通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大暴落1929 (日経BPクラシックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付きです。☆全商品クリーニング済みです。☆ご注文確認後、迅速に発送します。☆中古品となりますので使用感や劣化の度合いが異なります。☆記載のないものは比較的ダメージが小さい商品となります。☆ご利用前に「Amazonマーケットプレイスコンディション・ガイドライン」をご確認お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大暴落1929 (日経BPクラシックス) 単行本 – 2008/9/25

5つ星のうち 4.6 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 182

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大暴落1929 (日経BPクラシックス)
  • +
  • 新版 バブルの物語
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日経BPクラシックス 第3弾
日経BPクラシックス・シリーズの第3弾。
バブル崩壊、株価暴落のあとに必ず読まれる、恐慌論の名著。

●会社型投資信託のブーム
●レバレッジ効果への信仰
●バブル紳士の跋扈点
●動きの鈍いFRB

これ、いつの話?
第二次大戦後最悪の金融危機といわれるサブプライム・ショックに見舞われている2008年の話ではない。
1929年の大暴落、その後の世界恐慌につながるアメリカのバブル当時の話である。

「本書は1955年に初版が発行された。以来、40年、版を重ねている。この本がこれだけ長いこと売れ続けているのは、
著者はともかく中身がいいからだと評価していただいているようだ。まずいくらかは役に立つかも知れない。
だがこの本が時代を超えて長寿を保っているのは、別に理由がある。増刷され本屋に並ぶたびに、バブルや株安など
何事かが起きるのだ。すると、この本への関心が高まる。そう遠くない昔に好景気が一転して深刻な恐慌につながったときのことを、
多くの人が知りたいと考えるからだろう」(1997年版まえがき)

ガルブレイスの作品の中では小品だが、中身は濃い。サブプライム危機が世界経済危機に拡大しそうな現在の状況を考えるうえで、
貴重なテキストといえる。

内容(「BOOK」データベースより)

会社型投資信託のブーム、レバレッジ効果、バブル紳士の跋扈。動きの鈍いFRB。今も昔も変わらない人間の織り成すバブル崩壊劇を活写する。1954年初版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 312ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2008/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822247015
  • ISBN-13: 978-4822247010
  • 発売日: 2008/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 11.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,888位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 石坂 哲 投稿日 2008/10/12
形式: 単行本
本書は、経済学者として著名な故ガルブレイスが、1929年ニューヨーク発の株価大暴落と、その後の世界恐慌の事実関係を辿るものである。初版が1955年であり、以来40年以上、版を重ねるロングセラーの復刻版となる。

大恐慌時期と比較しても、現在の市場構造や、それを取り巻く諸制度は変化した。しかし、私利私欲を追求する多数の人間達は今も変わらず、同じ過ちが繰り返される。時代を経ても、変わらない真実が、本書には詰まっており大変興味深い。

帯には、「バブル崩壊、株価暴落のあとに必ず読まれる名著」と描かれている。タイトル通り、サブプライム問題で揺れるこの時期にこそ、本書に触れ、歴史の教訓に学ぶ必要があるのではないか。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kuma Su. トップ500レビュアー 投稿日 2016/10/2
形式: 単行本 Amazonで購入
 1929年10月の大暴落の前後数年の出来事を集中的に記述した本。著者のJ.K.ガルブレイスは、大恐慌の1930年代にカリフォルニア大バークレーで修士号及び博士号を取得。著者自身が経済学者としてスタートした時代の話だから実にリアルである(本書の初版は、1955年刊行)。人間の行動は簡単には変わらないことに驚く。

・周りの人々が儲け始めると「乗り遅れるな」とばかりに殺到
・皆が買うから値上がりしているだけなのに、もっともらしい理屈が後から出てきて、それが歓迎される
・警鐘を鳴らすやつはバカ扱い。当たっても、相場を暴落させた張本人と恨まれるだけ。責任ある立場の者は、マズイと思っていても何も手はうたない。バブルの最中も崩壊後も、政府は「経済のファンダメンタルズは健全」と言い続ける。

 本書が描かれた1955年時点では、制度面で、グラス・スティーガル法による銀証分離、信用取引の保証金維持率の決定権をFRBに付与、証券市場を監督するSEC創設、株式上場時の情報公開など改善されたほか、社会面では、所得格差が縮小し・セーフティーネットも整備、学術面でも、財政・金融政策の重要性を経済学者が認識したから、かつてのような酷いことにはなりにくいだろうという。
 とはいえ、著者も能天気ではない。最終章の最後に「バブルを潰しても、経済
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ガルブレイス自身、「人生で最も影響を受けたことは、大恐慌」と語っている。

本書を読み進めると、たちまち自分が大恐慌のアメリカにタイムスリップしたかのような錯覚を覚え、熱狂と恐怖のジェットコースターを味わえる。淡々とした筆致、克明な描写がそうさせるのだろうが、理由はそれだけではない。繰り返されるバブル発生と崩壊、人々の心理、ゴールドマン・サックス・・・。今も当時と全く変わっちゃないからだ。

最も驚いたのは、レバレッジ。
当時から、レバレッジは当たり前だったんだ・・・。最先端を装っても、結局同じこと繰り返してるだけなのね。

少しでも投資に関わっている人は必読。金持ち父さんなんか、どうでもいい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者も株価の極限までの上昇、大暴落が起こったメカニズムについては
はっきりとは分からないと言っている。
ただ人間の底なしの強欲が全ての源にあると。
最後にSECの設置やFRBの権限拡大により監視、規制が行き渡り、今後はこれだけの
大恐慌は起きないだろうと締め括っていたが、歴史は繰り返す。
現在進行している金融危機も、結局の所人間の強欲が監視や規制を緩和させてしまい、
富の寡占化、一極集中が再び臨界点を突破してしまった事によるものなんだろう。
著者がまだ生存していたら何と言うだろう。
せっかく過去の教訓を綴った、この名書も強欲な人間の目には映らないのである。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zigeunerweisen VINE メンバー 投稿日 2014/3/24
形式: 単行本 Amazonで購入
 原著初版は、1954年に出版されたようですが、本書は1997年版の翻訳です。ガルブレイスのストーリー・テラーとしての才能がいかんなく発揮されており、大恐慌前後のアメリカ経済史としても興味深く読むことができます。「人は、幸福な時ほど騙されやすくなる」「一旦膨張した風船は、針を刺して徐々に空気を抜くことはできない」といった行動経済学やファイナンス理論としても扱えそうな警句が含まれています。レビュアーは、株価暴落後にニューヨークで自殺者が急増したという説にこれまで疑問を抱いたことがありませんでしたが、ガルブレイスは数字を挙げて、これが虚説であると明言しています(p.211)。こうした虚説がまことしやかに流布した理由として、新聞も一般市民もこの時期の自殺を株価暴落に結びつける傾向があったのではないかと、同氏は推測しています(p.213)。 何はともあれ、ジャーナリスティックな才能抜群の経済学者に、大恐慌を語らせるとかくも興味津津たる一冊になります。翻訳も大変優れています。学生諸君にもビジネスパースンにも推奨できます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー