この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大いなる看取り―山谷のホスピスで生きる人びと 単行本 – 2008/3

5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 188
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

昭和の影を色濃く映した、行き場を失った人たちが自分らしく過ごすドヤ街の終の棲家“きぼうのいえ”。「他人が他人を看取る」世界に寄り添いながら、死生観のありようを静かに照らし出す端正なノンフィクション。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中村/智志
1964年、東京都生まれ。上智大学文学部卒業後、朝日新聞社入社。「アサヒグラフ」「週刊朝日」「アサヒパソコン」編集部、東京本社社会部などを経て、現在「週刊朝日」編集部員。1993年12月からの長期取材をもとに、1998年、『段ボールハウスで見る夢』(草思社。後に『路上の夢』と改題され講談社文庫)を著し、同年度の講談社ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 315ページ
  • 出版社: 新潮社 (2008/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103067012
  • ISBN-13: 978-4103067016
  • 発売日: 2008/03
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 14.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 449,067位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 人生の最後の日々には、その人の生き方が凝縮して表れるといわれる。ドヤ街、山谷のホスピス〈きぼうのいえ〉を終の棲家として選んだ人々は、世間から冷遇された壮絶な人生を送ってきた人たちが多い。普通であればネガティブな感情を抱いたままで死を迎える可能性が高いこうした人々を、〈きぼうのいえ〉のスタッフは温かい愛情で包みこむことで、その最後の日々を安らかなものへと変えていこうとしている。
 筆者はこのホスピスで暮らしている(いた)人々に丹念なインタビューを行い、人生に傷ついた者だけが語りうる、奥行きに満ちたライフヒストリーを、施設で働くスタッフたちの人となりの紹介とも絡めながら見事に描き切っている。しかし、この本は感動的なライフヒストリーをただ寄せ集めただけのものには終わっていない。「あとがき」で筆者自身が述べているように、ホスピスで暮らす人々が送った人生への興味が、それを超えた生と死の問題へと筆者の興味関心を変容させ、こうした問題に対する筆者の思索が内容にもそのまま反映されているからである。
 本書にも登場するキューブラー・ロス博士はその自伝の中で、肉やコーヒーを口にする自分が神秘体験をしたのは不思議だとある講演会で述べたところ、一人の高僧から死に行く人々の言葉を熱心に聞くことが一番の霊性修行なのだと指摘されたという体験を記している。死に行く人々の言葉を心を込めて聞き、
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2010/2/2
形式: 文庫
この本に触発されて、山田洋次監督の「おとうと」制作が行われたことを知り、この本を手にしました。

「きぼうのいえ The House of Hope」−山谷に作られたホスピス。
そこには、ヤクザや元731部隊員をも含む様々な人たちが辿り着きます。
この本を読む前は、「死」を告知された人々が、辿り着く終着点と考えていました。
でも、この本を読んでゆくと、そこには「生」を強く感じます。
告知された「死」までの間、いかに「生きる」のか、その事の重大性を強気感じさせてくれます。
そして、彼らを励まし、助ける人たちの強い「熱」を感じます。
更には、そうした場所から離れている自分に後めたさを感じます。

この本を読む時、「暗さ」を予感していましたが、見事に外れました。
案に相違して、そこには「生」の輝きがありました。
それには、入居者同士、入居者とスタッフの強い絆を感じたからかも知れません。
又、デーケン教授が語るように、心温まる人が共にいる事とともに、「ユーモアの精神もホスピスの精神の中心にあります」と言う事なのかも知れません。
いずれにしても、入居者はその生活を楽しんでいるように見えます。
それだけに、重いテーマでありながら、変な言い方ですが、楽しみながら読むことが出来ました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日雇い労働者の街、東京の山谷にある、
行く場所のない人のためのホスピス「きぼうの家」。
ここには、ホームレスから訳あって家族と暮らせない人々が
「死」までの時間を過ごすのだが、
「その人がその人らしく生きる」ために
この「きぼうの家」は存在する。

肉親に囲まれていても、心中寂しく最期を過ごす人も多い中、
このホスピスでのスタッフが、肉親以上に心を砕き、
愛情を注いでいく姿は、感銘を受けると共に
自分は果たしてこんな風にしてあげられるだろうか、
また、こんな風に幸せに死ねるのだろうか、と考えさせられる。

そして、著者が、最初は入居者の過去に興味を持ったとあるように、
ここにいる人たちの、すさまじいとも言える歴史が丹念に綴られ、
まさに「小説より奇なり」、それだけでも読む価値がある。

本書は、幸せに「死ぬまでを生きる」一つの道標となり、
日本の老人の孤独死を減らす具体策であり、
何より、人はこんなにも人に優しくなれるのか、と教えてくれる。
折に触れ読んでいきたい一冊である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 凱晴 投稿日 2010/3/11
形式: 文庫
山谷という特殊な町を知るには、住民の人生を知るのが他のどんな情報よりも確かではないかと思い、この本を手にしてみた。その一方で、人の死に際を取材しただけでは物足りないのではないか?また、対象を絞ることなく、死にかかる物語を並べるだけで深みがない短編集ではないか?という危惧も抱きながら。

しかしながら、やっぱり人の死というのは荘厳で人の生き様を雄弁に語る。その人の人生については、多くても2〜3人からの伝聞を記載しているに過ぎないが、その人の死に際の表情や様は、重ねた苦労や取り返しのつかない失敗への念い、愚かさ、悔しさ、諦め、納得、というものをよく表している。「ある愛の終着駅」なんかは、読んでいて、山谷に行き着いた人の人間らしさが骨身に沁みる。

ふと思うのは、ドロップアウトする人達の多様性。この本に描かれている人々は大正か昭和初期の生まれ。戦中、戦後の不安定な世の中では、全ての人にとって「山谷」が間近な可能性だったのかもしれない。今だって、上司を殴り、その後も頑な生き方を捨てることが出来なければドヤ街で暮らして、浮浪者になることだってあるだろう。

でも、現在、ドロップアウトしてしまう人達は、いじめや引きこもり、ストレス等が要因となっている場合が少なくなく、その要因に昔ほど多様性がなくなってしまっているのではないかと危惧してしまう。社会がそういう人を生み出し、追いやる構造になっているとすればやはり憂うべきだ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す