¥ 1,949
  • 参考価格: ¥ 2,052
  • OFF: ¥ 103 (5%)
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大物釣り師幻の巨大イトウに挑んだ男 (YAMAKE... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

大物釣り師幻の巨大イトウに挑んだ男 (YAMAKEI CREATIVE SELECTION Frontier Books(NextPublishing)) オンデマンド (ペーパーバック) – 2015/4/9

5つ星のうち 4.3 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
オンデマンド (ペーパーバック)
"もう一度試してください。"
¥ 1,949
¥ 1,949 ¥ 4,104

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大物釣り師幻の巨大イトウに挑んだ男 (YAMAKEI CREATIVE SELECTION Frontier Books(NextPublishing))
  • +
  • 二つの顔をもつ魚 サクラマスー川に残る`山女魚'か海に降る`鱒'か。その謎にせまる! (ベルソーブックス043)
総額: ¥3,893
ポイントの合計: 59pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

破滅をも恐れず、幻の巨大イトウを追い求め、まるで修行者のような日々を重ねる、ある男の魂の軌跡を描く、巨大魚イトウ釣りをテーマにした斬新なフィクション。

著者について

1979年、北海道生まれ。幼い頃から、渓流や本流の川釣り、海釣り、コイやフナ釣りなど、さまざまな釣りに親しみ、人生を歩んできた。自由でいたくて、誰にも束縛されたくなくて、そしてただ大物が釣りたくて、休日は社会から離れて釣りの旅を楽しんでいる。大自然という舞台での釣りの旅は、好奇心と理想さえあれば、決して終わることはないものと考えている。笑い、驚き、感動、神秘、苦悩が混ざり合っている「釣りの世界」は、著者が社会で生きる活力になってもいる。本作品が初めての著作。


登録情報

  • オンデマンド (ペーパーバック): 220ページ
  • 出版社: 山と溪谷社 (2015/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4635886387
  • ISBN-13: 978-4635886383
  • 発売日: 2015/4/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 176,211位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
雑誌「北海道のつり」で見て購入しました。 私は海釣りしかしませんが楽しく読めました。 ノンフィクションではなく、写真など1枚もない、小説なのが面白みを増しているのでしょう。 釣り、恋愛、ケンカ、交友がストーリーになっていて面白かったです。 一番リアルで印象的だったのが、会社上司や釣り仲間同士の妬み、ひがみ、うらみなど人間関係の複雑さが描写されているところです。 現実に思い当たることが過去にあったのでドキッとしました。 きっとこの先、何度も読み返すことになる本です。 大満足!購入してよかったです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
小説とはいえ、女性に対して男性優位的な描写は酷評!
しかし釣りだけを描いた小説ではなく、女性も登場し、濡れ場まであるとは驚き。
釣りを理解してくれない女性との恋愛、結婚、離婚。釣りを知らない女性との再婚。臨場感に溢れていて面白いストーリーだとは思う。

著者のあとがき、「釣りは楽しい。心が躍って、面白い。むろん、そうでなければならない。釣りは”遊び”なのだから。ただ、仕事や家庭を返りみず、釣りの闇に迷い込み、大物を狙い続ける”はかない美しさ”を小説に描きたかった」
この作品は、この言葉にすべてが集約されていると感じる。
趣味の域ではなく、家族、親戚、財産、健康、全部を失ってでも大物を釣ることに没頭する主人公の姿は、手に汗を握る場面も。
”仕事なんかやめて、ずっと釣りをしていたい”釣り人なら一度は考えたことのあるような事が、活字となり、ドラマとなってくれたという印象が持てる。
許せない部分もあるが、著者は釣りをかなり知っていると思われ、読み物としては、斬新で面白いと思うので星5つ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
日本最大のイトウを釣り上げるために、不動明王のごとく鬼になる覚悟で、すべてを棒に振り、己のすべてを賭けて生きる主人公の星川正人。
最後は、鬼と化した主人公が巨大イトウと闘う、鬼気せまる凄まじさ。
影響度が高く、私の釣り人生がこの先、より感慨深いものになりそうです。
面白くて、オンデマンド版と電子版、両方購入してしまいました。
皆さんに向けて「一読の価値有り」とおススメします!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
釣りと自然が大好きな私にはたまらない内容でした。
個性が強い、型破りな大物釣り師との交流が描かれていて、「釣り師に釣り場を聞くものではない」「イトウという魚は魔性の魚だ」「釣りから学んだ心を仕事に活用する」など、登場人物たちが発する名言には、読んでいて圧倒されました。
釣り場の選び方、大物の狙い方、使用するタックルのメーカー、テクニック、心構えまで詳しく表現されていてリアリティがあり楽しかったです。
そしてなにより、マグマが煮だっているかのように、水面がぶくぶく吹き上がり、豪快、狡猾、華麗な巨大魚との重量感溢れるファイトシーンは、スリル満点で「釣り」への覚悟が、自分の身にも刻まれるような深い感動を覚えました。
破滅しても這い上がった、大物釣り師の続きが読みたいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 日野 彰 投稿日 2015/6/8
形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
この本の内容は、地元の河川とリンクする部分が多くリアリティがあり面白かったです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
やや長い読後感想文
'@ つかみは「男一匹ガキ大将」の世界、長じて「サラリーマン金太郎」となり、そしてドラクエよろしくキーパーソンとの出会いに導かれ、一人前のイトウ釣り師に成長していく主人公。さらに要所で姫もゲット(笑)。あーそーか、武内君の歩んだ道は、こういう道だったのか、実に立派だよ。
'A 武内君とは、釣り場で2回出会っている。イトウ釣りは、彼の描く通り、間違いなく大量の狂気を孕んでおり、釣り場で出会う人物は往々にして常軌を逸している。かくいう私も火宅の釣りに溺れる一人だけど、彼は随分と違っていたね。
'B どう違うか。礼儀正しく、知的好奇心を隠さない。そしてなにより聞き上手。どれも自分に自信がないと出来ない所作だよな。一癖も二癖もあるイトウ界の名人、古老、有知識も彼には種明かしをしちゃうんだろうな、と想像できる。
'C 小説とあるけど、正しくは「膨大な取材に基づき、事実を再構成したフィクション」でしょう。彼は道内の「イトウ場」のほとんど全てを踏破している。学者先生の知らない川も含めてね。それでいて近道をせずに、筋の通った釣りをしている。このイトウ界きっての博覧強記マルコポーロの書く文章には、イトウを釣る為の知識と知恵が散りばめられている。
'D イトウに狂ってる人、狂いたい人、身近に狂っている人がいて不思議に思っている人、メ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー