¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大人のための英語多読入門 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

大人のための英語多読入門 単行本(ソフトカバー) – 2008/8/26

5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 575

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大人のための英語多読入門
  • +
  • 快読100万語!ペーパーバックへの道 (ちくま学芸文庫)
  • +
  • めざせ100万語! 読書記録手帳
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 152pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「50代からの人生を変える!」ための英語多読のすすめ。60歳から80歳までの20年で、自由に使える時間はざっと計算して7万時間。小学校から大学までの全科目の授業時間の3倍に相当します。この時間をどう使うか、まさに人生はセカンドステージのほうが大きく差がつくといえます。

●多読で身につくもの●
著者自ら、学校卒業後は英語とは無縁の生活を続け、55歳になってゼロから多読を始めた経験を元に、大人に多読を薦める理由、どうすれば無理なく続けられるかを懇切丁寧にアドバイスします。多読はいわゆる英語の「お勉強」とは異なり、日々の生活の中に自分のペースで「英語環境をつくり出す」ようなもの。覚えるのではなく、読書を楽しんでいるうちに自然に使える英語が身につきます。

●大人がやさしい洋書を読む意味●
多読の三原則は1.辞書は引かない、2.わからない部分は飛ばす、3.進まなくなった本は後回し。学校で学んだ英文解釈とはあまりにかけ離れています。辞書なしで読めるレベルのやさしい洋書、つまり児童書や語彙制限して書かれたリーダーなどからスタートするのが基本ですが、疑問も湧くことでしょう。「知らない単語を飛ばしていたら、いつまでもわからないままでは?」「本当に文法を学ばなくて大丈夫?」「大人が子どもの本を読んで楽しめるのですか?」、そうした19の疑問に明快に回答します。
定年後のプランをそろそろ考え始めた方も、やっと子育てが一段落して自分の時間がもてるようになった方も、多読でセカンドステージの楽しみを増やしてみませんか。52歳から79歳まで、6名の多読体験談も紹介しています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

酒井/邦秀
電気通信大学准教授

佐藤/まりあ
中央大学法学部法律学科卒業。株式会社エス・ディ・エイチ代表取締役。SSS英語学習法研究会(現・SSS英語多読研究会)創設メンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 239ページ
  • 出版社: コスモピア (2008/8/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902091607
  • ISBN-13: 978-4902091601
  • 発売日: 2008/8/26
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 333,055位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 著者自身が50代になって多読を始め、大きく世界が開かれたという体験に基づいているので、説得力がある。
 第1部「『大人の趣味』英語多読のすすめ」第6章に多読に関するさまざまなFAQがある。「本当に文法を学ばなくても大丈夫ですか?」には若干異論があるが、「知らない単語をとばしていたら、いつまでもわからないままでは?」や「大人が子どもの本を読んで本当に楽しめますか?」に対する答えには納得した。しかし、本書の真骨頂は第2部「大人の本への道」だ。著者の経験に基づいて、「入門」「基本」「日常会話」「ジュニア」「読書」「文学」と著者独自の6段階に分けて、実質的に大人の本になる「読書」レベルに達するには何をどのように読めばいいのかを、具体的にタイトルをあげながら、かゆいところに手が届くように親切に示している。写真で本の見開きのイメージも示されているので、文字の入り方の感じがわかって便利だ。この内容は、表紙には「50代からの人生を変える!」とあるけれども、30〜40代の人が読んでも十分に役に立つと思う。洋書多読へのやる気をかき立てる1冊だ
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
英語を多読で身につけよう!50歳からでも遅くない!!と書かれていて、始めることにしました。英語を身につけて、どうやって活かしたら? ということも書かれていました。個人的には、どのように多読をすすめたらよいのか、ということが詳しく分かって良かったです! 今まで学校で勉強してきた英語学習は何だったの??? という気にもなりますが、そんなこと言う間に、多読始めます^^;
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
50歳以上の人向けに英語での読書を勧めた本。

前半はしつこいぐらいに英語読書の価値を説明しており、
すでに多読トレーニングに手を出している人には退屈だろうが、
そうでない人にとってはモチベーションが高まる内容。
英語に苦手意識があったり躊躇している人の背中を押し、
新しい趣味として英語に触れることに興味を持たせてくれる。

後半はオススメの英語本を紹介していくが、
ほとんどがシリーズ作品なので「まず1冊買ってみよう」と思っても
イマイチどれを選ぶべきかがわからなかった。
シリーズの中で難易度が変わるものなどは
必ずしも1作目から読めばいいというものでもない。
できればレベル別に1冊単位で推薦して欲しかったところ。

すでに英語の多読がどういうものか知っている人が
新しい英語本を選ぶ参考として読むには内容が薄いので、
まったく英語読書をしたことがない未経験者向けの入門書。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Hirouch トップ500レビュアー 投稿日 2015/5/17
形式: 単行本(ソフトカバー)
内容は酒井氏著『英語100万語。ペーパーバックへの道』とほとんど変わりません。酒井氏の方が、なぜ多読が英語習得に有効なのか、その説明に重きを置いているのに対し、こちらはより実践的な手法の説明が主です。あとは、こちらの方が出版年度が新しいので、情報の鮮度という意味ではこちらが上ですが。それでも電子書籍について触れられているわけでもなく、どちらか一方を読むなら酒井氏をおすすめします。

ただし、174ページの出版社別シリーズ難易度比較表は有効です。コピーしてノートに貼りました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告