¥3,850
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
大学の組織とガバナンス (高等教育研究論集) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大学の組織とガバナンス (高等教育研究論集) (日本語) 単行本 – 2019/3/29


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/3/29
¥3,850
¥3,850 ¥3,790
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 大学の組織とガバナンス (高等教育研究論集)
  • +
  • 大学論を組み替える―新たな議論のために―
  • +
  • 大学改革の迷走 (ちくま新書)
総額: ¥8,140
ポイントの合計: 106pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

日本の大学組織やガバナンスの実態と改革方途を根本的に考える。

欧米や東アジアの大学改革と比べ、この30年のうちに大きく遅れを取っている日本の問題は、研究の質的量的劣化と大学の組織改革・ガバナンスである。90年代大学大綱化から始まり国立大学法人化を経て様々な改革が進められてきたが、見るべき成果はない。本書は研究の薄い日本の大学組織・ガバナンスについて、大学政策論、法人制度、組織理論、管理運営マネジメント論、学長リーダーシップ論、学長選考システム、大学職員論、大学団体論など多様な視点から切り込んだ、第一級の大学総合的研究である。大学学長や理事をはじめ、関係者必読の高等教育研究論集第1巻。

内容(「BOOK」データベースより)

欧米や東アジアの大学改革と比べこの30年のうちに大きく遅れを取っている日本の問題は、研究の質的量的劣化と大学の組織改革・ガバナンスである。90年代大学大綱化から始まり国立大学法人化を経て様々な改革が進められてきたが、見るべき成果はない。本書は研究の薄い日本の大学組織・ガバナンスについて、大学政策論、法人制度論、組織理論、管理運営マネジメント論、学長リーダーシップ論、学長選考システム、大学職員論、大学団体論など多様な視点から切り込んだ、第一級の大学の総合的研究である。

続きを見る

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: 東信堂 (2019/3/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479891536X
  • ISBN-13: 978-4798915364
  • 発売日: 2019/3/29
  • 梱包サイズ: 21.8 x 15.6 x 3 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 432,782位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません