通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大人の発達障害ってそういうことだったのか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆帯付【2013年1版2刷】カバーに微傷はございますが、目立つ傷や折れ・書込み等は無く、全体的にきれいな状態です。【検品・クリーニング済】商品は表面をしっかりと洗浄除菌し、OPP袋にて防水対策後、大切に発送させて頂きます。検品には万全を期しておりますが、不備などがございましたら即対応させて頂きますので、ご不明な点などお気軽にご質問ください。希少性の高い人気商品の場合は、入手困難なため、定価より高いプレミアム価格になっている場合がございます。ご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大人の発達障害ってそういうことだったのか 単行本 – 2013/5/17

5つ星のうち 4.5 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/5/17
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,478

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大人の発達障害ってそういうことだったのか
  • +
  • 大人の発達障害を診るということ: 診断や対応に迷う症例から考える
総額: ¥6,264
ポイントの合計: 248pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

近年注目を集める「大人の発達障害」をテーマに、発達障害に関心を持つ一般精神科医(宮岡等氏)と発達障害診療の専門家(内山登紀夫氏)が徹底的に語り合った対談録。
「そもそも発達障害って何なの?」という根本的な疑問から、「どんな症状があるの?」「ちゃんと診断できるの?」「治療方法は?」といった専門的・臨床的な疑問まで幅広く議論し、容易に答えの見つからない問題についても可能な限り白黒はっきりさせることを試みた。
日本の精神医学領域を代表する臨床家である宮岡氏と、自閉症スペクトラム障害研究・支援の第一人者である内山氏、この2人のコラボだからこそできた、まさに決定版と呼ぶにふさわしい1冊。

内容(「BOOK」データベースより)

大人の精神科医×子どもの精神科医。専門の異なる2人の臨床家が大人の発達障害についてとことん語り合った至極の対談録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 259ページ
  • 出版社: 医学書院 (2013/5/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4260018108
  • ISBN-13: 978-4260018104
  • 発売日: 2013/5/17
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,940位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
大人の精神科医である私にとっては発達障害は臨床場面で大変迷わされる存在でした。
以前パート病院で小児の発達障害を診てきた経験はありますが、それは一見して発達障害とわかる児童たちで、この本を読んで、全てADHDであったということが今更ながらわかりました。
大人の発達障害で、私が一番鑑別に困っていたのは双極2型ですが、内海先生の「双極2型障害という病」という本と併せて読みましたので、頭の中がかなり整理されました。
とはいえ、直前に、大野先生監修の「正常を救え」を拝読した後だったので、大人の発達障害が100人に1人以上いるという事と、社会支援が必要という事に関しては、懐疑的になりました。
しかし、いずれにしても、大人の精神科医の代表として宮岡先生が内山先生に、的を得た質問を次々してくださったので、学会で勉強しても本を読んでも分からなかったことの多くを整理できたことはとても貴重でした。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kura1 投稿日 2014/6/25
Amazonで購入
僕は医療関係者ではないですが、知り合いにアスペルガー症候群(この本では自閉症スペクトラム障害なのかな?)っぽい人がいることもあって、読みました。とてもおもしろかったです。詳しい内容でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
精神科医の友人から学会でバカ売れしていたと聞いて購入しました。

これまで大人の発達障害に関する本は何冊か読みましたが、
この本はその中でも圧倒的にわかりやすく、かつおもしろいです。

この本の大きな特徴は何と言っても対談形式という点だと思います。
大人の精神科医(宮岡氏)の疑問に子どもの精神科医(内山氏)が答える
形式なので、ポイントがかなりはっきり絞られていますし、
本としても非常に読みやすい作りとなっています。

専門家同士の対談なのでやや難解な内容のところもありますが、
実際に診察した患者さんの話やわかりやすい例え話も豊富にありますし、
専門用語には補足として用語解説も付いているので
専門家じゃなくても十分に読みこなせる内容だと思います。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
あらためて「そういうことだったのかあー」とすとんと落ちてすっきりしました。
大人と子どもの違い、比較して、はっきりと大人の側の特徴があって、
医学用語も多いのだけど、脚注やポイントメモもあって、親切でした。

同族に向けて書いてあるようなので、
当事者である私たちには、ではこうしましょうというようなヒントは特にないけど、
自分はこうであるというような、取説の一部のような感じでした。
自分がわかるというのは、とてもうれしい作業で、それが満たされた感じ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
素人が読んでも十分興味深く参考になる本ですが、予備知識がないとややハードルが高いかもしれません。
頁下部に脚注があり、そこである程度補填される部分もありますが、発達障害や精神疾患についての本を過去に読んだことのない人には、たとえば「発達障害の子どもたち (講談社現代新書)」などの基本的な本を読まれてから手にとることをお薦めします。
既にある程度基礎知識を持った上で読まれるのなら、これはもう大変な好著です。
現役の児童精神科医と成人精神科医お二人の対談形式で、合併と鑑別、診断から治療やケアの具体的な部分にまで踏み込んで深く語り合っておられます。
過去に読んだ本(
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
発達障害に関係する本は色々読んだがその中で最もよかった。
子供に関する発達障害の本は多く出ているが、大人の発達障害をここまで詳しく書かれてある本は無かった。
「ペダンステック」な態度とかは大人の発達障害特有なのかなと思いながら読んだ。
大人の場合は精神疾患との鑑別が問題になると思うがそこのところを詳しく書いてあるのは初めて読んだ。
やはり鑑別は難しいなと読んで思った。典型的な精神疾患の症状をきちんと把握することが第一と書いてあったので
なるほどと思ったがやはり鑑別は難しいと感じた。心理系なので医学書院のほんはチェックしていなかったので非常に新鮮に感じた。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー