+ ¥350 配送料
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに多少キズあり。本文良好です。≪できる限り商品の状態を記載しておりますが、中古品のためヤケ・ヨゴレ・スレ・キズ・書き込み・角折れなど見落としある場合がございますのでご理解をお願い致します。≫
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


大学入試 生物I・IIの点数が面白いほどとれる問題演習 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2006/5/11

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,280
¥1,280 ¥2
お届け日: 9月27日 - 29日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

「生物」は、受験者数のわりに参考書の数が少なく、また、出ている参考書もレベルが高すぎたり、解説が少なかったりと、自学自習可能な良書はきわめて少ないのが現状です。
 一部の難関大や医薬系学部を除けば、ほとんどの入試問題は「基礎」事項の理解を問う目的で作成されています。わかりにくい参考書を使い、消化不良を起こしたまま入試を迎えてしまった受験生が、確実に得点できる問題でボロボロ失点し、入試で不本意な結果を残す……こんな悲劇が、毎年全国各地で繰り返されています。
 では、生物の入試で問われる「基礎」事項とはいったい何か……本書は、その解答を導きます。

 この本には、

 ●入試の基本~標準レベルの良問を、教科書の単元順に約80題収録

 ●設問の解説に入る前に、設問を解くうえで前提となる基礎知識を「松尾のポイントレッスン」として板書形式で提示

 ●設問の解説は、生物初心者でも十分理解できる親切さ+わかりやすさ。また、自分の頭を使って考えさせるしかけも満載

 という3つの特長があります。

 やさしすぎず難しすぎない適切なレベルの問題を使い、解説で基礎事項を体系的に網羅した演習書……このようなコンセプトをもつ生物参考書は、本書をおいて他にはないと断言します。この本を、生物入試対策の決定版として、すべての受験生に捧げます。

著者について

松尾 友香(まつお ゆうか)
 代々木ゼミナール生物科講師。丁寧でまとまった板書、思考力が身につくロジカルな説明、チャーミングなその容姿によって、近年人気が急上昇している若手講師。
 本書がデビュー作。

登録情報

  • 発売日 : 2006/5/11
  • 単行本(ソフトカバー) : 264ページ
  • ISBN-10 : 4806124281
  • ISBN-13 : 978-4806124283
  • 出版社 : 中経出版 (2006/5/11)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価