通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大東京トイボックス(1) (バーズコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

大東京トイボックス(1) (バーズコミックス) コミックス – 2007/3/24

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大東京トイボックス(1) (バーズコミックス)
  • +
  • 大東京トイボックス(2) (バーズコミックス)
  • +
  • 大東京トイボックス(3) (バーズコミックス)
総額: ¥1,911
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

TVドラマ化の「東京トイボックス」続編!!
夢・現実・希望・コンプレックス・仕事・譲れないもの――熱いセリフが胸を打つ、熱血ゲーム業界物語!!

ゲームクリエイターを目指す元気な関西娘・百田モモ。
かろうじてゲーム制作会社スタジオG3の企画見習いとなる。
しかし、待っていたのは夢と現実の違いを痛感させられる、リアルな修業の日々だった!
面白いゲームのことしかアタマにない天川太陽、キャリアだが隠れた趣味を持つ月山星乃ほか、
個性豊かなアイツらが、今日もアキバの片隅でゲーム魂を燃やす!

アツいゲーム業界物語、ここに再起動!!


登録情報

  • コミック: 201ページ
  • 出版社: 幻冬舎コミックス (2007/3/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344809432
  • ISBN-13: 978-4344809437
  • 発売日: 2007/3/24
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
東京トイボックスの存在は知っていたのだけど、読まずにこちらを読んでみることに。
それぞれのキャラクターが立ってはいるので、かなり読みやすい。
ただし、主人公に共感を得られるかで、この作品が好きか嫌いか分かれそう。
(ボクはあまり好きになれなかった)
ゲーム業界をかなり取材しているのだろうが、
よくある業界モノとしての興味だけでは地味すぎるかも。
音楽を題材にした漫画も同様だろうが、
「スゴイ」「面白い」「ハマった」といったとしても、
具体的に何かが響いてくるわけでもないし、どうしても
「伝説の」「あの名作」のような表現になってしまうのが、
ゲームを扱った時の難しさなのではないだろうか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2013/3/30
形式: Kindle版 Amazonで購入
この作家を放出した会社の担当者は更迭されちゃうんじゃないの
というくらい面白かった。
作者の名前で、正直つまんなそうな同人誌のイメージがあったが
東京トイボックスからの流れで買ってみたら大正解
絵も見やすく、非常に話もしっかりしている
そこにアツい青春が織り込まれている。仕事につかれた時に読むと
入社時を思い出すサプリになる予感
気持ちい暑さは私は嫌いじゃない

ただBOOKOFFなんかでの価格を見てるとキンドル高すぎる
1年以内は定価でそれ以上は300円台が妥当だろう 
30巻とか出てたらもうキンドルでなんか集めねーなとふと思った
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
やり取りが生々しい
東京トイボックスのころから思ってたけど、
割と大袈裟に書いていて
流石にここまでのことはないだろう、と思いつつも
なぜか妙なリアリティを感じる。

でも、やはり一番の見所は彼らが熱い思いで
ゲームを作っているところでしょう。
面白いゲームのために身体を壊しそうになりながらも突き進むのが
いいのか悪いのかはわかりませんが、
それでも彼らの姿には心を動かされます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
待望の再起動版です。
えー正直言って前作よりパンチが弱い。
前作(『東京トイボックス』全2巻)は恐るべきメインキャラの平均年齢の高さ(主役級ほぼ30代)と絵のインパクトで「大人のちょっとリアルなファンタジー」だったわけだけど、今回はヒロイン交代による年齢引き下げ、基本装備・夢と希望のみの素人娘成長まんが(だけではないのでしょうが、今んとこそんな感じ)としての再出発…うーむ、違うのよ。前に見ていたものとは…。
まあ純粋な続編として同じ物を求めるのではなく、今作が新たな物語として面白くなっていくことを期待して行く他無いのだなと実感させられました。当たり前なのですけどね。
あれはもう終わってしまった夢なのだなあ、というがっかり、そしてそれ以上に新しく作られる物語への期待と不安が半々と言うところ。広がっていく世界の今後を楽しみにしたい。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 asakuramk 投稿日 2014/10/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
たまりません.久しぶり読む漫画だが、本当に面白い。
こんな漫画が読めるなんて幸せ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
現場の規模は違うものの「実際に制作現場で働いている」人間から読んでも、
非常に面白く、また、胸が熱くなる作品でした。
マンガですので、誇張された表現やフィクションが混ざっているのは当然として、
ところどころで垣間見えるリアルな部分が、本当に生々しい。魂が入ってる。

自分も規模の小さい案件で何本かディレクターをつとめたことがありますが、
3巻からの展開に過去の自分の体験を重ね、5巻で思わず涙してしまいました。
また、表現の規制など時事ネタ的なものも盛り込まれており、
制作側の人間でなくともいろいろ考えさせられることが多いと思います。

ゲームが好きな方は、ぜひ、読んでみてください。
そして、話の元ネタになっているアクワイアのゲームを応援しましょう!
(実際、PS2の忍道や侍道に触っておくと、このマンガがもっと楽しめますよ!)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sr2 投稿日 2007/3/25
形式: コミック
ゲーム業界を描いたスポ根?とでも言いましょうか。週刊モーニングで連載されていた東京トイボックスの続編です。

掲載雑誌もコミックバーズに移りました。

表紙だけ見ると違う話の始まりかと思いきや、前作の設定をそのままに物語は始まります。まさに再起動というのはピッタリです。

前回裏設定をちりばめていたので今作、物語はより広く深く広がっていくと感じられます。

また新人が加わり新しい流れも引きこみつつあります。因縁の対決はどうなるのか?また新たな問題も・・・

新人の成長と共にまたこれも目が離せません。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー