大日本人 通常盤 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 890
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: オンラインDVD/CD通販ショップ 【夢の王国】 送料無料&コンビニ決済/代引き利用可能
カートに入れる
¥ 900
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ▂▃玉風堂▃▂ CD&DVD&ホビー専門店 全品送料無料
カートに入れる
¥ 3,105
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

大日本人 通常盤 [DVD]

5つ星のうち 3.1 354件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 890 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,214 (78%)
残り9点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、falo-mediaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 大日本人 通常盤 [DVD]
  • +
  • しんぼる [DVD]
  • +
  • さや侍 [DVD]
総額: ¥7,035
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 神木隆之介, UA, 板尾創路, 松本人志, 竹内力
  • 監督: 松本人志
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アール・アンド・シー
  • 発売日 2007/11/28
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 354件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000W05NUU
  • JAN: 4580204750452
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 123,040位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   松本人志監督第1回作品として超注目を集めたこの作品。とにかく内容などを一切知らせない方法で宣伝活動をしてきたが、正直、それは大正解だった気がする。というのもカンヌ映画祭に集まった欧米の記者は知らないが、これまでの松本監督の“笑い”に触れてきた人にとってすれば、この作品はそれほど“珍しい”ものでも“驚愕”のものでもないからだ。そう、これまでもあらゆる番組でヒーローものをネタとして扱ってきた彼らしい、ヒーロー映画=怪獣映画を笑いに転化したものなのだ。高圧電流を流されると大きくなる特別な遺伝子を持ち、それゆえに昔から時に現われる妖怪たちを退治して生きてきた家系の出である大佐藤(松本監督が演じる)。そんな人間が本当にいたらどうなるのかという観点で物語は進む。つまりドキュメンタリータッチで大佐藤へのインタビューをメインに映画は構築されているのだ。信じられない展開のラストへの昇華は、もはや映画とは呼べない感じだが、これを“松本ワールドの集大成”的な観点で観ていれば腹が立つこともない。もともと“映画”をぶっ壊してやろうというつもりで松本さんが作っていたというのだから。だから“映画”という気持ちではなく、松本作品を観る覚悟で見てほしい作品だ。(横森 文)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ダウンタウンの松本人志が監督、企画、脚本、主演を務めたエンターテインメントムービー。TVクルーから取材を受ける男・大佐藤。彼は有事の際に出動し、事態を解決させることを生業としていた。そんな彼の日常にクルーたちは迫っていくが…。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
よく映画でメタファーとなっている部分が考察されることがある。
例えば千と千尋の神隠しが実は風俗の話だったりと。

多分松本もそれに憧れたんだと思う。
けど正直この映画はそういったメタファーに気を取られすぎてそれしか作れなかった中身の薄い作品に思える。
千と千尋の神隠しのメタファーが評価されるのはあの映画が風俗というメタファーを取り除いてもしっかりと作品として機能しているからだ。

この作品は言うまでもなく日本や北朝鮮やアメリカなんかをメタファーにした作品だ。
しかし重要なのはそのメタファー無しではストーリーとして余りにも中身がなさ過ぎて機能していないということだ。
これはメタファーとは言えない。

「日本の弱腰外交がなさけない!北朝鮮悪い!アメリカもやりすぎ!」という誰でも思いつくような在り来たりな内容の政治主張をそのまま名前と見た目を変えただけに過ぎない。

松本信者の方々はいつものように「笑いが分かる自分!」をアピールしようと必死だが肝心の具体的にどこが素晴らしいのかという説明から逃げている。
いや私も松本が好きだし、ガキ使や放送室のトークに関しては礼賛するばかりで説明しない無責任な松本信者の方々の説明がなくとも面白いと言えるのだが、これば
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 KENちゃん 投稿日 2016/2/9
形式: DVD Amazonで購入
 松本人志のファンです。レンタルでは、何回も観ては、大爆笑していました。出来が良いので記念に購入しました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
この映画は、一人でDVD鑑賞がベストだと思った。
落ち目のヒーローの哀愁を中心に数々の小ネタ(ダイソンの掃除機が大佐藤家にあるのはDVDで気がついた笑)や世の中への批判はやはりおもしろいし、劇場ではかったるく感じた独特の間もむしろこれ以上ないくらいの絶妙さだった。あえて言うなら、テレビの取材の体なのだからインタビューシーンの映像はもっとブレまくったり粗いほうが良かったと思う。中途半端に小奇麗な映像がなんだかもったいない。多くの比喩はたしかに幼稚かもしれないが、国防に全く関心がない国民、北にやられっぱなし、いざというときは米に助けてもらう日本の現状がほんとにそうだから仕様がない。例のオチは、米国の過剰な暴力を実に安っぽいアナログな手法でその残虐さを伝えることに成功している。ハリウッド的CGや戦場の爆撃シーンを一瞬で陳腐化してみせた。それに加えて映画的カタルシスの崩壊も含んでいるんだから初見では処理しきれないオチである。映画と呼ぶには…という意見もあるが、じゃあ映画ってなんなんだって話である。もっと自由でいいはずだ。観客を気持ちよくさせることにこだわる必要はない。松本監督が所謂王道映画を撮れるレベルかどうかは別にして。
NYで見た友人によれば、場内爆笑の連続だったとのこと。(あっちの人は元々大げさなリアクションするが)たしかにインタビューや各セリフも英語字幕あったほ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
既存のレビューでは「映画って何かね?論」が展開されてるが、それを言ったらもう堂々巡りで収拾がつかなくなると思う。
また松本は終わったという感想を飽きもせず展開している人がいるが、そもそもじゃあ松本のピークっていつよ?というのを
聞かせてもらいたい。俺からすれば、昔っから良くも悪くも同じ水準の笑いを提供していると思うよ。

この映画、手法で言えば彼の以前のセルビデオ作品『頭頭』や『ごっつええ感じ』の「インストラクターシリーズ」を髣髴と
させる「架空の事象をまるでありもののように現実に偏在化させる」笑いである。大オチはその分『頭頭』と若干被り気味だ
が、以前のそれよりも彼がいま言いたいことをたっぷりと詰め込んだということがこの映画には言える。
また敵として現れる獣たちも数年前彼が発売した食玩の不気味な動物のシリーズを思い出させるグロテスクさと笑いのフュー
ジョン。素人に近いおっさんエキストラの不気味さ、おもしろさというものも「働くおっさん」シリーズからの彼のトレン
ドだろう。
したがって、私のこの作品に対する評価はダブルスタンダードにならざる得ない。松本のお笑いとしては結構使い回しが多いが、
既存の視覚芸術の観点からすれば、飛び級におかしなことをしているのである。
<
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す