通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大川周明 アジア独立の夢 (平凡社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆全体的に使用感があります。小口に汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大川周明 アジア独立の夢 (平凡社新書) 新書 – 2012/8/12

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2012/8/12
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 317

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大川周明 アジア独立の夢 (平凡社新書)
  • +
  • 大川周明  ある復古革新主義者の思想 (講談社学術文庫)
  • +
  • 回教概論 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥2,980
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

大川周明を所長とする東亜経済研究所附属研究所。それは“スパイ養成学校"だったのか? 彼らの証言を基に知られざる物語を探る。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和十三年、東京西郊に、ある“私塾”がつくられた。思想家・大川周明を所長とする東亜経済調査局附属研究所。外務省、陸軍、満鉄が出資し、日本の南方進出に貢献する人材を育てることが目的とされた。二年間の修学の後、卒業生は東南アジア各地に渡り、戦争の裏面や独立運動の進展に関わることになる。卒業生への聞き取りと資料をもとに“知られざる教育機関”の実態を明らかにする。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 305ページ
  • 出版社: 平凡社 (2012/8/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582856519
  • ISBN-13: 978-4582856514
  • 発売日: 2012/8/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 540,675位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

本書には、スリッパで…とあるが、東条英機を叩いたのは“平手”でしたね。
それ以外はあまり知らない人だったので、購入しました。 

大川周明は、思想家として著述に係わる一方で、五・一五事件に関与し、昭和
10年代には外務省、満鉄、陸軍などの後援を得て、通称「大川塾」を設立。
東南アジア諸国の独立を勝ち取るための人材を育成、現地へ派遣した。
本書は「大川塾」の元塾生に取材し、彼らが書き残した資料を基に、知られざる
「大川塾」の実態と、大川周明の実像にせまるルポルタージュだ。

著者は『戦争を境に世界はあまりに大きく変わった。アジア各国の独立はその最たる
ものだろう。そしてその変化の前後を体験として知る人はごくわずかな数になった。』
と語る。
そのためだろうか。
前書きに『これから大川塾について書くことで何らかの結論を述べるつもりはない。』
『例えば「日本があの戦争を戦ったのは正しいことだった」…等々は、私にとって結論や
意見の範疇にある。』と、わざわざ言い訳がましく、書かねばならなかったところに、
その苦衷が現われている。
元塾生が語る『(自分たちの話をこどもに)…しても通じないんじゃないの?孫なんて
僕らか
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアー 投稿日 2012/10/31
Amazonで購入
一概に断ずることは出来ないが、彼らの中にアジアのひとびとを同朋と思う意識はどれだけあったのか。
覇権をめぐって世界を見下ろす現在のアメリカのネオリベラリズムの思想と似ていたのではないか。
そう強く思う。

大川周明、山形県飽海郡(あくみぐん)荒瀬郷藤塚村生まれ。
熊本の5高に進み東京帝国大学。
この流転が大川の思想を決めたように思えてならない。
山形の空は低く灰色で埋もれるような気がする。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 と最初は思いました。でも読んでみたら、ある意味今
年いちばん感動した本でした。何はともあれ、竹内好、
橋川文三の両先達が大昔に指摘した教育者としての大
川周明の活動を究めてくれたことに、まずは敬意を表し
たいと思います。
 彼が設置したその大川塾でのカリキュラムや寮での生
活については、ひとまずおいておきましょう。ここで書いて
おきたいのは、副題にもある塾生の卒業後の行動につい
てです。それは主として民間でのものであり、一概にスパ
イ活動とは言い切れないものの、かなり際どくそれ故に
スリリングなものでした。
 開戦時のマレー作戦での支援活動は、よしとしておき
ましょう。しかし、その後のベトナム、ビルマ、インドでの
陸軍と協調しての独立支援は、軍の都合に振り回され、
戦局が悪化すればそのまま見捨てられさえしています。
そんな彼らの姿から、目を離すことができませんでした。
悪名高き服部卓四郎、辻政信らに仕切られ、果ては、
インパール作戦悲劇の将、佐藤幸徳中将に付き合うこ
とになるとは、何という運命なのでしょうか。
 常にアジアと共にあろうとし、そのために「正直と親切」
を信条とするだけで
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告