通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテー... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21) 新書 – 2011/2/10

5つ星のうち 4.2 63件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
  • +
  • 決断力 (角川oneテーマ21)
  • +
  • 直感力 (PHP新書)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

すべては決断から始まる。勝敗を左右する判断。直感と経験はどちらが正しいか。現役最強の著者が勝負の哲学を徹底公開する決定版。大ベストセラー続編

内容(「BOOK」データベースより)

考え抜いても結論がでなければ「好き嫌い」で決めていい。年齢を重ねるごとに強くなる「大局観」の極意を公開。60歳、70歳でも進化する勝負の法則、直感力・決断力・集中力を極める。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 234ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047102768
  • ISBN-13: 978-4047102767
  • 発売日: 2011/2/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,657位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
新聞広告を見て、羽生氏のような一流の勝負師が普段どんなことを考えているのか気になって、手にとった。
内容は将棋や勝負にまつわるエッセイで、状況の見方(=直感と読みと大局観を駆使)やツキ、運など、興味深い話題が多い。特に第三章の「負けること」は、羽生氏の若い頃の対戦への述懐も含め、じっくりと読んだ。
いちばん心に残ったのは最後の一行。

「何のために闘うのかは、七十歳になってからじっくり考えたいと思う。p234」

最強と言われる棋士にしてこの言葉である。羽生氏の目に映っている世界は、凡人の目には決して見えることはないのだとは思う。が、いくつか愛読書も紹介されていたので、合わせて読んで見たい。ひょっとすると超人の世界を垣間見ることができるかもしれない。

...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
決断力に引き続き読ませていただきました。途中文章が読みにくい箇所が少しありましたが、おおむねスッキリ読むことができました。将棋のプロは、何千手も読んでいるというよりは、膨大な手の中から選択肢を絞って、三つくらいの中から考えている。その3つに絞るまでの力は、多くの対局をこなすことで育てられる。そして試合全体を見通す大局観によって棋士は指すようになる。コンピューターや、理論研究よりも、熟練の腕がまだ将棋では勝っているようですが、いずれコンピューターに負けるようになったときに棋界がどうなるのかも興味深いところです。将棋指しといえば、ホテルで、優雅に指していて羨ましいと思いましたが、負け続ければ、職を失うという厳しい世界でもあるのですよね。今回も非常に興味深く読めました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
勝負の現場やそこに至る準備過程での、様々な決断を支える現役最強将棋プロ棋士・羽生さんの考え方がわかりやすい言葉で描かれています。

将棋の世界では、以前は20代が最強と言われていた時期もあったようなのですが、40代半ばに突入した羽生さんは現在でも三冠を保持し、定説を吹き飛ばす活躍を続けています。

著者曰く「60歳、70歳でも進化はできる」という考えを証明する、直感力・決断力・集中力を高めるための視座は、ビジネスの世界を含め、多くの人に学びを与えてくれます。

例えば、棋士の修行の1つとして、江戸時代の長手数詰将棋に取り組むということがあるそうです。実際の対局では現れそうにない手筋も駆使して、実戦よりもはるかに長手数で詰めあげていく、一種の芸術作品だとか。

凡人からすると「実際に役立つという意味では、実戦に出てきそうな研究に時間を割くべきでは」とか考えてしまうのですが、羽生さんの発想は一味違います。

『解けないような問題にあえて取り組んでみて、様々な能力を同時に使わなければできないこともたまにやってみることで、地道なロジックの組み立てと感覚を磨くバランスを保つのです』

なるほど・・・。発想のレベルが違いますね!

将棋に限らないかもしれませんが、やはり一芸を極めた人の言葉には耳を傾けるべき要素が含まれているなと再認識しました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
将棋棋士ならではのエッセイ集です。日頃の勝負ごとで感じたことや心得などを中心に、将棋以外の一般的な生活にも当てはまるようなヒントや事柄などにも言及する力量はさすがだと感じます。
また、将棋以外での分野の例え話(スポーツ、文学、政治など)が絶妙に素晴らしく、プロの文筆家までは行かなくても、十分納得出来るような読み物になっています。
「大局観」と言うタイトルも同著者作品の「直感力」に比べたら、本書全体的には構成されていて意味のあるタイトルとなっています。
単なるエッセイなので、「大局観」には結論があるわけではありませんが、
将棋の第一人者の考え方に触れる良書であることは間違いないです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー