通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大山倍達の遺言 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】【保障付】概ね良好なコンディションです。カバーに少し汚れがあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。◆簡易クリーニング済。◆迅速に対応致します。◆ゆうメール配送。◆ビニール防水梱包発送。◆ポスト投函。※万が一検品漏れがございましたらご一報ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大山倍達の遺言 単行本 – 2012/4

5つ星のうち 3.5 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 292

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大山倍達の遺言
  • +
  • 大山倍達正伝
  • +
  • 芦原英幸正伝
総額: ¥7,344
ポイントの合計: 173pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

極真会館、大分裂騒動の真実とは?『大山倍達正伝』に続く、渾身ドキュメント。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小島/一志
早稲田大学商学部卒業。講道館柔道、極真会館空手道をはじめとする格闘技の有段者

塚本/佳子
株式会社夢現舎(オフィスMugen)取締役副代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 525ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/04)
  • ISBN-10: 4103014520
  • ISBN-13: 978-4103014522
  • 発売日: 2012/04
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 404,735位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者の方は歴史書であると言っておられますが、だとすると手法に問題点があります。
歴史書である以上その根拠となる文献や出典が明示されなければいけませんが、それらはなく(巻末に参考文献が一冊もないのには驚いた)ほとんど「〜はこう言った」というような伝聞で書かれています。
自分がインタビューし音声記録があるものならそれでもいいのかもしれませんが、自分が出席してない会議などに関して議事録などを提示することもなく「〜はこう思った」などと他者のわかりようもない心情を作者がそうであるかのように書いてしまう手法は歴史書としては失格です。
また著者は以前「芦原英幸伝我が父、その魂」という語りおろしの本にインタビュー相手が話していない内容を勝手に付け加えたとして絶版になるトラブルをおこしている以上、同様のことをしたという疑惑は拭えません。
現在著者は盧山師範の極真館を支持するという立場のようですが、そのために極真会館、新極真会について記述するときに反対する立場の人間の発言をだし、つなぎ合わせることで自分の意見を代弁させてる感があります。
特に個人のプライバシーに属することをみんながこういっていたという噂で事実のように書いてしまうのは名誉毀損にあたるのではないでしょうか。

おおまかな内容としては本書では

・極
...続きを読む ›
コメント 106人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は極真空手分裂の真実を主観を交えず公平に書いたとされているが、本書の内容を読む限り中立性は感じなかったし、思い込みによる事実誤認や真偽不明の点が多く、主観が多いなというのが正直な感想。

それは例えば、極真分裂の片一方の当事者であり、著者である小島氏と絶縁状態の新極真会の会議の様子の記述からもうかがえる。

本書では、新極真会の会議の様子を会話を交えて書いているのだが、そもそも新極真会から取材拒否を受けている小島氏が会議の内容を知る事などできないのだ。少なくとも公的には取材できない。録音も議事録もないはず。小島氏が新極真会の会議内容を知るとしたら、非公式な伝聞によってでしかないのだ。
それなのに会議の内容がやたら克明に書かれている点にまず疑問を感じる。

仮に会議の発言内容は伝聞によって正しく知り得たとしよう。
だが本書では、会議出席者の表情の描写までしているのだ。
「三瓶の表情は明らかに焦りの色が浮かんでいた」とか、「大濱はふてぶてしい態度を崩すことなく」という記述がある。
なぜ会議に出席していない小島氏が出席者の表情までわかるのか?
それは小島氏が想像で書いているからではないだろうか?
本書は、主観を排除して書いたと言っているが、「ふてぶてしい態度」とか「
...続きを読む ›
コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他の方が書いているように最初から結論ありきでいろんな人から聞いた話を都合よくつなぎ合わせただけのような気がします。
とくに松井派に次ぐ団体である新極真会からは2006/11から取材を拒否されています。それから5年以上も経過しているのに、本当に真摯な取材ができて裏付けのある記事が書けているのか非常に疑問です。
本書出版までの間に著者はハワイーアメリカーブラジルーヨーロッパ―ロシア、と世界の極真会館の道場を回ったそうですが、新極真会との5年間の空白期間を埋めるだけの取材をしてきたのでしょうか?
極真会館から別れた各団体の評価についても、あるときは系譜だったり大会の規模だったり選手の質だったり武道精神だったり、、、その時々で評価の基準がばらばらで何を言いたいのかすら不明です。
肝心なところでは証人が匿名となり、その匿名となった証人と思しき方々からブログ上で本書の内容に誤りがあると指摘されています。その中にはある団体の長もおられます。
せめて著者のブログ上だけでも指摘された点については見解を出すべきではないでしょうか?

同時期に発売されたルポタージュとして「ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (講談社:安田浩一著)」があります。
本書と同様に立場の異なる人物を取材することで実体に迫る点では本書と同様の作
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
遺言でもなんでもない。

松井にゴマすり、三瓶、緑を悪人に仕立て上げるために
書いた本と思える。

買わなきゃよかった。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー