この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


大映テレビの研究―不滅のテレビジャンキー (DBシリーズ) 単行本 – 1986/10/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥127
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

昭和35年、時あたかも高度経済成長まっ盛りの頃―。フタ付きブラウン管の中から、赤土で滑って死にかけているという異様なヒーロー“海底人8823”を僕らに披露して以来、「紙の鍵盤じゃ指が沈まない!」と、とんでもないセリフを小泉今日子に叫ばせるまで、およそ四半世紀にわたってくり返されてきた“大映テレビの謎”を、テレビ新世代のカルト・ライター竹内義和が完全分析!これは、おもしろく、ためになる本だ。

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません