ポイント: 18pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 9月26日 日曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日9月 25日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
大学病院の奈落 がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥230 ): 9月26日 - 27日 詳細を見る
最も早いお届け日: 9月26日 日曜日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◇◆amazon専用在庫◆◇ Amazonコンディションガイドラインの「良い」に該当するコンディションとなります。防水梱包にて迅速に発送いたします。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。状況に応じて返金・返品の対応をさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

大学病院の奈落 単行本 – 2017/8/25

5つ星のうち3.8 35個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,760
¥1,760 ¥7

よく一緒に購入されている商品

  • 大学病院の奈落
  • +
  • 大学病院のウラは墓場―医学部が患者を殺す (幻冬舎新書)
  • +
  • 知ってはいけない 医者の正体 (SB新書)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

群馬大学病院の手術で8人死亡 なぜ執刀医を止められなかったのか

「腹腔鏡手術後八人死亡 高難度の肝切除 同一医師が執刀」(「読売新聞」二〇一四年十一月十四日付朝刊)

群馬大学病院で肝胆膵外科手術を受けた患者が相次いで死亡していた問題は、同紙のスクープによって公になった。一五年度の新聞協会賞を受賞した同紙取材班のリーダーが、紙面では伝えきれなかった内幕や背景を、丹念な取材で丁寧に掘り下げたのが本作だ。

最終的に日本外科学会の調査対象となった死亡例は開腹手術も含め五十例で、そのうち三十例が同一医師の執刀によるものだった。死亡例を数字で見ただけでは、他人事のようにしか思えないかもしれない。だが、本書で描かれる死亡までの経過は、どの患者・家族も苦痛に満ち、惨(むご)たらしい。万が一とは言え、手術を受ければ誰もがこんな恐ろしい目に遭うリスクがあると知るだけでも、本書を読む意味がある。

執刀医のことも、何人もの患者の命を奪いながら、平然と手術を続けられるモンスターのように考えがちだ。だが、取材で浮かび上がった姿は意外にも、「物静かで温和、要領のいいほうではないが、ひたむきに努力する勤勉な人間像」だったという。にもかかわらず、なぜ彼の稚拙で無謀な手術を誰も止めることができなかったのか。

その要因と指摘されている、「白い巨塔」さながらの教授同士の勢力争いや、功名心に駆られる外科医の心理、安全性・有効性評価の倫理的手続きに対する意識の低さなどは、実は同大のケースに限ったことではなく、医療界全体に根深く蔓延(はびこ)る問題でもある。

大学、学会、医学界、厚労省、様々なレベルで再発防止の取り組みがされているが、それを表面的なもので終わらせないためには、この問題から多くの医師に学んでもらう必要があるだろう。「被害者」になりうる一般読者だけでなく、とくに医学生や研修医に、自分が将来「加害者」にならないためにも、本書を読むことを強くお勧めしたい。

評者:鳥集 徹

(週刊文春 2017.10.26号掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

群馬大学病院第二外科で、患者18人が連続死していた!未熟な技量で高度医療に挑む「野心家」医師と、ポストに執着する教授たちが引き起こした惨劇。なぜ変わらないのか。なぜ変われないのか。終わりなき「白い巨塔」―。新聞協会賞受賞記者が書き尽くした、驚異の医療ノンフィクション。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 講談社 (2017/8/25)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/8/25
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 282ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4062207583
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4062207584
  • 寸法 ‏ : ‎ 13.4 x 2.1 x 19.3 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 35個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
35 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2017年11月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年10月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年2月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年11月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年11月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年2月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。大鏡