通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大班 世界最大のマフィア・中国共産党を手玉にとった... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 福ねこ堂.
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし・傷みヤケ、小口に小汚れがありますが本文良好です。迅速な発送を心掛けております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

大班 世界最大のマフィア・中国共産党を手玉にとった日本人 単行本 – 2015/10/26

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 215
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大班 世界最大のマフィア・中国共産党を手玉にとった日本人
  • +
  • 中卒の組立工、NYの億万長者になる。 (角川文庫)
総額: ¥2,324
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

昼間は官僚、夜はマフィアのボス、2つの顔を使い分ける中国人エリート達が牛耳る実業界。
30年にわたりビジネスを成功させ、「大班=リーダー」と慕われた日本人、千住樹の奮闘と波乱に満ちた物語。

内容(「BOOK」データベースより)

昼間は官僚、夜はマフィアのボス、二つの顔を使い分ける中国人エリートたち。一方で、知らぬ間に利益を抜かれる日本企業。一筋縄ではいかない彼らと渡り合い、やがて彼らの懐に入り込み、ついには「大班(リーダー)」と呼ばれた日本人・千住樹。いかに戦い、ビジネスで勝ち抜いたか、波乱万丈な生き様を描く!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087860558
  • ISBN-13: 978-4087860559
  • 発売日: 2015/10/26
  • 梱包サイズ: 19.7 x 13.5 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 117,374位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
来料加工に携わり、悩まされてきた一人です。UNDOの法則、関係の引継ぎ、自身の経験した構造を別角度から捉える事が出来ました。偶然にも勤務先の過去選択が本書内での良例として存在し、驚きました。自身のこれからの行動を後押ししてくれる一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
結局 賄賂だろう?
中国でビジネスしていれば何度も聞く言葉だ。

中国政府の役人から難癖を付けられ、その解決には賄賂が必要なんだという。
本当だろうか?実は往々にして原因は、こちら側にあったりする。

ただその原因を究明することは、時として自分のミスを公にすることになる。
そんなリスクを背負うくらいなら、問題をブラックボックス化し、賄賂というショートカットを使って解決を図る。
すべての問題を中国政府に押し付ければ、自分や自社の失敗は隠せる。

そしてさらに悪いことに、その解決方法を訳知り顔で周囲に語り、自分は中国ビジネスのエキスパートのようなふりをする。それを手助けする低レベルのコンサルタント。

賄賂はもはや常識としている多くの日本企業に、この主人公・千住樹は強烈なアンチテーゼを示す。

中国ビジネスを熟知していると信じている人こそが、この物語を読むことで小説として楽しむ以上に、これまでと異なる中国ビジネスの視点や解決策が身につくように感じた。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の中国関連本は数冊読みましたが、時系列的にグレートチャイナを取材する姿勢に好感を覚えました。 この本はかなり生々しく中国でのビジネスの実践について書かれており、6年間香港・中国に関わった私としても改めて自分の経験と学習したことを整理するのに役立ちました。
本社の脳天気マネジメントに中国の事を聞かれたら、ビジネスの背景をだらだら説明するより、まずこの本を読んでもらったほうが時間の節約になると思います。ストリーもテンポと舞台の切り替えが良く、楽しみながら読めます(著者も結構現地で遊んだのでは?) 主人公は実在の人物と聞いていますが、できたらお会いしたいものです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
竹之内総業の香港支社を任されている千住は、お決まりの現地工場のストライキや
抗日デモに手を焼く日系企業とは無縁の優良企業を作り上げた。
いったい、ほかの日系企業が不思議がるトラブル無しの秘密とは何なのか?
政府と現地の有力者と双方を見極める現地企業の難しさ、そして面子や人の繋がりを
重視すると中国の歴史と体質を鋭く抉る、痛快な一冊。

正月には「富貴発財」と紙を貼るくらい金が好きな中国人は、日本人とは
センスが違うかも知れない。
表向き「話せばわかる」という心の通じあう(?)日本社会とは一味違う
中国社会で、騙しだまされ、痛い目にあいながら真に信じ合う友人「自己人」
関係を築き上げた千住の友人関係には、誰もが多少のあこがれを禁じ得ないだろう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 とある日本企業の中国現地法人トップを務める「千住樹」が主人公。Amazonの商品説明ではノンフィクションと紹介されていますが、本書の最後にフィクションである旨の断りがあります。モデルとなる人物は実在したようなので、実話もある程度は織り交ぜられていると思われます。
 中国ビジネス、とりわけ現地の工場経営を始めとする従業員の管理、役人との付き合いや賄賂の授受、個人的な人脈の構築等、中国社会のビジネス環境が生き生きとリアルに描かれます。中国では個人間のパーソナルな「関係」を重んじる傾向が強いようで、特に役人との個人的な関係を構築して便宜を得る行動は、中国ビジネス社会ならではの臨場感が溢れます。(日本ではそれこそ斡旋収賄で即問題となりますが)また、相手を安易に信用するとすぐに付け込まれるような「正直者が馬鹿を見る」ようなビジネス慣行は、日本では考えられないだけに、日本人の「甘さ」が浮き彫りになります。(まあ、中国社会だけの話ではないのかもしれませんが)
 主人公は「チャレンジする前に頭で答を見つけるような人間」は「つまらない大人」であると考えます。日本はエネルギーとチャレンジ精神が希薄な残念な国に映るようで、もしそうだとすると「つまらない大人」ばっかりになっているということなのでしょう。そうはならないように、自分も含め、個々人がもっとしたたかな強さを持った「面白い大人」になりたいもんです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー