Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 535

¥ 1,085の割引 (67%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[齋藤 孝]の大人のための書く全技術
Kindle App Ad

大人のための書く全技術 Kindle版

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 535
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 509

商品の説明

内容紹介

齋藤孝の「書く技術」の集大成!! メールや企画書作りなど、社会人が仕事で成功するために必要な技術のすべてを、齋藤孝がわかりやすく詳しく解説します。終章には、書くために役立つ究極の40冊リスト付き!

内容(「BOOK」データベースより)

あなたの「書く力」、学生レベルで止まっていませんか?メールや企画書の書き方で仕事の成否が決まります!出世への一番の近道は「書く力」を強化すること!書く前に読む40冊リスト付き。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1263 KB
  • 紙の本の長さ: 193 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 中経出版 (2016/3/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01DIIQ9UK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 24,187位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 村上 将太 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/4/15
形式: 単行本
本書をざっくり要約すると、
ビジネスマンが文章を書く技術を向上させるメリットや理由、背景から
意味までを定義し、さらにアドバイスまで盛り込んだ内容となっています。

本書の特徴は、書くってなに?どんなメリットがあるの?例えば?
という一番シンプルで単純な問いに真正面から答えているところです。
通常、アドバイス本は「こういうメリットがある(いい理由がある)」というものが多くあると私は感じており、
わかってても何か「確かにそうなんですけど・・・」と感じることが少なくないのですが、
直接的なメリットだけではなく、
文章を書くとはこんな意味もあるよ!という著者の問いかけが非常に身近で腑に落ちるもので一味違います。

企画書、稟議書の通し方、日常のビジネスメールなど広く取り扱っています。
その中で本書の中核的アドバイスをざっくりまとめると、
・透明度の高い文書を書け(明確性、判断の根拠、事実関係など)
・何を発見してどう考えたのか(自分の人間性を出していけ)
・1つのテーマにつき3つのキーコンセプトを出し結び付けろ(独自性を作れ)
です。

10年以上前から著者の本を読んでいますが、
たくさんのアドバイス
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 齋藤氏の書籍は読み終えた後の満足感にあふれる場合と肩透かしを喰った場合と二通りがある!

 本書は前者である。

 著者の特徴として

 1、読みやすく、わかりやすい!

 2、参考になる。

 本書では「文章を構築するプロ説の基本は3つ」「最初に最後の文章を決めて、次にタイトルを決める」と紹介してある。

 私もやっていたような気もするが、はっきり言われると、頭が整理されてきた。

 そして3つ目の特徴として、情報量が多い!という点があげられる。

 書く前に読む40冊のリストがあり、それぞれに解説を加えてあります。

 読み終えた後に急に文章というものに意識をし始めた。本書によって創造性が広がったように思う。 
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amabo トップ500レビュアー 投稿日 2016/5/12
形式: 単行本
「大人のための書く全技術」とありますが、
ビジネスシーンにおける書く技術が中心になります。
(第3章と第4章)

想定する読者対象はビジネスマン全体ということになるのでしょうが、
読んでいると、どうやら大学生~社会人若手あたりが想定されているような気がします。

企画書~稟議~仕事のメール等、広範囲に触れていますが、
既にビジネスの最前線で活躍しているビジネスマンからすれば、
ここに書いてあることは常識的かつ至極当然のことであり
物足りなく感じるかもしれません。

もともと著者はビジネスシーンでバリバリと働いたキャリアはないはずです。
サラリーマンである私は、ちょっとリアリティに欠けるなぁと
思いながら読んでいました。

やはり餅は餅屋ということかもしれません。

「書き方」の本はたくさん出ていますが、

例えば、企画書の書き方はプランナーに、
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
書くことの意味、書き方、ポイント等を網羅した本である。近年のビジネス書は、内容が薄く参考になる部分が少ないと感ずる。ポストイットでポイントとなる部分をチェックしていくとポストイット使用の量で、その本がどれだけ濃度の濃いものだったかが分かる。

その点、『大人のための書く全技術』は、ほぼ全ての頁にポストイットが入った。よって、内容が濃いと言っていいだろう。

しかしながら問題点もある。それは「編集者」の技量が低いことだ。重要なポイントは太字で書かれていることがビジネス書には多い。この本もその構成だ。だが、重要ではない部分が太字になっていたり、重要な部分が細字になっていたり・・・完全に編集力がない人間がこの本に関わっていることが如実に現れている。

従って、読者も、太字だけを読むのではなく、細字の部分や例をじっくりと読む必要があるだろう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover