大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン デジタル・リマスタ... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: コンディション説明、商品画像を必ずご覧下さい。(※記載・画像が無い場合は、帯・特典等はありません。) 中古品のため、ケース・ディスクに擦り傷があります。 こちらの商品は、Amazon配送センターより迅速・丁寧に発送されます。 万が一、商品に問題があった場合は、返品・返金にて対応致します。 【レンタルアップ品ではありません。中古品の為、小さな擦れや、薄いキズ、指紋等ある場合があります。完璧な商品をお求めの方はご購入をお控え下さい】
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,463
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 2,880
通常配送無料 詳細
発売元: 世界貿易堂
カートに入れる
¥ 2,880
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: ドリーム エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン デジタル・リマスター版 [DVD]

5つ星のうち 4.7 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,880 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 144 (5%)
ポイント: 115pt  (4%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、こまち本舗が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 1,463より 中古品の出品:11¥ 1,050より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン  デジタル・リマスター版 [DVD]
  • +
  • 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス デジタル・リマスター版 [DVD]
  • +
  • ガメラ対大魔獣ジャイガー   デジタル・リマスター版 [DVD]
総額: ¥7,692
ポイントの合計: 116pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 本郷功次郎, 江波杏子, 早川雄三, 藤岡琢也, 藤山浩二
  • 監督: 田中重雄
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川映画
  • 発売日 2010/07/23
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003NX4GT2
  • EAN: 4988111286970
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 60,871位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

●待望のHDマスターからDVD化!お求めやすい各2,800円でリリース!

内容(「Oricon」データベースより)

『大怪獣ガメラ』から半年後、戦時中にニューギニアで発見されたオパールが日本に持ち帰られ、巨大怪獣バルゴンが誕生する。背中の7つのプリズムから虹色の殺人光線を放ち、舌先からは零下100度の冷凍液を噴出し、たちまち大阪一帯を真っ白に氷結させてしまう。そこにZプランロケットから脱出したガメラが登場し、火と氷の一騎打ちが展開される。「日本映画DVD ¥2,940(税込)コレクション」対象商品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
あの、みうらじゅんさんは《しょーもない怪獣映画ばっか観とったら将来、アホになるで》と、子供の頃お母様に言われたそうです。わたくしがいい例ですね。《皆様は違いますでしょう。》6才の時、我が町の映画館にも(大魔神)との怪獣映画史上最恐タッグがやって参りました。アラカツマ様の足音と充血した眼にもとりこに成りましたが、あのガメラが総天然色で…。明るく楽しい東宝とは違う暗く重い画面。琴のお稽古の裏で何やら怪しげな男達。ニューギニアと言う事なのに、フラダンス風な土民。出ました、江波杏子さん!うっそうとした密林、サソリに刺された生々しい傷。オパールが割れてちっちゃいトカゲ?館内の空気がビリビリするバカでかい鳴き声と共にバルゴン登場!何とかっこいい。目にも鮮やかな虹!ガメラ飛来いよいよ対決だ!人間臭くない二匹の着ぐるみ、バルゴンの冷凍液でガメラ、ダウン!手こづらせやがってこの野郎。角で突っつくバルゴン。ガメラ力を振り絞って顔面にクローショット!ぐぇぇ!紫の血を流しながらのたうつバルゴン。と、言う具合に子供の視点からはとにかく、刺激的である意味斬新でした。歳を重ねた今観ても、傷を負った本郷さんの傷口に吸い付き、微かに口元に血を付けた江波さんの野性的なエロティズム、特大ダイヤを見て、つい我を忘れる女性自衛官等々、この作品ならではの独特な世界感が有りますね。子供の頃、いちばん好きな怪獣映画なーんだ!と言...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大人の鑑賞に耐えうる名作
ストーリーラインがしっかりしているし、当時の特撮技術の粋を結集して作られたであろう
映像の美しさ。
総天然色(今のカラー)第一号のガメラ作品だけあって気合いを感じます。
秀逸なのは大阪城で殺人七色虹光線!
それを遮るように飛んでくるガメラの回転ジェットの音。
胸が高鳴るワンシーンです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この作品の後のガメラ映画は何かとガキが多く出てきて…キャーキャーとうるさ過ぎて好きになれないが、この作品は別格

好きなんだよなあ、こういうアダルトタッチな作品!この時はガメラもまだ人類の敵だったわけで…バルゴンの造型もいいよね☆
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私のベストガメラ映画です。ガメラにとって、シリーズ2作目にして最初の対戦映画であり、最初のカラー作品。
シリーズでは異色作。その特長は、欲望が渦巻く、大人のガメラ映画であることです。
子供が出てこない、9割が夜のシーン、ガメラの歌もない(ギャオス以降)、ガメラマーチも無い(ギロン以降)。
ガメラは人類の味方ではなく火炎エネルギーを求めて飛来し、出合ったために本能的に戦闘しただけ・・・など、あからさまに子供向けには作られていない点が良いです。
そして、初の対戦相手であるバルゴンがユニーク。
もっぱら特撮ファンの間で有名な話は、バルゴンの不思議について。
熱帯のニューギニア出身なのに冷凍怪獣!なのに水に弱い!周りを凍らせた氷が溶けたらどうするの! 
自己矛盾してないか! などという愛ある突っ込みが出来るところが、また愛おしい。
高山良策氏(ウルトラシリーズでお馴染み)製作によるヌイグルミも、愛嬌があり、縦に閉じるまぶたがキュート。
また、本作ではガメラも凶悪な面構えと基本四足がカッコイイ。

最も好きなのが、大阪城でバルゴンが虹色光線を放射するシーン。
夜、凍る街で、いきなり虹を映し出す意外性と、その妖しい美しさ。
シネスコ画面を横断するスケールといい、本作
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ガメラは子供の味方である。第三作「ガメラ対ギャオス」以降それを全面に押し出した作品となり、それはそれでゴジラと一線を画す特撮物として成功したと言えるだろう。子供(特に男の子)は怪獣が好きであるし、大映の永田社長もその路線を推し進めて以後のシリーズ化に成功した。
で、第二作となるこの作品は、そういった子供の出演のない唯一のアダルトなガメラである。
実はバルゴンのタマゴであったオパールを巡る欲望のぶつかり合いや、バルゴンを水の中に引き込むためのウン百?カラットのダイヤさえ奪おうとする悪役の強欲さは、同じようなシチュエーションの怪獣映画で言えば東宝の「ドゴラ」と双璧か。
時代背景と言ってしまえばそれまでだが、平成ガメラの三部作のような路線へ向かっても良いような、ゴジラとは逆のアンチテーゼな作品ともなり得ただろうに、それでは興行収入が見込めないために冒頭の設定にされてしまったガメラ。
ガメラにできなかった事は、「大魔神」や「宇宙人東京に現る」などで表現したのだが、やはり時代はそれを受け容れなかった。
日活の「大巨獣ガッパ」、松竹の「宇宙怪獣ギララ」もどちらかといえばアダルトな怪獣映画で、共に単発的な物であり続編が作られるような内容ではなかったのでそれっきり特撮物には手を出していない(「吸血ゴケミドロ」とかはあったけどね)。
脳天気
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック