通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大東亜戦争の謎を解く―第二次大戦の基礎知識・常識 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 24時間対応のAmazon管理・専用在庫(安心・早い・専用梱包→Amazon倉庫からの発送♪送料無料♪。プライム登録で→お急ぎ便利用可能♪。コンビニ代引きOK♪)。帯あり。本にやや日焼けあり。書き込み無し。{自己評価・6(並~良)※基準10点満点・1悪-5並-10新品}。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

大東亜戦争の謎を解く―第二次大戦の基礎知識・常識 単行本 – 2006/4

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 219
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 812 ¥ 333

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大東亜戦争の謎を解く―第二次大戦の基礎知識・常識
  • +
  • こんなに弱い中国人民解放軍 (講談社+α新書)
総額: ¥2,635
ポイントの合計: 45pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

知っておきたい第二次大戦の真相!―対米戦略はなぜ失敗だったのか。またなぜそのように構想したのか。現在起こっている政治的、外交的問題解決の鍵が本書の中にある。79項目を3レベルの難易度に分類し、異なった視座から捉え直したわかりやすい戦争史。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

別宮/暖朗
1948年生まれ。東京大学経済学部(西洋経済史専攻)卒業後、信託銀行に入社。主に証券企画畑を歩み、英米、中国香港にて金融ビジネスを経験。退社後、ロンドンにある証券調査会社パートナー。現在、近現代史家

兵頭/二十八
長野市の消防局員の長男として1960年に生まれる。陸上自衛隊の北部方面隊に2年間勤務した後、神奈川大学の英語英文科に進学。2年生のときに手紙を書いたのが縁で、当時、東京工業大学の教授であった江藤淳に知られ、同大学の大学院・社会工学専攻の修士課程に進んだ。修了後、ミリタリー雑誌の編集部やテレビ番組制作会社等へ勤務の後、「ゴルゴ13」の原作公募が採用されたのをきっかけにしてフリーライターとなる。現在は北海道に居住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: 光人社 (2006/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4769812957
  • ISBN-13: 978-4769812951
  • 発売日: 2006/04
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 739,753位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「兵頭二十八の放送形式」というブログなどで、靖国問題や、ミサイル問題に対し、テレビ出演しているような著名な軍事・歴史評論家よりもはるかに鋭く説得的な分析を行う兵頭氏と、「第一次世界大戦」という歴史研究サイト運営者の別宮氏による合作。

はっきりいって、左右とかそういうレベルをはるかに凌駕し、本当にこれまでの歴史観・常識が覆されます。

また、ニュースなどでよく見聞きする用語の本当の意味を知ってるつもりになっていたことがよく分かります。

本書は多様な読み方ができるよう、工夫が凝らされています。

通読してもいいし、テーマごとに読むことも出来るので、興味のあるところから読み始めるのもよいと思います。

また、レベルを3段階に分けてあるので、歴史が苦手な人も少しずつなじんでいく読み方も出来るので、安心です。

靖国問題について考えてみたい方、歴史が好きと自負される方、イデオロギーにとらわれず、感情的でない真の歴史を学びたい方に、お勧めします。賛同できるかどうかはともかく、大戦期の歴史に対する複眼的な視野は身につくと思います。

それにしても、本当に戦争関係について考えるためには、「軍」の組織制度・文化、兵器の技術力、(戦時)国際法・国際慣習など幅広い知識が不可欠であると痛感しました。

実に奥が深く、簡単に結論を出せない分野と再認識しました。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じゃぐぁ トップ1000レビュアー 投稿日 2009/5/9
形式: 単行本 Amazonで購入
 陸自勤務の経験と文献をあさることから軍事について精通している兵頭氏と19世紀以降の戦史研究家である別宮氏が、冷静に第二次大戦の用語を解説している。
 各用語には3段階の難易度が付けられているので、軍事関係は初めてという方は(易)の印の用語だけ抜き出して読んではいかがだろうか。

 特に気付かされたのは2点。日本軍は、陸軍の影が薄いという指摘。日清・日露・太平洋戦争とすべて海軍が戦争の主導権を発揮している。日本は陸軍参謀本部と海軍軍令部が別々に動くため、統一が取り難かったということだ。海洋国家の米英でさえ戦時には陸軍が海軍に優先するという。
 また、超平等主義の弊害として、召集した大卒までも二等兵にしたことを問題視している。幹部教育をして少尉に任官する制度があれば、旧体質の上層部に民間の知恵が入ったはずである。日本軍だけを見ていると気づかない指摘だった。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
明治から昭和の歴史に詳しくないからかもしれませんが、とても興味深く

読みました。

 特に靖国神社が無名兵士の御霊を祀る事ができないことになっていること

には驚きました。

 A級戦犯うんぬんの話以前に、国の為に死んだ名もなき兵士を祀る正式な

国立墓地もこの国にはないなんて。そして、それに反対しているのが靖国神

社と遺族会というんだからやりきれない。

 もう一点の驚きは本書の主(謎)でもあるのですが、日米開戦の実行者た

る海軍関係者が、東京裁判で追求を免れていたということです。

 そう言われればそうだな、悪役は陸軍人ばかりだけど、真珠湾に奇襲攻撃

したのは海軍人だよなぁ、なのにA級戦犯になった有名人に海軍人はいない

なあと当り前のことに気づかせてくれました。

 まあ謎は謎のままなんですけど、それを気づかせてくれただけでも読んで

よかったです。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告