¥1,280
対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り10点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、大成紙器製作所が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
大成紙器製作所 令和元年活版印刷カレンダー 14.... がカートに入りました
ギフトラッピングを利用できます。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

大成紙器製作所 令和元年活版印刷カレンダー 14.8cm×14.8cm 令和元年 1199-0168-200-00


価格: ¥1,280 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • サイズ:14.8cm×14.8cm
  • 令和元年
もっと見る

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

お探しのものが見つかりませんでしたか?
リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

商品の情報

詳細情報
ブランド大成紙器製作所
商品の数量1
サイズ14.8cm×14.8cm
  
登録情報
ASINB07TQM5LTM
おすすめ度 この商品の最初のレビューを書き込んでください。
発送重量40.8 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2019/6/26
  
ご意見ご要望
さらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

活版印刷によるカレンダー。
インキをのせた版を、紙に圧力をかけながら印刷することで、表面に凹凸が生まれ独特な雰囲気を演出します。紙が「文字と版」によって物理的に変化している様子が楽しめます。
6種類の紙の組み合わせも綺麗なカレンダーです。マグネットやピンなどで飾ってご使用ください。
(別売りの大成紙器製作所_PICTURE BAR[S]をお使いいただくとカレンダーを傷つけずに、使っていただけます。)

■活版印刷
元々は活字(凸版)を組み合わせて印刷する技術のことです。14世紀にヨハネス・グーテンベルクが発明し、火薬、羅針盤とともにルネッサンス期の三大発明と言われています。
日本には16世紀頃に入ってきた言われていますが、当時の文字は草書が多かったため、木版が主流の時代が長く続きました。明治期から西洋化・近代化の波にのり、広く普及されるようになりました。
現代の商業印刷ではオフセット印刷が主流ですが、活版でできる紙と印刷の独特な表現に、ファンは多く記念品やギフトなど特別な雰囲気を表現したい時に使われています。
※2019年5月~12月までのカレンダーです。


カスタマー Q&A

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう