しても、損をしたとは決して思わないはずだ。
これを自分の手元に置き、折に触れて読み返さなければならない(そうでないと[楽]にはなれない)と直観的に知ってしまう読者の潜在的な数は多いはずで、だからこそこのマンガは日本語版刊行時点で12ケ国語に翻訳されている。
(2016年時点でその言語はどれだけ増えているだろう?)

ちなみに日本語版監修者のフレデリック・ボアレ氏は
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
兄、「僕」、父、母、妹の三十年近い苦しい道のりをたどっている。作品の中で作者は、兄のてんかん発作を山登り(あるいはロッククライミング?)になぞらえているが、読者も、あたかも険しい山道を登っているかのような感覚を味わうことだろう。ただ、苦しみのみを描く感傷的な作品ではない。良い医者に恵まれなかったためにあやしげな療法にすがる父母を冷静に見つめる「僕」の視線、同性の兄弟同士のある種のライバル意識なども描かれており、リアリティを感じさせる。また、作者の内面が言葉でなく独特の幻想的な画で描かれていることも、センチメンタルさを感じさせない理由のひとつなのかもしれない。感傷を排した、良質なヒューマンドラマである。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
病気を患う身内や家族、それをとりまく環境など、
とてもリアルに感じられた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告