Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 100
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[たくき よしみつ]の大日本エコロジスト翼賛会
Kindle App Ad

大日本エコロジスト翼賛会 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 100

商品の説明

内容紹介

『マリアの父親』で第四回小説すばる新人賞を受賞した直後にたくき よしみつが書いていた中編。
編集者からは好評だったが「長すぎて雑誌には掲載できない」と見送られているうちにお蔵入り状態になってしまった。
国土を守るということの本当の意味に目覚めていく右翼の親分・大西熊笹の奮闘記。
原発問題が壊滅的な結果をもたらすずっと前から、日本は同じ手法でこの列島の森を、土を、水を汚し続けてきた。
すでに寓話的な創作がどれだけのメッセージになるか、虚しいことこのうえないが、1990年代初頭に書かれていた「記録」として興味深い。
これを書いたとき、たくきはまだ阿武隈の地に住むことになるとは思ってもいなかったし、その後、中越地震で失う越後の家も見つけていなかった。
自然の中で暮らせる終の棲家を求めて東北の地を回っていたときに書かれているが、すでに「田舎にある問題」の本質を見つめていたことがよく分かる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 281 KB
  • 紙の本の長さ: 89 ページ
  • 出版社: たくき よしみつ; 3版 (2013/1/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00B61U6QK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 158,526位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク