Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,555
ポイント : 155pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[カル・ニューポート]の大事なことに集中する
Kindle App Ad

大事なことに集中する Kindle版

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,555

商品の説明

内容紹介

SNSやメール返信に気を散らされて、私たちは1つのことにじっくり取り組み、深く考える能力が衰えているのではないか? そんな問題意識をもった気鋭のコンピュータ科学者が、人気のブログ「Study Hacks」で「ディープ・ワーク」という言葉で自らの考えを発表したところ、直後に149ものコメントがつくなどたちまち大評判となり、テレビやブログで取り上げられ、書籍化された。
「ディープ・ワーク」とは、自らが本当にやりたい意味あることに集中できる環境を作り、それに没頭すること。これにより、著者自身も家族と過ごす時間を犠牲にせずに研究業績を上げ、ベストセラー書籍を著してきたという。
本書は、「ディープ・ワーク」とは何か、なぜ現代社会で希少であるがゆえに身に付ければ強力な武器となるかを説明すると同時に、「ディープ・ワーク」を中心に据えた生活にシフトする方法を、数々の実例と根拠を挙げながらアドバイスする。
ネットに常につながり、大事なことに集中して取り組めない現代ビジネスパーソン必読の書。

内容(「BOOK」データベースより)

MITで博士号を取得した気鋭のコンピュータ学者が認知科学、心理学をベースにアドバイス。何物にも邪魔されずに仕事をする18の戦略。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1888 KB
  • 紙の本の長さ: 137 ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社; 1版 (2016/12/8)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N4AT0ZD
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 22,881位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ディープワーク(深い思考を必要とする生産性の高い業務)、シャロウワーク(誰でも代替可能な、取るに足らない業務)を定義し、
ディープワークの必要性と、いかにしてディープワークに費やす時間を増やすか、ということを教えてくれる本。
もやもやが少し晴れた気がした。
シャロウワークで忙しそうに見せている人はたくさんいるけど、そんなに価値はないよと。
価値を示せないからシャロウワークで数をこなしているのだと。
ディープワークの方が価値は高いし、本人もフロー状態に入って何かをなすことで、幸福感が増すとの事。
確かに、集中して頭を使って仕事をした日は疲れるけど、精神的な満足感は強い。
逆にシャロウワークしかしなかった日は、どことなく後ろめたさや、あまり意味のない一日だったと、嫌な感覚が残る。
ソーシャルメディアやインターネットなど、気を散らすものとの付き合い方も書かれていて、実践してみたい点が多かった。

1日をうまく使えていないなと思う人は読む価値があると思う
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
筆者は、思考を集中だせるディープ・ワーク(Deep Work)こそが価値の源泉であるとし、毎日大量に送られてくるメールやSNSへの対応はシャロー・ワーク(Shallow Work)として、これに足をとられすぎていると警鐘を鳴らしています。また、器用になんでもやろうとするマルチ・タスクも、かえって生産性を落とすと指摘されています。

毎年年末に授与されるノーベル賞、特に物理・化学・医学といった自然科学系の賞に繋がった研究内容をきくと、集中力と継続が大切なことを感じさせます。2016年に生理学・医学賞を授与された大隅良典教授は、長時間、顕微鏡を覗いていて細胞の動きの少しの違いを見て、オートファジー理論を確立されています。創造的な仕事にはディープ・ワークが必須なのでしょう。

一方で、ディープ・ワークとシャロー・ワークの相互作用というものにはあまり深く触れていなかったです。また、ユングやビル・ゲイツといった特定の何人かのエピソードは出てくるのですが、データ化・統計処理されたものではないので、どれほどの普遍性があるのか判らないです。

とにかく結果を出したければ、あんまり色々首を突っ込まず、メールやSNSに対応して仕事した気になってはいけないという事は、良く判りました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私自身、日頃沢山のプロジェクトと責任ある仕事を担当しているのですが、好奇心が人一倍強いので、ついつい情報の洪水のなかに自ら飛び込んでしまうタイプで日々消耗していました。世界中とやりとりする神経の使う環境において、意識的に情報から離れるのは、長く質の良い仕事をするためには必須の条件なのに、ついついそのきっかけを掴めずにいたところ、この良書に出会いました。
情報を断ち切り、メディアを選ぶ事は勇気のいることですが、その分自分の中にできた余裕と、創造性の空間によって、日々が軽快に感じることができます。
座禅を組む様な面倒な事から始めず、まずはこのdeep work から始められたら、何かが変わると思います。私は読んでよかったと思っています。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
原作者の文章もひどければ、翻訳者の翻訳もひどい。適当に一文抜粋してみる。

> それぞれのツールについて、あなたが定めたカギとなる取り組みを検討し、そのツールを利用することで、その取り組みに"十分なプラスの影響"または"十分なマイナスの影響"があるか、ほとんど影響がないかを問う。

はっきり言って最低品質。

追記:
1点補足しておくと、本書の購入動機は、
「気が散るものだらけの世界では集中することが重要だ」
という問題提起が鋭かったので、その解決策を期待したからだ。

ところが、その処方箋を期待する読者は(私と同様に)裏切られる。
問題提起の良さに対して、処方箋はインターネットのつまらないライフハックと大差ないのである。
さらに上述のように地の文がひどかったので、総合して最悪な読書体験であった。
1 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す