中古品
¥ 198
+ ¥ 250 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。■Amazonコンディションガイドライン「良い」商品です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


大国日本の幻―バブルの興亡とその教訓 単行本 – 2002/3


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 173
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

決定版 バブルの総括
いまなお続くバブルの後遺症!狂乱の大繁栄の仕掛人は誰か?

〈主な内容〉
●熱病と業病
●日米金融摩擦
●中曽根民活
●長期低金利
●ブラックマンデー
●証券の腐食
●アメリカ買い
●財テクブーム
●踊るマネー
●平成元年の変
●バブル潰し
●危機の幕開け
●銀行の転落
●大蔵省の綱渡り
●神話崩壊
●A級戦犯
●バブルの教訓

1980年代半ばから90年代前半にかけて「バブルの発生と崩壊」という巨大な経済の興亡史があった。
日本人の多くはまるで熱病に冒されたようにバランス感覚を失い、株高や土地高が永遠に続くという幻想に取り憑かれていた。空前の「日本の絶頂期」、個人や企業の行動原理に何が起こったのか?「栄光と狂乱の時代」を招いた真因は何であったのか?――歴史的視点から総合的・多角的に検証する。

内容(「BOOK」データベースより)

日本人の多くはまるで熱病に冒されたようにバランス感覚を失い、株高や土地高が永遠に続くという幻想に取り憑かれていた。空前の「日本の絶頂期」、個人や企業の行動原理に何が起こったのか?「栄光と狂乱の時代」を招いた真因は何であったのか?―歴史的視点から総合的・多角的に検証する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 532ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062108046
  • ISBN-13: 978-4062108041
  • 発売日: 2002/03
  • 梱包サイズ: 20 x 14.2 x 4.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,613,645位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう