通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大人のための数学勉強法 ― どんな問題も解ける10... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

大人のための数学勉強法 ― どんな問題も解ける10のアプローチ 単行本(ソフトカバー) – 2012/8/31

5つ星のうち 3.9 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 710

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大人のための数学勉強法 ― どんな問題も解ける10のアプローチ
  • +
  • 大人のための中学数学勉強法
  • +
  • ふたたびの微分・積分
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 176pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

私に言わせれば
「国語は得意だったけれど、数学(算数)は苦手だった」 というのは矛盾しています。
そしてそれは
「私は数学の勉強方法を間違いました」
とほぼ同意義です。
国語ができたのなら、文章を読んだり書いたりすることに自信があるのなら、数学は必ずできるようになります。(本文より)



「数学で躓かなければ人生が変わっていたのに……」と思ったことはないでしょうか?
あるいは、いま、数学ができなくて泣きそうな思いをしていないでしょうか?

数学は「向き・不向き」がはっきりと出る科目です。
できる人は、何の苦労もせずにすらすらと問題を解いていきます。まるで数学を楽しんでいるようにも見えます。

苦手な人も、数学の重要性はよく分かっています。
目標の大学に合格するために、公務員になるために、アナリスト試験に合格するために、様々な場面で数学の能力が試されます。
努力をする意思はあるのです。
しかし、数学をどう勉強すればよいのか分からず、ただ問題を解き、解説を読むことを繰り返す。
そんな、元から数学が得意な人と同じやり方をしても、力はなかなか付きません。

『大人のための数学勉強法』は、まさに数学が苦手な人のために、どのように勉強すれば数学ができるようになるかを、懇切丁寧に解説した本です。

◎ノートの活用法
◎問題を解く前に知っておくこと
◎数学ができる人が頭の中で考えていること
◎重要な数学の概念
などを、多数のイラストや図解とともに伝えていきます。

また、本書の大きな特色の1つは、「どんな問題にも通じる10のアプローチ」です。
解法を暗記するのではなく、未知の問題に対してその場で自ら解法を導き出すために役立つ、伝家の宝刀的なアプローチを10個にまとめてあります。
このアプローチを使えば、ほとんどの数学の問題に対処することができるはずです(実際、本書では、東大理系の入試問題を「10のアプローチ」を使って解いていきます)。

本書が、できる限り多くの数学に悩む人の手に渡り、数学を好きになり、楽しめるようになる助けになることを祈ってやみません。

内容(「BOOK」データベースより)

暗記無用。「数字」と「論理」に強くなる考える技術も教えます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2012/8/31)
  • ISBN-10: 4478017662
  • ISBN-13: 978-4478017661
  • 発売日: 2012/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 60,905位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
★4 … あなたが高校数学を6割 理解できて、数式アレルギーがなく、他の本を使って数学を続ける決意があるなら。
★1 … それ以外の人にとって。

内容は良いです。数学の勉強に役立つと思います。学習のコツ、解けなかった問題の解答を見たあとにすべきこと、いろいろな問題に応用できるアプローチ。それが、中学〜高校1年レベルの
* 数式 *
を交えて書かれています。

なので残念ながら、数式を見ただけで拒絶反応が出る人は、この本を読み進めることはできません。
にもかかわらず、「はじめに」には以下のようなことが書かれています。

「なぜあなたは数学ができなかったのか?」
「「数学ができる人=ひらめきのある人」と(中略)思っていませんか? しかし、それは誤解です!」
「「怖いくらいにわかります!」」
「「文系」の人こそ数学を!」

ビジネスマン向け自己啓発書のような 気持ち悪い 文面です。さすがダイヤモンド社。
(推測: 「はじめに」だけは著者本人でなく、出版社のライターが書いたのでは?)

出版社の都合としては、読者を絞らず、できるだけ多くの人に本を売りたいわけです。だから出版社は、本のタイトル・表紙、最初の数ペー
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
数学の本は「数式不要」などと謳っていて一見やさしそうでも、どうしても難しい。

一緒に購入した他の本とこの本を比べて、
多くの数学の本が難しい原因は「高校数学の'3Cの基本はわかっている」ことを前提にしているからだと気づかされました。
大学受験するのに必要な数学のレベル(数学'2B)程度ならなんとか理解できる人(いわゆる文系の人)には、カンタンには乗り越えられない「壁」があります。

数学的な思考の重要性を理解して購入して読んではみるものの、途中で挫折していました。

その点、本書は高校数学の知識もいらないレベルから、具体的な考え方を示して「壁」をとっぱらってくれています。
例えば「なぜ、三角形の面積=底辺×高さ÷2、なのか」などの算数レベルからスタートします。
ページをめくるにしたがって難易度は上がってきますが、他の本と比べると圧倒的に敷居が低い。

新書もふくめて数多くの数学本に挫折した私のような人には、この本がオススメです。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
分かってる人が、そうだねと読む本。
元々ある程度数学できていて、壁にあたっている高校生が読むのにはいいかねしれないけれど
元々数学出来ず、なんとかしたいと思っている者には、レペル高く全く参考にならない。
10のポイントなど、元々数学出来ない人にはちんぷんかんぷんの内容だろう。
買うと損する書籍だ。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
購入者がそれほど多くないにも関わらず、低評価のレビュー潰ししている模様ですので要注意です。
大人向けの数学本は普通、文系で中高数学がおぼつかない人間向けであると考えるのが普通かと思いますが、全くの期待外れでした。少なくても文系には全くお勧めできません。
著者が東大理系ということで興味を持ちましたが、

中高数学を不得意とした文系を想定した内容ではない
読者と著者の次元が違い過ぎる

など全く参考に出来る箇所がありませんでした。
また内容については具体的に不明ですが、言葉での理由説明でなく数式ずらずらと並べて証明しているあたりでアレルギー反応が起きました。

文系がこの手の本を読むくらいならば、
高橋 一雄の「語りかける中学数学」が至高の本であり、こちらで勉強を始めたほうが数学的思考力のイロハから遥かに身に付きます。
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
12÷3=4
について「この割り算の意味は何ですか?」と、問われたら・・・回答は次の2つに別れると思います。
① 12の中に3は4つ入る
② 12を3頭分すると1つは4である
どちらも正解です。
※本書75頁より引用

上記の記述はごくごく当たり前のことを書いています。しかし、永野先生いわく「割り算にはこの両方の意味があることを認識できている人は多くない」と看破されています。えっ!?

あらためて言われれば、上記の①と②は誰もが認識しています。でも・・・実際に認識が "身についていない" というのです。現実の認識が「ぼやっとした曖昧な理解」になっているというのです。だから、数学(算数)嫌いの生徒が続出すると・・・。

この問題への対応として「教師がしっかりとその違いを説明」するべきなのですが、そうなっていない。つまり教師が数学の「基本」をきちんと教えないから、生徒は数学(算数)ができなくなる。さらにいえば、教師自身が数学の「基本」をキチンと理解していないから、生徒も理解できず、数学嫌いが続出する。オブラートに包まずにハッキリ言えば、こういうことです。

もちろん聡明な永野先生はこのような忌憚のない言い方はしませんし、誰かへの責任論は決して
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー