中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大人養成講座 (扶桑社サブカルPB) 単行本 – 2006/3

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
単行本, 2006/3
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 62,884 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

扶桑社サブカルPBシリーズ創刊!
サブカルチャーのベストセラーの数々が500円になって登場。
サイズは文庫より大きいB6判なのに、定価は文庫よりお安く!
創刊ラインナップは、「大人養成講座」をはじめ「バカドリル」「新しい単位」「だめんず・うぉ~か~1」「大人養成講座」の4冊。
4冊まとめて購入しても2000円!!

出版社からのコメント

「なろうなろう、明日は大人になろう」
「大人研究」の第一人者・石原壮一郎のデビュー作にして代表作。
同僚や上司との付き合い方、仕事相手や取引先との交渉、アフター5の社外活動……さまざまなシーンであなたを救うであろう「大人のテクニック」が満載です。
「あぁ、昔読んだなぁ」というバブル入社の諸君も、フレッシャーズ諸君も、ぜひぜ読んでいただきたい一冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 249ページ
  • 出版社: 扶桑社; PB版 (2006/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594051316
  • ISBN-13: 978-4594051310
  • 発売日: 2006/03
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 564,947位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
大人とはカウンターの内側に立つことが出来る人

大人って何だ、という答えの一つがこれである。
注文を正しくこなせるとか、勘定を間違えないということもあるが、虚礼を虚礼として行えるかというのが要点である。文句を言われようが、嫌味を言われようが、お客である限りは礼を尽くさねばならない。本心を吐露することは決して「正義」ではない。この使い分けと忍耐が、大人の証である。

およそ礼儀というのは飽くまで外見の問題であって、言って見れば本心なんかどうでも良いのである。結婚式にしろ、葬式にしろ、虚礼であることに違いはない。新郎・新婦は常に「前途有望、才媛」であらねばならず、故人は如何に厄介払いでも「惜しい人」でなければならない。
思っても居ない事を云うのは虚礼だ、だから無意味だと云うのでは大人になる資格はない。

そう言った人生のメインイベントから始まって、日本人の誰もが日常で経験する、些細ではあるが、さりとて疎かにできない、大人としての対応の仕方がケース・バイ・ケースで解説してある。
エレベータで上司と二人きりになったとき、電車で乗り合わせた時、子供の褒め方、帰れコール、などなどで、逐一読んでも面白いのだが、これが日本社会を分析した一つの日本人論であり、しかもかなり優れていて、そのことが作用して読み終わっ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一見ふざけた本に見えますが、なかなかどうして本質を突いた指摘が満載されています。
本書は、まず大人の社会で大切なのは自分の演ずるべき役割を認識し役割に忠実であること、と説きます。じゃあ、どう演ずればいいの?という疑問に場面に応じた具体例を挙げて懇切丁寧に解説してくれています。
安っぽい本音より、累々と過去より積み重ねられてきた様式の方がよっぽど筋が通っている、と感じ入ること請け合いです。
要はなりきることが重要で、与えられた役割を場面に応じて楽しんだ者が勝ちっ、てことです!!
これから社会に羽ばたく新社会人と就職予定の学生さんにもお薦めです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これは大人の本音と現実の人間関係社会の矛盾をどうやって調整しあって、摩擦を起さずに泳いでいくかを丹念にガイドした本である。

また人間関係上起こりうる矛盾に、腹を立てずにどうやって付き合っていくかもきちんと説明されている。

三分の二が実践ノウハウ、三分の一がユーモアの構成、しかも挿絵がそれだけでも独立してもおかしくない含蓄のあるメッセージと「大人の」おかしさを十分表している。

これを読んでいると一人でクスクス笑っている自分に気付くので、公共交通の中で読む方はご注意。エンターテインメント読み物としても下手な小説やフィクションよりはるかに面白く、満点に近い。その面白さは我々が常に直面している事柄に沿って書かれているからだ。

思うに著者は非情なまでの現実主義なのにそれを押し付けることなく、たんたんとユーモアを交えながら説いているので、お仕着せとか説教くささを全く感じないのは、著者の同時に持つ優しさのせいかもしれない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
大まじめな顔をして、思いっきりふざけながら、 「大人とは何ぞや」 という哲学的な命題に鋭く迫る、大人による、大人のための、大人の本だ。
冠婚葬祭の「本当に実用的な」知識や、「真の大人」を目指す新入社員は必ず身につけておくべきビジネスマナーなど、ホットな話題が分かりやすい挿絵と「ふふっ」と小さく笑いそうになるコメント満載で説明されている。
この本を読んで笑うことができれば、かなりの大人だといっていいだろう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告