¥3,960
通常配送無料 詳細
ただいま予約受付中です。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

大原社会問題研究所100年史(法政大学大原社会問題研究所叢書) (日本語) 単行本 – 2020/4/7


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2020/4/7
¥3,960
¥3,960
「予約商品の価格保証」対象商品。 詳細
この商品の特別キャンペーン プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。
    プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp のサイト上で表示される最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


アウトレット本から掘り出しものを見つけよう!
「社会・政治」カテゴリーの商品をお手頃価格で販売中! 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

1919年2月9日、大原孫三郎によって創立された大原社会問題研究所は、社会問題・労働問題の調査研究のみならず、国内外の図書・資料収集、各種年鑑・紀要・叢書の編集刊行、シンポジウム・セミナーの開催、国際交流といった幅広い活動を展開してきた。創立100周年を迎え、環境・格差・ジェンダー・エスニシティなど現代の諸課題への取り組みもますます注目を集める研究所の歴史をふりかえる。

目次
序章研究所創立前史
一大原孫三郎
(1)大原孫三郎と石井十次
(2)財団法人石井記念愛染園と救済事業研究室
(3)研究所設立準備
二高野岩三郎
(1)高野岩三郎と社会政策学会
(2)高野と同人たち
三米騒動と社会問題調査機関の設立
(1)米騒動のインパクト
(2)社会問題調査機関の設立

第一部大阪時代一九一九~一九三六

第一章創立期の大原社会問題研究所
一大原社会問題研究所の創立
(1)大原社会問題研究所と大原救済事業研究所の創立
(2)両研究所の合併
二高野岩三郎の所長就任
(1)国際労働会議代表事件と高野の東大辞職
(2)森戸事件と大原社会問題研究所
(3)機構改革と高野の所長就任
三研究所の竣工と事業の開始
(1)開所式
(2)『日本労働年鑑』等の刊行
(3)一九二〇年のその他事業
(4)一九二一年の事業展開
第二章財団法人大原社会問題研究所の活動
一一九二二年の財団法人化
(1)財団法人大原社会問題研究所
(2)河上、長谷川両氏の入所問題と助手の辞職
(3)財団法人化の意義
二本格的事業の展開
(1)『大原社会問題研究所雑誌』第一号の発刊と関東大震災
(2)一九二四年の活動
(3)一九二五年の活動
(4)高野所長第三回渡欧前後
三「存廃問題」の発端
(1)マルクス全集刊行計画
(2)いわゆる「存廃問題」
(3)一九二九年の研究所
四一九三〇年代の研究所
(1)高野所長の発病と調査の進展
(2)月次講演会の開催
(3)談話会の開催
(4)研究生制度の創設
(5)社会統計学院の創設と各種講習会

第二部東京移転と法政大学との合併一九三七~一九八五

第三章研究所の東京移転
一東京移転に向けて
(1)研究所存廃問題をめぐる交渉の再開
(2)東京移転へ
二東京柏木での大原社会問題研究所
(1)東京移転後の一年
(2)東京での事業展開
(3)太平洋戦争下の研究所
三敗戦直後の大原社会問題研究所
(1)政経ビルの新事務所
(2)研究所事業の再開
(3)高野岩三郎の死去
第四章法政大学との合併
一財団法人法政大学大原社会問題研究所の設立
(1)法政大学大原社会問題研究所
(2)財団法人化
(3)新事業と大学院棟への移転
二財団法人法政大学大原社会問題研究所の事業展開
(1)研究所人事と資料整理
(2)創立五〇周年と研究活動の広がり
(3)創立六〇周年記念事業
三財団法人法政大学大原社会問題研究所の解散
(1)二度の移転
(2)組織改革
(3)人事面の変化
(4)新たな活動の展開

第三部多摩キャンパス時代一九八六~二〇一九

第五章多摩移転と研究活動の広がり
一多摩移転後の活動
(1)向坂文庫とパソコン導入
(2)国際交流の進展と国際労働問題シンポジウム
(3)調査・研究と研究所刊行物
(4)創立八〇周年記念事業
(5)規程の改定と研究所人事
二二〇〇〇年代の研究所
(1)研究・調査活動
(2)インターネットを通じた情報公開
(3)「開かれた研究所」にむけて
(4)専門図書館・文書館としての活動
(5)人事
第六章研究所の現在
一研究所組織と記念事業
(1)研究員体制の刷新
(2)創立九〇周年記念事業
(3)『日本労働年鑑』第八〇集刊行記念事業
(4)社会・労働関係資料センター連絡協議会第三〇回総会記念シンポジウム
二環境アーカイブズの統合(二〇一三年)
(1)サステイナビリティ研究教育機構「環境アーカイブズプロジェクト」の発足
(2)環境アーカイブズの移管問題
(3)大原社会問題研究所環境アーカイブズの活動
三国際的な研究交流の進展
(1)国際会議
(2)国際交流講演会・国際公開シンポジウム
(3)労働史研究機関国際協会(IALHI)などへの参加
四研究所の諸活動
(1)東日本大震災とその影響
(2)二〇一五年度までの新たな取り組み
(3)第四次中期計画(二〇一六年度~二〇二〇年度)とその後の活動
(4)研究活動
終章一〇〇周年記念事業と研究所のこれから
一一〇〇周年記念事業
(1)一〇〇周年記念サイトの開設
(2)一〇〇周年記念展示
(3)特集「大原社会問題研究所の創設──一〇〇年前の社会問題」
(4)創立一〇〇周年記念シンポジウムの開催
(5)春季総合研究会「経済学部の成立と日本の学知」の協賛
(6)社会政策学会第一三九回大会の開催
(7)ILO・大原社会問題研究所創立一〇〇周年記念国際労働問題シンポジウム
(8)復刻事業
二研究所のこれから

法政大学大原社会問題研究所所員名簿
大原社会問題研究所出版目録
大原社会問題研究所100年の歩み

著者について

法政大学大原社会問題研究所(ホウセイダイガクオオハラシャカイモンダイケンキュウショ)


登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 法政大学出版局 (2020/4/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 458862542X
  • ISBN-13: 978-4588625428
  • 発売日: 2020/4/7
  • カスタマーレビュー:
  • さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません