この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大人は判ってくれない―野火ノビタ批評集成 単行本 – 2003/10

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,995

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

漫画家であり現在もいち“オタク”である野火ノビタ=榎本ナリコによる内部からの“オタク”評論。

内容(「MARC」データベースより)

漫画家であり、現在もいち「オタク」である野火ノビタ=榎本ナリコによる、内部からの「オタク」評論。「新世紀エヴァンゲリオン」からやおい論まで綴る。庵野秀明、斎藤環との対談も収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 321ページ
  • 出版社: 日本評論社 (2003/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4535583676
  • ISBN-13: 978-4535583672
  • 発売日: 2003/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 580,200位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 まず「新世紀エヴァンゲリオン」での精神分析があり、冨樫義博著作の「HUNTER×HUNTER」、「幽☆遊☆白書」について書かれているのですが、「エヴァンゲリオン」、「幽☆遊☆白書」についてはあまり詳しくないので割愛させて頂きます。

 「HUNTER×HUNTER」について、私が1番印象に残ったのはゴンとヒソカについての『生』についての問題でした。

コミックス(集英社)3、4巻にあたる「ハンター試験」での「第4次試験」。ゴンはヒソカのプレートを奪い、自分のプレートを他の受験者に奪われ、最終的にヒソカに「生かされる」ことになったゴン。ここでのゴンの『生』について書かれています。

ヒソカに「生かされる」という事は、ゴンは生きていてもいつも死が付き纏う事。ヒソカの行動次第でいつでも死ぬという事。

更にゴンがヒソカから『生』を自分の手に取り戻す時などについて書かれています。

他にも「レベルE」、「幽☆遊☆白書」の2つの作品を挙げての作品の背景についての考察がしてあります。

とても読み応えがあり、自分も考えつつ読む事ができました。

 「やおい」については、野火のびた(榎本ナリコ)さん自身の経験や周りの方の経験も少し含みつつ書かれているので、
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
野火ノビタ=榎本ナリコ氏による批評集成本。(同人誌で発表済みのものと書き下ろしもあり)エヴァ、幽白、やおいについて真面目に語る内容は読み応えがあります。特にやおい論については同じくやおい愛好家としては非常にフムフムと納得でき、わかりやすい分析に感動することしきり。女性ならではの視線=「関係性への同一化」には目の覚める思いがしました。何よりご本人がオタクであることを自認されておられる姿はすがすがしいです。おススメです!
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「幽白をはじめとした富樫義博作品」「エヴァ」が少しでも好きな人は絶対に読むべきです!エヴァの登場人物や監督自体統合失調症であるといった見解は一見奇異ではありますが、読み進めていくうちにとても納得します。そして、富樫義博の(ある意味での)崩壊から復活、再生までの事象が評者流に分析され、とても読み応えがあります。やはり作品に対しての思い入れがないと、ここまで書けないと思います。放送から年数のたった今だからこそ再び自分の好きな作品に想いをはせる意味でも必見です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最低です!

一応、批評集と思い買ったのですが、最低でした!
センスも鈍い感じですが、そもそもあまり勉強してない人らしく、せいぜい印象批評レベルです。
「『エヴァンゲリオン』とは、このような物語だったと私は思う。」(100)など、
「思う」や、「ではないだろうか?」などを平気で使うのにもちょっと神経を疑いますが、
章の結びを、「これ以上の解説は無用だろう。」(100)としたのはもう完全に理解の外でした。

仮にも「批評」と銘打つならもう少し勉強してから書いてください。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
野火ノビタ名義のマンガ家榎本ナリコ作の評論集。
書いてあるのはアニメのエヴァ、幽遊白書などの富樫義博、やおいについて。
タイトル自体がアダルトチルドレンっぽい。
またはそれをあつかった自己憐憫の旺盛な著作とか。
タイトルだけだから、まぁいいけど・・・
エヴァは精神分析をモチーフの一つにした(それを意図したか否か不明)傑作ですが、
逆にそれをネタに精神分析を語るのは本末転倒な気がするのです。
またそれ自体非常に宗教的なものになりがちで批評も不毛なものになりがちです(これがそうなってるとは言えないが・・・)
わたしはエヴァをリアルタイムに見てないので当時の熱狂の中にいなかったのは残念だけどね。
富樫については、わたしはあんまり富樫ファンじゃないので著者の彼への没入にタジタジになる。
また、少女マンガから切り離せない「やおい」
やおいとは、女性向けに描かれた男と男の恋愛もの、多分に男女の恋愛ものに相似するもの。
男性向けポルノは理解しやすい。
女性のヌードがあればいいから。
でも、やおいはよくわかりません。(^_^;)
小説家の栗本薫も面白いから原因不明でもいいと言ってなかったかな。
女性も子供のころから好む人もいるそうなので人間とは本質的にそうかも。(^_^;)
著者の「やおい」論は参考になりました。(^_^;)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック