一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
大国の不安と同盟国の影響力―ベルリン危機をめぐる米... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
お届け日 (配送料: ¥350 ): 4月23日 - 24日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 若干使用感ありますが、目立った傷みなく良好です
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

大国の不安と同盟国の影響力―ベルリン危機をめぐる米独関係 単行本 – 2013/5/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/5/1
¥6,160
¥6,160 ¥2,929

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

相対的な弱者は、同盟離脱を示唆することで大国に影響力を行使できる。その鍵となるのは大国に「失う不安」を与える自らの不安定な立場である―3度のベルリン危機をめぐる米独関係を事例として、これを検証する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

今田/奈帆美
東京外国語大学外国語学部卒業。上智大学大学院外国学研究科国際関係論専攻博士前期課程修了。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科国際政治学専攻博士後期課程修了。博士(国際政治学)。現在、防衛大学校総合安全保障研究科特別研究員、青山学院大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 国際書院 (2013/5/1)
  • 発売日 : 2013/5/1
  • 単行本 : 266ページ
  • ISBN-10 : 4877912452
  • ISBN-13 : 978-4877912451

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません