¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大人のための社会科 -- 未来を語るために がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大人のための社会科 -- 未来を語るために 単行本(ソフトカバー) – 2017/9/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 2,020

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

キャンペーンの詳細はこちらまで。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大人のための社会科 -- 未来を語るために
  • +
  • 丹羽宇一郎 戦争の大問題
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 79pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

【創業140周年記念出版】ぐずぐず言わずに考えろ! ――知の力で社会を変える
「反知性主義」が幅をきかせる時代において,私たちがきちんと考え,将来を語り合うために――。気鋭の社会科学者が,日本社会を12のキーワードから解きほぐし,未来への方向性を示す。いまの社会に違和感を抱くすべての人のための,考えるヒントがつまった社会科学入門!

この本では、日本の社会を形づくっている、誰もが使う一二の「キーワード」を取り あげ、それぞれの意味を根底から吟味しなおしています。思想的な立場にとらわれず、この魅力的な日本社会、それ自体に関心をもってもらえるよう、日本社会の「いま」と「これから」を見通すための材料、共通の知的プラットフォームを提供しようと、私たちが積みあげてきた「知性」をすべてのみなさんにひらこうと考えました。思い切っていえば、経済、政治、社会をめぐるさまざまな出来事を、できるだけわかりやすい言葉で、できるだけ多様な視点で説き明かし、最後に未来への一つの方向性を示したい、そんな想いを込めて、この『大人のための社会科』を書きあげたのでした。(序より)

【本書の構成】
第I部 歴史のなかの「いま」
GDP,勤労,時代という,経済に関連するキーワードに光を当てている。GDPという指標のもつ意味をあらためて考え直し,勤労という日本人のこれまでの価値観が可能にした戦後の日本財政システムや,時代区分のあり方から,日本社会の「いま」を照らし返す。
第II部 〈私たち〉のゆらぎ
多数決,運動,私という,政治をめぐるキーワードをとりあげる。多数決は民主主義的なのか?という問いからはじまり,それを補完する社会運動はどのような条件で成立するのか,またそれらからこぼれ落ちる個としての「私」について考える。
第III部 社会を支えるもの
公正,信頼,ニーズという社会的なキーワードを手がかりに,〈私たち〉を取り戻すために,信頼や公正さを確保しつつ,ニーズをどのように満たしていくべきなのかを考える。
第IV部 未来を語るために
歴史認識,公,希望という,未来を読み解くためのキーワードから,「いま」を変えるためのヒントを見いだす。

【目次】※詳細目次は下部「登録情報」の「目次を見る」にあります
序 社会をほどき,結びなおすために――反知性主義へのささやかな抵抗
第1部 歴史のなかの「いま」
第1章 GDP――「社会のよさ」とは何だろうか
第2章 勤労――生きづらさを加速させる自己責任の社会
第3章 時代――時代を分けることと捉えること

第2部 〈私たち〉のゆらぎ
第4章 多数決――私たちのことを私たちで決める
第5章 運動――異議申し立てと正統性
第6章 私――自分の声が社会に届かない

第3部 社会を支えるもの
第7章 公正――等しく扱われること
第8章 信頼――社会を支えるベースライン
第9章 ニーズ――税を「取られるもの」から「みんなのたくわえ」に変える

第4部 未来を語るために
第10章 歴史認識――過去をひらき未来につなぐ
第11章 公――「生活の場」「生産の場」「保障の場」を作りかえる
第12章 希望――「まだ―ない」ものの力

【著者紹介】
井手英策 いで・えいさく(慶應義塾大学経済学部教授)
1972年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学,博士(経済学)。専門は財政社会学,財政金融史。著書に『財政赤字の淵源』(有斐閣),『経済の時代の終焉』(岩波書店,第15回大佛次郎論壇賞受賞),『分断社会を終わらせる』(共著,筑摩選書)など。

宇野重規 うの・しげき(東京大学社会科学研究所教授)
1967年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了,博士(法学)。専門は政治思想史,政治哲学。著書に『政治哲学へ』(東京大学出版会,渋沢・クローデル賞受賞),『トクヴィル』(講談社選書メチエ,サントリー学芸賞受賞),『西洋政治思想史』(有斐閣)など。

坂井豊貴 さかい・とよたか(慶應義塾大学経済学部教授)
1975年生まれ。ロチェスター大学経済学博士課程修了,Ph.D.(経済学)。専門は社会的選択理論,マーケットデザイン。著書に『マーケットデザイン』(ちくま新書),『多数決を疑う』(岩波新書,2016年新書大賞4位),『決め方の経済学』(ダイヤモンド社,2016年週刊ダイヤモンド・ベスト経済書3位)など。

松沢裕作 まつざわ・ゆうさく(慶應義塾大学経済学部准教授)
1976年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程中途退学,博士(文学)。専門は日本社会史(近世・近代史)。著書に『明治地方自治体制の起源』(東京大学出版会),『町村合併から生まれた日本近代』(講談社選書メチエ),『自由民権運動』(岩波新書)など。

内容(「BOOK」データベースより)

気鋭の社会科学者が、多数決、勤労、信頼、ニーズ、歴史認識、希望など12のキーワードから日本社会を解きほぐす。社会をよくしたい、すべての人のための「教科書」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 250ページ
  • 出版社: 有斐閣 (2017/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4641149208
  • ISBN-13: 978-4641149205
  • 発売日: 2017/9/1
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,958位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年11月20日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告