Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥ 603
ポイント : 35pt (5%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Facebook Twitter LINE
Kindle App Ad
[江川紹子]の大火砕流に消ゆ: 雲仙普賢岳・カメラマンの生と死の狭間から見えるもの (Mulan)

大火砕流に消ゆ: 雲仙普賢岳・カメラマンの生と死の狭間から見えるもの (Mulan) Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2015/8/2
¥ 603


【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

1991年6月3日16時8分、長崎県島原半島にある雲仙普賢岳で大火砕流が発生した。その日、「火の濁流」に呑み込まれた報道陣の数は約20名。警戒にあたっていた消防団員や避難できなかったタクシー運転手など地元民を含めると、43名の命を奪う大惨事となった。本書は、若き日の江川紹子氏が、現場の最前線に立っていた報道カメラマンひとりひとりの人生を丹念に追うことで、ジャーナリストとして持つべき危機管理や自己責任のあり方をも問うている。それから四半世紀─本書で問題視されたメディアと安全の問題は未だ解決されていない。一方、この間も、自然災害によって多くの命が失われた。昨年の御嶽山の噴火、そして2015年は、鹿児島県の口永良部島火山の噴火に加えて、箱根山・大桶谷で噴火が確認された。個人やメディアだけでなく、国全体として考える時期に来ている今、かつての名著が甦った。なお、表紙の写真含め巻末に掲載されている10枚の写真は、火砕流で命を落とした西川清人氏の遺族のご厚意で、新たに提供いただいたものである。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 30578 KB
  • 出版社: マグノリア (2015/8/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B013ARV47C
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 142,586位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover