Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,246
ポイント : 471pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[佐藤健志]の夢見られた近代
Kindle App Ad

夢見られた近代 Kindle版

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,246
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,300

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「欧米の夢に適応するための努力を強いられてきた過程」である「近代」を、映画分析を通して、これからどう考えたらいいのかを問う。

内容(「BOOK」データベースより)

私たちの生きた「近代」は、本当の近代だったのか。いま、日本のホンネが爆発する!ポップカルチャーという「物語」を通して問う、空虚なる日本の真因。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 745 KB
  • 紙の本の長さ: 225 ページ
  • 出版社: NTT出版 (2008/12/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00NMHCN44
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 122,667位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2012/7/9
形式: 単行本 Amazonで購入
現実認識は、「物理的現実をめぐる客観的認識」と「主観的な虚構や幻想」によって成り立っている。
そして、「政治」は社会の多くの人が受け入れられるような虚構や幻想を体系的に組み上げたうえで、「事実」と摺合せることにより出来るだけ長期に亘ってリアリティーを維持するように努めることである。
そしてこれは、ストーリーテリングないしエンターテインメントの条件と同じである。
「政治」にはタテマエ(理念)が姿を現わし、「文化」にはホンネ(願望や不満)が姿を現わす。
わけても、「ポップカルチャー」は大衆性が強く娯楽の隠れ蓑のもとホンネに基づいて世の中を作り替えようとする空想的な社会計画の「場」としての機能がある。
また、「近代」も国や社会のあり方を理解するために欠かせないキーワードである。
近代とは、「欧米(人)の夢に適応するための努力を強いられた過程」とも見做せる。
近代とは、「進歩」が理念でありその裏付けは科学技術であった。
今の日本人のホンネは、「失われた20年」により「こんなはずではなかった」、「話が違う」ということだろう。
ホンネ自体も矛盾や破綻を抱えているため、自分が何か訳わからなくなった。現在の「政治の混迷」はその反映であろう。
人は、「物語」という作品という形で「現実」のミニチュアモデ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2011/1/26
形式: 単行本
途中で、何度も放棄しそうになったのは、あまりに怖かったからで、けしてつまらなかったわけではありません。
映画やマンガの《物語》って、現実の社会とか政治の写し絵になるんだな、って分かった。
これは佐藤健志の分析力のお陰だけども。
著者はルックスがよくてニコヤカで、とっつきやすいかな、
と思ってたけど、とんだ勘違いでした。
畏るべし。。。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
2002年から2005年にかけての正論連載中に大部分(解題、幻想政治学は書下ろし)は読んでいましたが、こういう形でまとめられてものをもう一度通して読んでみると、著者のメッセージの強烈さに目がくらみそうになります。そしてそのメッセージの先駆性にも。時代を超えた評論だったのです。
著者のメッセージは根源的で苦いものです。日本の近代は「夢見たもの」ではなく、「夢見られたもの」であったというのです。それも外部から押し付けられた夢だったのです。そして8月15日は「滅びの国の止まった時間」、つまり虚妄の始まった瞬間、として再認識されることになります。
著者は、夢の果てに存在する「ホンネ」の論理的な破綻や矛盾を現代のポップカルチャーの世界を題材としてこれでもかというほど探し求めていきます。たしかに、そこにはいやというほどその「醜い」痕跡が残されているのです。
「イノセンスという呪縛」「銀河鉄道の堂々巡り」では、イノセンスという英語が持つ多義性を操作概念としながら、近代日本の陥った袋小路とそのグロテスクさが、華麗に分析されます。「ゴジラの夢見た本土決戦」と「怪獣王かく去れり」では、丁寧なディテールの解読を通して、1945年の二度の変節がいまだにもたらしている深い影響という主題が呈示されます。
「社会的なフィクションと「事実」との距離が開きすぎて、両者の間に破
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ゴジラ、宮崎アニメからドキュメンタリー映画まで、独創的な批評が展開されています。著者が示す日本の少子化の原因にはちょっと飛躍している感がしましたが、現代日本人の思考様式がいかに破綻してしまっているか、「もはや我々は日本人ではない、でも日本人でしかない」という自己喪失や矛盾などの深い問題が、ポップカルチャーを通した視点で解説されており、私にははじめての体験でした。読む前には、巷によくある後付けの批評なのかとも思っていましたが、著者なりのしっかりとした論理が一貫としてながれています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover