通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテー... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに若干スレが有りますが綺麗な本です。丁寧な梱包で24時間以内の迅速な発送を心がけております。なお帯は付いていません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21) 新書 – 2011/2/10

5つ星のうち 4.2 63件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 14

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
  • +
  • 決断力 (角川oneテーマ21)
  • +
  • 直感力 (PHP新書)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

すべては決断から始まる。勝敗を左右する判断。直感と経験はどちらが正しいか。現役最強の著者が勝負の哲学を徹底公開する決定版。大ベストセラー続編

内容(「BOOK」データベースより)

考え抜いても結論がでなければ「好き嫌い」で決めていい。年齢を重ねるごとに強くなる「大局観」の極意を公開。60歳、70歳でも進化する勝負の法則、直感力・決断力・集中力を極める。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 234ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047102768
  • ISBN-13: 978-4047102767
  • 発売日: 2011/2/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,807位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 JunMoai トップ500レビュアー 投稿日 2016/11/30
形式: 新書 Amazonで購入
当方、将棋には詳しくありませんが、人生に於いて非常に有力な書籍だと確信するほど良本に感じました。
掻い摘んで説明すると大局観とは「木を見て森を見ず」と対極の位置を指す言葉で、極めると思考の無駄を省き、スッキリとした頭で明白に物事を判断出来るようになると述べてました。

つまるところ、膨大な手段が交錯する将棋の手を読むには深く考察せず、切り替えが重要であり、それには経験を積み、体感を聞き、知ることで養うことが出来るらしい

短文形式なので非常にテンポが良く理解しやすい文章なのも嬉しい。かなり有意義な情報満載ですので読んで見ると良い
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
勝負の現場やそこに至る準備過程での、様々な決断を支える現役最強将棋プロ棋士・羽生さんの考え方がわかりやすい言葉で描かれています。

将棋の世界では、以前は20代が最強と言われていた時期もあったようなのですが、40代半ばに突入した羽生さんは現在でも三冠を保持し、定説を吹き飛ばす活躍を続けています。

著者曰く「60歳、70歳でも進化はできる」という考えを証明する、直感力・決断力・集中力を高めるための視座は、ビジネスの世界を含め、多くの人に学びを与えてくれます。

例えば、棋士の修行の1つとして、江戸時代の長手数詰将棋に取り組むということがあるそうです。実際の対局では現れそうにない手筋も駆使して、実戦よりもはるかに長手数で詰めあげていく、一種の芸術作品だとか。

凡人からすると「実際に役立つという意味では、実戦に出てきそうな研究に時間を割くべきでは」とか考えてしまうのですが、羽生さんの発想は一味違います。

『解けないような問題にあえて取り組んでみて、様々な能力を同時に使わなければできないこともたまにやってみることで、地道なロジックの組み立てと感覚を磨くバランスを保つのです』

なるほど・・・。発想のレベルが違いますね!

将棋に限らないかもしれませんが、やはり一芸を極めた人の言葉には耳を傾けるべき要素が含まれているなと再認識しました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 稀代の棋士である作者の本を読むのは二冊目である。

 本書で興味深かったのは201頁でのコンピュータ将棋と人間の将棋との比較の部分だ。作者はこう言っている。

 「コンピュータ将棋というのは、基本的に、可能性のあるあらゆる手をすべて読んで、最善手を探していく。(中略)
  一方、人間の場合は、将棋の実力が上がっていけば上がっていくほど、考える手はだんだん少なくなっていく」

 「たくさんの手を考えるコンピュータと、極力手を考えない人間。その違いは鮮明だと思う」

 僕は「人間はコンピュータを『人間が考えるように考える機械』を目指してきた」と思って来た。例えば「2001年宇宙の旅」で描かれるコンピュータHALは、人間と同じように考え、ある種の感情を持ってしまうことで起きた悲喜劇を描いていた。あのころのコンピュータに関する方向性は、人間に近い思考能力を目指すということだったと理解していた。

 それに対して著者はそもそも「考えない人間」という強烈なアンチテーゼをここで提出していると読める。「考えている間はまだまだ駄目だ」という意見を出しているわけだ。

 当たり前のことながら、将棋とは考え抜くゲームである。著者のいう「考えない人間」という言葉は、その「考え
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
あまりにも有名な棋士である羽生さんが、「大局観」という題名で彼のいろいろな考えを綴った本。

本を読んでいるというより、羽生さんと飲み屋で話しているかのような、わかりやすい語り口。取り上げられているトピックも、感情のコントロール、リスクをとること、集中力、毎日の練習の効果、負け方、目標設定、直感、確率、運、スターの資質、将棋とチェスの比較等、多岐にわたる。また、例として出てくる人も、歴代の棋士はもちろん、勝間和代、長嶋茂雄、松下幸之助、手塚治虫など、幅広く、羽生さんの見識や交流の広さを垣間見れる。

しかし、本書には、大局観とは何か、またどのように身に着けるのか、についての明確な答えは無い。前作の「決断力」と比べると、メッセージ性が少なく、「大局観」の周りの要素について、著者の考えをバラバラと述べているだけ、という印象がある。また、「決断力」と比べて、将棋に関する事例が多いとも感じる。

羽生さんの考えに触れたい人や棋界に興味のある方にはお勧めするが、前作の「決断力」のような明快さを求めると、肩透かしを食うかもしれない。

それでも、一番印象的だったのは、「大局観」とは直接関係ないが、著者が最後に述べている「私はこれまで、何と闘うという目標を立ててやってきていない。(中略)常に無計画、他力志向である。突
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー