¥ 821
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大学大倒産時代 都会で消える大学、地方で伸びる大学... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

大学大倒産時代 都会で消える大学、地方で伸びる大学 (朝日新書) 新書 – 2017/8/10

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1,399
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大学大倒産時代 都会で消える大学、地方で伸びる大学 (朝日新書)
  • +
  • 理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)
  • +
  • まねる力 模倣こそが創造である (朝日新書)
総額: ¥2,377
ポイントの合計: 59pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2018年、受験人口の減少と地方の衰退により、大学は激変期に突入!
東大・京大など旧帝大系で格差が拡大し、
早慶・MARCH・関関同立など都会の有力校でも
地方の国公・私立大でも生き残り競争がさらに熾烈に!
新視点の指標で、大学の運命を実名で明らかにする。


【序章】なぜ「大学大倒産時代」なのか
●文系主体の私大がまず危機に陥る
●大学倒産は政府の展望なき政策が引き起こす
●軍事研究に手を出す工学系研究者
●天下り問題に見る、文科省と国立大学の危うい関係
●私立大学は生き残るために天下りを積極利用

【第1章】データで読み解く大学教育の現状
●大学が消滅すれば地方も沈没
●東京以外の全大学の40%が定員割れで大学倒産も続出か
●関西の産近甲龍の科研費伸び率が目立つ
●特別補助の多い私立大に注目
●定員超過を定員増申請によって解消
●国立大にもある定員超過
●定員割れを定員減で逃げるのは一時しのぎ
●中退率2%のライン
●専任教員の割合が少ない大学は心配だ
●一般入試の比率が低いと、2020年入試改革に直撃される
●倒産の大波は全大学に及ぶ

【第2章】志願者を囲い込む有名私大
早慶上智とMARCH、そして関関同立の分かれ道――
●東京の15私立大学だけで私立大総志願者の3割近くを占める
●慶応上智は受験生の質を重視か
●合格者数上位の高校名でわかる大学学部別受験生事情
●「大学ランキング」に見る大学の強みと弱み
●科研費と司法試験実績は?
●就職力はどうか?
●早慶文系は10年前よりも学費ダウン
●大学こそ人間形成の原点
●関西圏の勢力図は?

【第3章】明暗を分ける都会派中堅私大
成成明國武、日東駒専、大東亜帝国、産近甲龍の「崖っぷち作戦」
●強気の定員増を申請した東の明治大と西の近畿大
●1990年代とは様変わりの各大学の姿勢
●医学部の有無が左右する科研費
●「成成明國武」は人気上昇中
●中堅私立大学地方キャンパスの存在意義
●苫小牧駒沢大学の「身売り」に見る地方系列大学の悲哀
●一躍注目された京都産業大学の「幻の獣医学部」
●警察官や消防官が多い中堅私大の就職状況

【第4章】活路を切り開くローカル中規模大学
●自治体お抱えの地方私立大が大量出現
●地方私立大の「逃げ恥」作戦
●公私協力方式の私立大でも公立化に挑戦
●公立化は良いことばかりではない
●公立大学のDNAは地域貢献
●地域活性化にパワーを発揮している地方私立大

【第5章】有力国立大学も格差が拡大
●高偏差値の一橋大学がなぜ低評価なのか
●「世界最高水準の教育研究」とはどのように測るのか
●アメリカは大リーグ型、日本は甲子園型
●東京大学と経団連の「蜜月すぎる関係」が始まった
●旧帝大系も地元の地域社会で足場を築かねばならない
●真価を発揮した名古屋と京都、追う大阪、九州
●広島、金沢、千葉など有力大学の改革が意図するもの
●入試の多様化は人材の多様化にるながるのか

【第6章】冬の時代の地方国立大学のチャレンジ
●64%の国立大がなぜ「地域活性化の中核」を選んだのか
●教育系の国立単科大の軽視は文系軽視論と同じ文脈
●強力に進めるべきCOC+プロジェクト
●ユニークな国立大学新学部が続々登場
●地域科学で先駆者の岐阜大学
●学内改革と他大学との連携で古い殻を破る
●すべての国立大学が懸念する若手教員層の先細り

【第7章】不要論まで出た女子大はどう生き残るのか
●共学化して成功した武蔵野大学
●女子の選択――第3の働き方
●女子高生の職業意識も変わりつつある
●女子大志願者数トップの日本女子大学はスケールメリットを狙う
●武庫川女子大学は、女子高生のニーズに敏感
●津田塾大学は総合職キャリアに的を絞る
●昭和女子大学は、お嬢様大学から即戦力育成へ
●関西の女子大学は安定して強みを発揮
●相模女子大学のユニークな地域貢献活動
●福岡女子大学は、国際性で女子大ランキング2位
●資格で勝負する女子栄養大学の強み
●資格取得だけにこだわらないキャリアも育てる

内容(「BOOK」データベースより)

18歳人口の本格減少と地方の衰退が、全国の大学を直撃!どう生き残るか!?すでに熾烈な戦いが始まっている!まず、地方の中堅私立大学が危機に陥り、都市の私立大学下位校に連鎖する。有名私大も安閑としてはいられない。旧帝大系などの有力国立大でも、格差が広がる。15年後には、100校が消滅している―。「悪夢」と「希望」が交差する現状を徹底分析!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2017/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022730951
  • ISBN-13: 978-4022730954
  • 発売日: 2017/8/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,710位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年8月20日
形式: 新書
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年8月13日
形式: Kindle版|Amazonで購入
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年8月18日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年8月14日
形式: 新書
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告