通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大どろぼうホッツェンプロッツ (新・世界の子どもの... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆表紙に若干の使用感はありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大どろぼうホッツェンプロッツ (新・世界の子どもの本―ドイツの新しい童話 (1)) 単行本 – 1990/5

5つ星のうち 4.6 44件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 79
単行本, 1990/5
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 大どろぼうホッツェンプロッツ (新・世界の子どもの本―ドイツの新しい童話 (1))
  • +
  • 大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる (偕成社文庫 (2008))
  • +
  • 大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる (偕成社文庫 (2009))
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

おばあさんのコーヒーひきを奪った大どろぼうを、二人の少年が追う!

対象年齢:小学中級から


登録情報

  • 単行本: 184ページ
  • 出版社: 偕成社; 改訂版 (1990/05)
  • ISBN-10: 4036082507
  • ISBN-13: 978-4036082506
  • 発売日: 1990/05
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,150位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
5歳児に毎晩数章ずつよみきかせています。昔のドイツがお話の場面ゆえ登場する小物や名前が馴染みがなくてどうかなと思っていたのですが、こどもは大喜びでもっともっととねだられています。我が家ではエルマーの冒険以来の大ヒットです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本の作者プロイスラーは小学生の先生でした。子供相手に彼の考えたお話をしているうちに、この本が作られたそうです。文章が上手なので大変楽しい内容に仕上がっています。
ホッツェンプロッツは大泥棒ですが、憎めないキャラクターでもあります。こしょうピストルなどかわいい小道具もたくさんでてきます。
読書感想文でこんな楽しい本を読んだら、スラスラ書けそう。
お子様にさしあげる前に、ぜひ大人からお読みになってください。
あまりのおもしろさに、ついつい、人に勧めたくなりますよ。
人情味あふれる大どろぼうホッツェンプロッツ 。読んだあとは、幸せな気持ちに包まれる、最高傑作の児童文学書です。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
小学校2年生の息子に与えるにあたって色々検索した結果、この本に辿り着きました。

「内容が為になるかどうかは問わない。本は面白くなくちゃいけない。」

僕の持論です。

教科書に比べ文章量が多く、最初は大変だったようですが、無事読み終わったようです。
反応も上々で、時折ゲラゲラ笑いながら楽しんでました。

途中でやめるように指示し、「疲れたー」といってトイレに行ったものの、
戻ってきてまた読んでるあたり、きっと面白いんでしょう。

なかなかオススメです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
読書嫌いな息子に何とか読書をさせたくて
評価の高いこの本を与えてみました。
小学3年生男子にぴったりはまったみたいです。
毎日寝る前ベットで読ませたので
ついつい夜更かししてしまって朝寝坊もなんどか。
「あーおもしろかった!」「ゼッペルがね・・」と
毎日楽しそうに語る息子にびっくりです。
他の冒険ものの本も与えてみましたが
これより面白くないみたいです。
続編が学校の図書室にあったらしく
夏休みの読書感想文用に借りてきました。
いつも、かいけつゾロリか図鑑しか借りたことしかないのに。

これをきっかけに国語の文章能力がついてくれることを祈ります。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小学生の時に読みました。もうとにかく面白い!
母親の「ご飯よ~?」という声に、渋々本を置いた記憶がよみがえります。
10年後、ドイツの本屋さんでこの馴染みの「どろぼう顔」を見て大喜び。
ドイツ人の友人いわく、「私も小さい頃読んだー♪ドイツでは定番よ!」
とのことでした。何だか嬉しくなりました。
私も自分が子供をもったら、読み聞かせてあげようと思ってます。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bee VINE メンバー 投稿日 2008/8/4
形式: 単行本
ヒゲで覆われた顔にかぎ鼻で怪しげな男の表紙が怖くて、長い間読まなかった本でした。子どもが借りてきたので読んでみたら、確かにひどい泥棒でした。でも盗んだものは音の奏でるコーヒーひき!愛嬌のある泥棒にくすりと笑ってしまいました。

盗まれたコーヒーひきを取り戻そうと、二人の少年がホッツェンプロッツを捕まえようとする物語です。ツワッケルマンという魔法使いの親友も登場して、物語は意外で厚みのある展開を見せます。

お伽話の要素と泥棒を捕まえる冒険とファンタジーが入り混じった、豊かな風合いのある物語でした。章の区切りに、読者に語りかける太字の言葉が新鮮で、物語の中に一層引き込んでくれます。

優しい結末と食いしん坊が満足する最後の場面が、とても印象的でした。ところどころ大泥棒らしい振る舞いはしますが、なぜか憎めない男、それがホッツェンプロッツです。小学校中学年の子どもと私はとても楽しんで読みました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
時代はおそらく100年くらい前、舞台はドイツの小さな町と森。少年カスパールと親友ゼッペルが、悪名高い大泥棒ホッツェンプロッツを相手に、おばあさんのコーヒー挽きを取り返すために、少年らしい勇気と知恵で活躍するお話。 魔法使いや妖精が絡んできて、少年達の冒険は、どんどん思いがけない大冒険になっていきます。
ドイツ独特の魔術を含んだ空気が全編に流れているのが心地よく、更に軽快な話のテンポ、そして憎みきれないユーモラスな悪漢たちの個性が、読者を本の世界にぐいぐい引き込んでいきます。ドイツトウヒの神秘的な森の中で繰り広げられるこのお話は、少年少女だけではなく、大人でも楽しめるものです。優しく素朴なドイツ文化の描写には、是非ご注目ください。
ドイツの昔ながらの民話・伝説要素と、少年の小気味良い活劇要素が、見事に融合された作品です。
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー