中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大和撫子紫電改 (ジョイ・ノベルス・シミュレーション) 新書 – 2011/6/16

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

土の四割が被災する未曾有の大災害より奇跡の復興を遂げた大日本帝国。
だが文民宰相による外交上の失敗が、日本を新たなる危機へ陥れようとしていた。

そうした焦臭い世界情勢のなかで迎えた1945年、海軍航空本部長の深津大悟中将は
山本五十六GF長官より、米国との開戦を想定しての本土奇襲計画を立案するよう密命を受ける。
深津は長期航海の経験となるも米国との開戦を避ける手段として、欧州のユダヤ難民を
極東に迎え入れる海上輸送計画への参加を決め、派遣船団の護衛戦隊司令となる。
待ちかまえる悲劇を未だ知らず欧州へと向かう、戦艦から遊撃空母に生まれ変わった [扶桑] の
艦上には、トンキン湾空戦のエースパイロット千葉貴子中尉の姿があった……。

時代のうねりに翻弄されながらも奮闘する英雄たちの生き様を描いた、あらたなる戦記小説、ここに登場!!

内容(「BOOK」データベースより)

1941年、山本GF長官より、米国との開戦を想定しての本土奇襲計画を立案するよう密命を受けた海軍航空本部長の深津中将は長期航海の経験ともなり、かつ米国との開戦を避ける手段として、欧州のユダヤ難民を迎え入れる海上輸送を計画、みずから派遣船団の護衛戦隊司令となる。待ちかまえる運命を未だ知らず欧州へと向かう、遊撃空母“扶桑”の艦上にはトンキン湾空戦のエースパイロット千葉貴子中尉の姿があった…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: 有楽出版社 (2011/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4408606375
  • ISBN-13: 978-4408606378
  • 発売日: 2011/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 800,310位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
とある事情で40年ほど早く高度成長を達成した日本のお話。「政治に目覚めた山本権兵衛」がきっかけを作り、海軍の中に
国家があるような1940年代。

作者は強いヒロインが得意ですが、今度は江戸っ子で能力も実力もあるのに「私なんかがこんなに昇進しちゃってどうしよう・・・」。
そんな彼女を部下は慕い、上官も「なりは小さいが男よりでっかい金玉を胸に納めた大和撫子」と評します。

タイトルは「紫電改」ですが、この巻に登場するのは中翼の紫電。でも誉ではなく火星装備で空母運用も可能な「パワーは
力だ」という機体。

普通は「国力をつけた日本が米国相手に奮闘」を予想しますが、ここでは日米開戦を回避するべく大輸送作戦を展開します。
でもすんなりゆく訳はなく、地中海で同盟国たるドイツ相手に戦闘が発生。もとより日独伊三国同盟が怪しい雲行きになって
いたこの世界、米英ソも巻き込んで大波乱の予感。

なんと仏海軍が強いです。不意打ちとはいえ日本戦艦を撃沈、夜襲を仕掛けた日本艦隊を返り討ちにしたり、まっとうに
運用されるジョッフル級空母(史実では未完成)など、ヴィシーフランス海軍に光が当たるのは珍しい。

そして表紙にも登場している名状しがたき艦橋を持
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
国土の4割が被災し、総人口の半分近くが死亡するという大災厄に見舞われた日本。しかし、そこから復興を遂げるのと同時に旧弊を廃して(女性の社会進出が少しだけ進んだ)高度経済成長を成し遂げた日本がある、パラレルワールドの1940年代が舞台。

物語の大きな特徴として、帝国陸軍よりも帝国海軍の方が発言力が強く、文字通り「海軍の中に国家がある」ような状態になっていること。陸軍に力がないことと、大災厄による国力(マンパワー)の低下によって、中国大陸進出も行っておらず、史実よりも海軍戦力が充実しています。(1940年の時点で既に飛燕や疾風、雷電や紫電が登場しています。) しかし、アメリカとの仲の悪さは相変わらず。何としても日本を潰し、中国大陸の紛争(蒋介石VS汪兆銘)に介入して巨利を得たいルーズベルトは策謀を弄し、日本をドイツと同じ枢軸国(悪役)として成敗しようとします。
主人公でありトンキン湾で活躍した女流パイロット、千葉貴子の活躍も見ものですが、政治家・軍人である深津大悟司令や山梨大使(後に首相拝命)の暗闘も格好いいです。日本だけでなく、各国の首脳や軍人達も一様に格好良く描かれており、読者を飽きさせません。(ただ、ドイツ空軍のエース、ヨアヒム・マルセイユがちょっと間抜けに描かれているのは気になりました)

そして何よりも・・・千葉貴子を始めと
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
表紙を飾るのは主人公の上官早乙女大尉、やっと出てきた紫電改、そして微妙な艦橋を生やす空母「山城」。

独海軍ビスマルクが仏海軍リシュリューに撃沈されるという、フランス海軍強いぞ!から始まります。
日本に手を出させたいアメリカと堪える日本。気が付けばイギリスは「日本と戦わずに済むならそれでいい」
という立場に。ソ連も「日本とは穏便に行こう」。

実はウワバミだった「お嬢」こと鏑木大尉、日本映画界の大物達、技術者の面々、フランス海軍の「皇帝」、
キャラクター描写がなかなか。仮想戦記で仁義を切るヒロインというのは居ないんじゃなかろうか。

日本機がシュナイダートロフィーで優勝している世界、実在した機体とは何かが違う大排気量は正義な
方針になっています。

そして本巻のMVPは川島芳子。1巻表紙で主人公が手にもつモーゼルミリタリーの元の所有者だったり。
やっぱり作者は格好良いおっさんと女性を書かせると輝きます。

極力日米開戦は避けたいとは言っても、ハワイとパナマ攻撃の準備を進めざるを得ない情勢、次の手は?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
小説なので読めれば中古でもおっけい。
古本屋で探していたけどなかったので、安く買えてよかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック